スポンサーリンク

金沢の中心街、柿木畠入り口にあるおでん店。創業は昭和11年ですから、金沢で3番目に古いおでん屋さんということになります。(おでん菊一:昭和9年創業、おでん若葉:昭和10年創業)
現店主の青木幹夫さんは3代目に当たりますよ。

外食文化研究家 雅珠香

外食文化研究家 雅珠香

【おでん】
出汁は、開業当時からの継ぎ足しで、お店の歩みまで味わいに溶け込んでいるようで、どこか貫禄を感じる味わいです。そして、何と言っても高砂さんの特徴は、お店秘伝の生姜味噌を塗ること(全てではありません)。白味噌のこってりした甘さに生姜の風味が溶け合った上品な味わいで、この出汁に良くあっています。
外食文化研究家 雅珠香

「牛すじ」は、どっさりと鍋に入れて煮込んであるお店が多いですが、高砂さんは串に刺してあります。ほどけるような柔らかさもクセになります。
外食文化研究家 雅珠香

「ネギマ」は焼き鳥のネギマのような風貌をした珍しいおでんダネで、ネギとマグロが刺さっています。ネギに火が通るくらいで出来上がり。
外食文化研究家 雅珠香

【お酒】
熱燗を注文すると、予め燗された日本酒がポットに入っており、それをコップに“つるつるいっぱい”注いでくれます。表面張力ギリギリですから、コップは置いたままにして、まずは口から迎えに行かなければなりません。
外食文化研究家 雅珠香

【カニ面】
菊一と同様、カニ足を整列させてふんどしでフタをしてあるタイプ。外子の弾けるプチプチ食感がいい。身をおおよそ食べ終わったら、熱燗を注いでくれるので、甲羅酒として楽しめます。
外食文化研究家 雅珠香

外食文化研究家 雅珠香

【定番サイドメニュー「どて焼き」】
ネギをのせのお店もありますが、ここのは秘伝味噌に微粒な黒コショウたっぷりで、スパイスの香りにそそられます。豚肉は主に赤身部分が使われており、その赤身のうまさとこの味噌が相性ピッタリ。日本酒が進んでしまいます。(注文は4本から)
外食文化研究家 雅珠香

【名物サイドメニュー①「トンカツ」】
ここのトンカツは、おでん同様に秘伝味噌を塗ってある言わば「味噌カツ」。
豚肩ロース肉が使用されているため、ジューシーで旨みが濃く、ふくよかな味噌との相性は抜群。その昔は、親に連れられて来た子供のご馳走だったそうで、そのまま現在も名物になっています。
外食文化研究家 雅珠香

【名物サイドメニュー②「カレーおでん」】
具を自分で選ぶのではなく、食べやすい大きさにカットしたお麩、豆冨やしらたきなどが予め入ったカレーがお皿で登場します。黒みを帯びているのでちょっと驚きがありますが、高砂の出汁と深みのあるカレーが予想以上にマッチングしています。出汁がカレーに負けていないところもポイントです。そうめんを追加して入れるのがオススメ。出汁に相性良く感じられ美味。
外食文化研究家 雅珠香
 

おでんを換算する木札やオリジナルマッチも味があります。
外食文化研究家 雅珠香

外食文化研究家 雅珠香