金沢を訪れてくださった方には、金沢ならではのご当地グルメ三昧してもらいたい!

のですが、街にはお店がたくさんあってネットにも旅行ガイド本にも情報がありすぎて・・・きっともぅどのお店を選んでいいのか分からなーい!となっちゃうかもしれません。そこで、“限られた滞在期間中にピンポイントでご当地グルメを制覇したい!” そんなあなたのためにまとめ記事を作っていた

と・こ・ろ、、、

すごいことに気付いてしまいましたっ(笑)

金沢のご当地グルメ、有名店にはなんと数字が入っています。
下記の①から⑧までを覚えておけば、金沢ご当地グルメがほぼほぼコンプリートできます。

①「箔一」【金箔アイス】
②「世界で2番目においしいメロンパンアイス」
③「おでん居酒屋 三幸」【金沢おでん】
④「四十萬谷本舗」【かぶら寿司】
⑤「ゴーゴーカレー」【金沢カレー】
⑥「兼六亭」(じぶそば)【治部煮】
⑦「第7ギョーザ」
⑧「8番らーめん」

※数字の入った店名を挙げていますが、①③④⑤⑥番は同じジャンルでお店がいくつかありますので、数字から連想して太枠カッコ【 】のジャンルも覚えておいてください。

①「箔一」【金箔アイス】

金箔の「箔一(はくいち)」さんから“金箔アイス”を思い出してください。
外食文化研究家 雅珠香
金沢は、金箔の生産量が98%以上を占める金箔の街でもあります。工芸品のみならず、石鹸や化粧水などの化粧品にも金箔入りの商品があるくらいです。金箔そのもので出来た「金箔パック」というのもあります(ツタンカーメンのようになってインパクトあり)。さらに飲食店に行くと、お料理やお菓子にも金箔が~。コーヒーにまで金箔が振りかけてあったりします。
中でも観光客に人気なのは、10センチ四方の金箔シートを1枚ペロンと貼り付けてくれる「金箔ソフト」です。※おおよそどの金箔メーカーさんでも販売がありますが、各店で価格は異なります。

箔一さんのは「金箔のかがやきソフトクリーム」(税込891円)という北陸新幹線にかけたネーミングです。目の前で金箔を貼ってくれますよ。
外食文化研究家 雅珠香

キンキラキン~となんと眩いソフトクリームでしょう。ゴージャスです。早く食べないと溶けちゃうけど、フォトジェニックな風貌にシャッターを切らずにはいられません。食べ進めると唇にもキラキラが張り付いて、思わずクスっとなります。
価格は891(ハクイチ)円と通常のソフトクリームとは比べものになりませんが、この金箔シートがけっこうお高いのだとか。そりゃそうだ・・・。観光名所ひがし茶屋街の箔一東山店の前にはいつも行列ができています。(他にも本店(金沢市森戸2丁目1-1)、香林坊アトリオ、兼六園などにもお店あり)

②「世界で2番目においしいメロンパンアイス」

東京にも出店がありますが、金沢が発祥のスイーツです。焼きたて熱々のメロンパンに、冷た~いアイスをサンドしてあるという、ありそうでなかったスイーツですね。もしまだ食べたことがないのであれば、本店(金沢市広坂)に行ってみるのも良いと思います。ここは毎日のように行列ができていますよ。店前にはいい香りが漂っており、通りがかったら食べたくなっちゃいます。

「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」全国的に有名になりましたが金沢が発祥!アツアツとひんやりのコラボ

世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス 広坂本店 (せかいでにばんめにおいしいやきたてめろんぱんあいす ひろさかほんてん)
価格帯: 350円~
定休日: なし
営業時間: 7:00~19:00
住所: 石川県金沢市広坂1-1-53
電話: 080-9453-6086
カテゴリ: スイーツ 洋菓子
ポイント: 料理 6.0 + その他の要素 5.5
合計ポイント 11.5/20.0※ポイントについて

③「おでん居酒屋 三幸」【金沢おでん】

行列人気のお店「おでん居酒屋 三幸(みゆき)」さんから“金沢おでん”を思い出してください。

「おでん居酒屋 三幸」ずらり行列の人気店!みゆき揚げ?オリジナルのサイドメニューにも注目!

