スポンサーリンク

金沢市中心部、柿木畠にある人気の甘味処です。場所が21世紀美術館の裏手ということもあって、観光客も足が運びやすい好立地ということになりますが、地元のリピーターが多いことがおいしさの証。店内はワンフロアで席数は20ほどと広い訳ではありせんが、品のある静かな空間で、店の奥は一面のガラス窓が入っており、小庭と金沢城の外堀の石垣が臨めるようになっています。犀川上流からの辰巳用水も通っており、夏は窓が開け放されていると、心地よい水の生音がとめどなく聞こえてきて、とっても風流な雰囲気。また、お店の中心には存在感のある大きな一枚板のテーブルが設置されています。

外食文化研究家 雅珠香
外食文化研究家 雅珠香
外食文化研究家 雅珠香

最初に出てくるお水がやけに美味しいのですが、実は山の湧水で、スイーツやお茶などにも使われています。
外食文化研究家 雅珠香

つぼみの名物

国産本わらびと本葛を使った甘味はつぼみの名物。夏の陽を浴びて根っこに澱粉をたっぷり蓄えたものを、晩秋に山奥で堀り子が採取し、約半年をかけて粉にした稀少なものです。
観光の方は、地物の食材を使ったスイーツが良ければ、(下記)五郎島金時のぜんざいなどが良いでしょう。

●本蕨もち(加賀棒茶付、税込910円)
見た目で香ばしさが伝わってくるきなこが添えてあり、なんだかもう美味しい。そこに黒蜜をかけて頂きます。蕨餅は熊本県産本蕨粉を使用しているだけに、本蕨ならではの琥珀色をしています。伸びが良くてみずみずしく、味わいにしつこさがなくスッと聡明で美味。きなこの香り高さも特筆ものです。
外食文化研究家 雅珠香
外食文化研究家 雅珠香

●葛きり黒みつ(加賀棒茶付き、税込750円)
吉野産本葛粉を使用した葛きりです。氷水からすくい上げると、その透明感が涼しさを誘います。光沢を帯びた黒蜜の湖にスーッと泳がせて口に運ぶと、まるで生きているように口の中でピチピチと跳ね、喉にするりと滑り込んできます。黒蜜の甘さにはじっくり深いコクがり、馥郁たる香りと雅な趣を残してくれます。
「つぼみのいちご」やぜんざいがハーフサイズのくずきりとセットになっているものもありますよ。
外食文化研究家 雅珠香
外食文化研究家 雅珠香

・名物くずきり&つぼみのいちごセット(加賀棒茶付き、税込1,080円)
外食文化研究家 雅珠香

・名物くずきり&五郎島金時芋ぜんざいセット(加賀棒茶付き、税込1,080円)
外食文化研究家 雅珠香

●つぼみ名物 梅そうめん冷(加賀棒茶付き、税込860円)
年中食べられて温冷ありますが、私はコシがよく感じられる冷たいのが好きです。
そうめんは奈良県三輪の横井麺工房製。三つ葉やつくね、梅干しや岩海苔がお椀を彩っています。店主が厳選したそうめんは、風味豊かな一級品で、食感はむちむちとした弾力があります。岩海苔がコシのあるそうめんに絡み、冷えた出汁の冷たさと共にシャキシャキとした歯ごたえが伝わります。しなやかで喉ごしも良く、滑るような感覚が気持ちいい。梅干しは金沢湯涌の田上家の極上梅干で、糖度が高いタイプではなく、酸味がややツンツンくるタイプ。この酸っぱさは、夏恋しい味。食べ終えた頃には暑さ忘れ、体が涼しくなります。
外食文化研究家 雅珠香

つぼみの冬

●生海苔ぞうに(加賀棒茶付き)(税込860円)
「つぼみの素麺」も大好物なのですが、冬は冬季限定のおぞうにも魅かれるところです。(私の出身である)能登もこんな感じのシンプルなお雑煮なので、個人的には食べ慣れているタイプ。
手摘み岩のりがポイントで、舌の上をすべるようななめらかな口当たりと、少しだけ感じさせるシャキシャキ食感がいいですね。鰹と昆布のお出汁が、上品でありながらもしっかり骨太な旨さの軸になっており美味。お餅は焼いた角餅で、香ばしさを添えていました。
外食文化研究家 雅珠香
外食文化研究家 雅珠香

●金時芋ぜんざい
加賀野菜である五郎島金時をあんにしたぜんざい。
五郎島金時は、芋掘り名人が掘って熟成を加えたものですから、ぜひ味わってもらいたい。五郎島金時は食感「こっぼこぼ」と表現されるように、ねっとりとした食感や過度の糖度はなく、風味良くてお芋さんらしさがしっかりしています。
とろみは葛で、甘味に黒糖も加えてあって、趣のある味わいです。
五郎島金時の角切りと白玉入り。
外食文化研究家 雅珠香
外食文化研究家 雅珠香

つぼみの夏

つぼみのかき氷は果実のおいしさにこだわったコンフィチュールをかけて楽しみます。

●生完熟白桃(加賀棒茶付き、税込860円)
ふわっとした削りの氷が、まるで入道雲のようにこんもり山をつくっています。顔が隠れるくらいの大きさなので、食べ切れるか心配になりますが、空気を含ませてあるのでなんだかんだ胃におさまります。
コンフィチュールは、桃を荒くカットした部分もあって果実感たっぷり。もったいぶらずにドバっとかけて使い切るのが良し。
外食文化研究家 雅珠香
辺りには桃の芳香が漂い、チャーミングで優雅な香りが鼻腔をこそがします。完熟桃を使用しているので、熟れた甘さはありますが、桃そのものの甘さなのでしつこくなく、品のある味わいです。氷の清らかな美味しさにもハッとするはずですよ。
外食文化研究家 雅珠香
外食文化研究家 雅珠香

●黒みつきなこ(加賀棒茶付き、税込750円)
氷は層状にきなこが何重にもまぶしかけられてるので、どこを食べてもきなこに当たります。黒みつときなこは相性抜群なこと言うまでもありませんが、深みのある甘さとホロリと香ばしいきなこが合わさり、雅で趣ある余韻を残してくれます。白玉だんごも別皿で添えてありますので、一緒にどうぞ。
外食文化研究家 雅珠香

馥郁たる香り高い加賀棒茶をところどころに頂きつつ舌鼓。
情緒ある癒しの空間で厳選素材の和スイーツが頂けます。