スポンサーリンク

近江町市場近隣にある自家焙煎珈琲店です。建物は通り沿いにあって、赤煉瓦造りでガラス張りになっており、焙煎機が鎮座していますから、お店は見つけやすいと思いますよ。店内に一歩踏み込むと、やや重厚感あるクラシックな雰囲気でちょっとオトナな気持ちにさせてくれます。焙煎豆のキャラメルのような馥郁たる甘い香りも、心をほぐすオトナのアロマ。とっても幸せな気分にさせてくれます。
外食文化研究家 雅珠香

珈琲は豆の種類と焙煎度で幅広く、深煎りから中深煎り、中煎り、浅煎りまでタイプ別にズラリと並んでおり、通が喜ぶラインナップ。スペシャリティ豆を使ったコーヒーも多いですよ。初めてで迷われたら、店名の入った「東出ブレンド」がいいでしょう。
外食文化研究家 雅珠香
外食文化研究家 雅珠香 

カウンター前の席だと、目の前でコーヒーを淹れてくれるのが見られ、その臨場感もたまりません。人気店なので次々にオーダーが入ってきますが、必ずカップもお湯で温めたりと、一杯一杯丁寧に淹れていらっしゃいます。なんといっても、挽きたて淹れたてにこだわっていますから、(ペーパードリップで)お湯をゆっくり注ぎ入れたときの豆の盛り上がり方が違います。

●東出ブレンド(430円)
酸味と苦味の主張が控えめで調和が取れており、スッ飲めるタイプです。万人ウケする間違いないおいしさですよ。
この味を起点に、次回はもうちょっと深煎り~とか、さっぱりめ~とかを選ぶのが良いと思います。
外食文化研究家 雅珠香

●タンザニアAAアサンテ(430円)
東出ブレンドよりもあっさりめでチョイス。こちらもなかなか好みでした。

そして、必ず食べたいのがこちら。
●プリン(400円、ドリンクとセットで50円引き)
東出さんの看板スイーツ。ホールに流し込んでカットしたタイプのプリンですから、しっかりかためかと思いきや、口に入れたらど口どけが良くてびっくり。卵・生クリーム、牛乳、バニラビーンズを使用した、なめらかでクリーミーなプリンで、カラメルの苦味がコーヒーにベストマッチです。コーヒーに合うように作られていることがよーく分かりますよ。その日出せるホール数が決まっており、夕方にはもう売り切れていることが多いので、早めの時間にぜひどうぞ。
外食文化研究家 雅珠香

近江町に来たついでの小休止というよりも、この一杯、そしてこの味に出会うために足を運びたい一店。