スポンサーリンク

「三幸(みゆき)」は片町に2店舗あって、大工町近隣にある「おでん居酒屋三幸」のほうが観光客さんには有名でいつも行列が出来ていますが、ここはちょっと隠れた場所にあるので地元客優勢かもしれません。ちなみにここ犀川店の女将である掛上晴美さんは、本店店主のお姉さんに当たりますよ。看板を見つけてビルの隙間を通るようにして入店します。
外食文化研究家 雅珠香
    
店内はカウンター4席ほどと、小上がりが4テーブルほどのこじんまりした空間で、女将さんが厨房から目の届く席数。お店全体に一体感があり、おでん屋たるあったかい雰囲気です。
メニューはおでんを始め、お刺身や自家製さつまあげの「三幸揚げ」を始めとにかく豊富ですから、お目当てに出会えるはずです。
特にオススメは「おばんざい4種盛り」(1000円)で、カウンターに並ぶおいしそうなおばんざいが少しずつ食べられますし、晩酌セットにもなってくれますから、最初の1品にいいでしょう。観光客さんには、車麩やドジョウのかば焼きもオススメですよ。
外食文化研究家 雅珠香

外食文化研究家 雅珠香

【おでん】
おでん出汁は鶏ガラや昆布ですから、膨らみのある豊満な旨味が特徴的です。
具材は車麩や梅貝など金沢おでんの定番はもちろん、「タマネギ」や「玉子巻き」といった変わりダネも発見できます。「タマネギ」(100円)は出汁を吸い込みとろとろ柔らかくて美味。大根は加賀野菜の「源助大根」です。
源助大根(300円)、車麩(200円)、梅貝(500円)、だし巻き玉子(200円)、
外食文化研究家 雅珠香

外食文化研究家 雅珠香

【カニ面】(時価1600~1800円)※電話にて予約制(数に限りがあるので予約なしでは食べられません)。
が、三幸ではすり身と合わせずに香箱蟹のみですから、純粋に出汁と調和したおいしさに浸ることができますよ。
【名物「香箱蟹の茶碗蒸し」】(700円)※電話にて予約制(数に限りがあるので予約なしでは食べられません)。
カニ面よりもオススメかもしれないのが、香箱蟹の茶碗蒸しです。カニの茹で汁やおでん出汁をベースに用いているので、まずはぽってりした温かさと共にカニの風味と甘さがじんわり広がります。ビックリなのはスプーンを入れてからで、なんと、カニ身や内子外子が茶碗蒸しの比率の約半分を占めているため、予想以上の贅沢さに笑いが止まりません。
外食文化研究家 雅珠香

【名物「おでんラーメン」】(600円)
その名の通りおでん出汁をスープにしたラーメンです。〆にどうぞ。おでんの具からも旨味が染み出しているので、出汁は濃厚で甘味があり、しなやかな細麺にピッタリです。
外食文化研究家 雅珠香