スポンサーリンク

繁華街から少し離れた石引にありますが、ひっきりなしにお客さんが訪れる繁盛店です。創業は昭和10年ですから、「おでん菊一」(創業昭和9年)に次いで2番目に古いことになります。石引のアーケード通りの一角なので、駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングがあります。
暖簾をくぐると、大衆的でアットホームな雰囲気に迎えられます。湯気の上がるおでん鍋を取り囲むようにコの字カウンターがあり、その奥にはお座敷席もあり。常連も多いお店ですが、お客さんは老若男女幅広く初訪問でも安心ですよ。

外食文化研究家 雅珠香

【おでん】
おでん出汁はもちろん透き通った黄金色の旨味重視の金沢風で、創業からの継ぎ足しです。歴史も味わいに溶け込んだまろやかで深い出汁が、具材に良く染みています。
外食文化研究家 雅珠香

おでんダネの特徴は、全体的に“具が大きい”こと。「車麩」は中央の穴に玉子が落としてあります。「大根」は結構な厚切りで高さがあり、少し辛子を入れた甘味噌を塗ってくれます。「いわしのつみれ」は必ず食べておきたい!こぶし大サイズでびっくりしますが、ほろほろと柔らかいタイプで食感が軽く、また、細切りにした玉ねぎなどを混ぜ込んであり、つみれがほぐれるのと共に甘さが広がっておいしい~。
外食文化研究家 雅珠香

外食文化研究家 雅珠香

「三つ葉」は注文があってからおでん鍋にサッとくぐらせ、鰹節をかけて出来上がり。食感も残っており、ほんのり苦みもアクセントになっています。
外食文化研究家 雅珠香

さらにお勘定は昔ながらの方法で“木札”で換算。注文の品が来るたびに目の前に積み上げられるのもいい風情。
外食文化研究家 雅珠香

【お酒】
福光屋の酒蔵が近隣ということもあって、日本酒は福正宗など福光屋さんです。

【カニ面】
※若葉にカニ面はありません。

【定番サイドメニュー「どて焼き」】(2本400円)
注文があってからカウンターの鉄板で調理開始。豚バラは脂が多いですが、たっぷりのネギがのっけてあるので、シャキシャキ食感も手伝って油分を緩和。こってり甘い味噌はお酒のアテにもぴったりです。
外食文化研究家 雅珠香

【茶めし】
こちらの茶飯はお茶で炊いたタイプの茶飯ですが(おでん出汁で炊いてあるお店もあります。)、ほんのり甘さが後引き、出汁で炊いた茶飯のような味わい。半分ほど食べたら出汁をかけてもらって、茶めし茶漬けにしてもうのもよし。
外食文化研究家 雅珠香