おでん居酒屋 三幸 (おでんいざかや みゆき)
価格帯: ¥2,000~¥5,000
定休日: 日曜
営業時間: 17:00~24:00
住所: 石川県金沢市片町1-10-3
電話: 076-222-6117
カテゴリ: 金沢おでん カニ面
ポイント: 料理 6.5 + その他の要素 6.5
合計ポイント 13.0/20.0※ポイントについて

金沢に観光に来たら、今や金沢グルメのキーワードのひとつになった“金沢おでん”を楽しむべし。たくさんのお店がありますが、やはり人気店の暖簾をくぐってほしいですね。金沢おでん私のオススメ店まとめはこちら↓に抜粋してあります。
http://food-japon.com/c/oden

金沢おでんの具の代表格である「カニ面」が食べられるお店はこちらです。(香箱蟹の漁期は11月6日から12月末までですから、カニ面が食べられる期間もこの時期のみとなります。)
http://food-japon.com/kanimen

④「四十萬谷本舗」【かぶら寿司】

「四十萬谷本舗」さんから、“かぶら寿司”を思い出してください。
外食文化研究家 雅珠香
お土産もしくは和食店のメニューにあったらぜひチャレンジしてみてください。かぶら寿司は北陸の冬の味覚のひとつで、切り込みを入れた蕪にブリを挟んで糀で漬け込んだ発酵食品です。
かぶら寿司のメーカーさんはいろいろあって、皆さんそれぞれお好みがあると思いますが、私が一番好きなのはここ四十萬谷さん製の「金城かぶら寿司」です。同店製のはシーズンに一度は食べたいっ。「かぶら寿司はやっぱり四十萬谷ね」と、ファンも多いですよ。糀の自然で深い甘さと淡い塩気、優しい酸味が絶妙なバランスで、一度食べたらリピーターになっちゃうはず。思わず目尻の下がる美味しさです。お酒のお供にもどうぞ。
ちなみに、かぶら寿司以外にも年間通して四十萬谷さんにはおいしい商品がいろいろあります。和菓子以外のお土産を選ぶときにもぜひどうぞ。私のイチオシは「能登いか野菜づめ」、「山いも醤油漬け」、「金沢ぴくろす」です。
外食文化研究家 雅珠香

⑤「ゴーゴーカレー」【金沢カレー】

「ゴーゴーカレー」さんから“金沢カレー”を思い出してください。
外食文化研究家 雅珠香
ちなみに「ゴーゴーカレー」の店名の“ゴーゴー”はGOGOの意味ですが、“55”と表すことが多いので同店をエントリーさせてもらいました。ゴーゴーカレーさんの「5」という数字へのこだわりはすごくて、特製ルーの製造工程も55コあるそうですよ。それらを5時間かけて煮込み、さらに55時間じっくり寝かせて完成となります。また、毎月5がつく日は“ゴーゴーデー”というサービスデーで、トッピングサービス券のプレゼントがあったりします。金沢カレーを提供している有名店は金沢に何社かありますが、中でもここゴーゴーさんは東京を中心に県外にも大きく展開しているので、県外の方からは「金沢カレーならゴーゴーカレー知ってるよ」と聞くことが多いです。さらに、NYやブラジルにも出店があります。

石川県には他にも「金沢カレー」の提供店(メーカーまたは個人店)があります。「インデアンカレー」、「カレーのチャンピオン」、「カレーの市民アルバ」、「キッチン・ユキ」、「カレーハウス・ターバン」、「ゴールドカレー」などです(順不同、他にもあり)。
主な金沢カレーの特徴は、(1)ルーがどろっと濃厚(胃袋にずしんと来るタイプ)、(2)ステンレス製の皿に盛り付けてある、(3)ご飯を覆い隠すようにルーがかかっている、(4)キャベツの千切りが添えてある、(5)基本的なトッピングはカツ(ソースがかかっている)、(6)(基本的に)先割れスプーンで食べる です。(※全てのお店がこれらを満たしているわけではありません。)

金沢カレーのルーは油脂分が高くどっしりしており、カロリーもそこそこ(いや、けっこう)高いので、食べるときはいろんな覚悟が必要ですが、心も体も元気がもらえるパワーフードですから、時折無性に恋しくなります。また、定番トッピングのカツは、注文してから揚げてくれるので、カラカラ揚げる音に食欲がそそられ、口の中でも鳴り響くザクザク食感に尚更唾液が沸いてきます。

⑥「兼六亭」(じぶそば)【治部煮】

金沢に来たら必ず訪れる観光地「兼六園」の中にある「兼六亭」から“治部煮”を思い出してください。兼六亭さんでは治部煮をそばにのっけた「じぶそば」が食べられます。ちなみに、兼六園の中や近隣で私が一番オススメするお店もここ「兼六亭」です。

「兼六亭」兼六園で一番オススメのお食事処。名物じぶそばを日本最古の噴水前で!加賀料理の治部煮をアレンジ

兼六亭 (けんろくてい)
価格帯: 850円~
定休日: なし
営業時間: 2月26日~11月25日 8:30~17:00 、11月26日~2月25日 8:30~16:00(ラストオーダーは閉店の30分前)
住所: 石川県金沢市兼六町1-20(兼六園内日本最古の噴水前)
電話: 076-261-3783
カテゴリ: 加賀料理 そば
ポイント: 料理 6.0 + その他の要素 6.0
合計ポイント 12.0/20.0※ポイントについて

⑦「第7ギョーザの店」

行列には並ばない金沢人がここには1時間以上でも並んで食べるという金沢ご当地グルメの王様。テレビ番組「秘密のケンミンショー」でも取り上げられましたが、本当に“熱愛グルメ”です。店舗の詳細はこちら↓に基本編としてまとめてあります。

「第7ギョーザの店」~基本編~ 7つのポイントでまとめました!金沢市民のソウルフード?ホワイトギョーザって何?何で第7なの?

第7ギョーザの店 (だいななぎょーざのみせ)
価格帯: 450~2000円
定休日: 水曜
営業時間: 11:00~翌2:00
住所: 石川県金沢市もりの里1丁目259
電話: 076-261-0825
カテゴリ: ソウルフード
ポイント: 料理 7.2 + その他の要素 6.8
合計ポイント 14.0/20.0※ポイントについて

⑧「8番らーめん」

外食文化研究家 雅珠香

こちらもご当地グルメの代表格で、テレビ番組「秘密のケンミンショー」でも取り上げられています。長年愛されて続け、石川県民の日常に溶け込んでいるリアルご当地グルメです。その秘密はこちら↓にまとめてあります。
石川県民の8番らーめん愛がスゴイ!今年で50周年!愛され続ける5つの理由とは。安定感と安心感、でもたまにやってくれるところが好き(笑)
http://food-japon.com/hachiban-ramen

ちなみに⑨はオススメできるお店が見当たりませんでした。何か関連付けて無理矢理作っても本当のオススメではなくなってしまいますので、⑧までにしておきました。また、この他ここに含めなくても、すしや海鮮丼は金沢グルメ定番で連想しやすいと思いますのでぜひともご堪能ください。ただ、地元民からすると、見た目にウエイトが傾いている海鮮丼よりも、すしを味わってほしいと思っているのが本音だったりします。
私のオススメすし店はこちら↓です。
http://food-japon.com/c/sushi
 
オススメ一流店はもちろんのこと、回転寿司もレベルが高いですよ。ぜひ胃袋でも金沢を満喫してください。