スポンサーリンク

新鮮な海の幸や加賀野菜、旬料理はもちろん、加賀料理にも信頼が置ける一店。そのため、お客様をお連れするのにも心強いお店ですよ。ツボを尽いたメニューばかりなので、注文しすぎちゃうのが困るところ…。毎度期待を裏切らない美味しさですから、そういった意味での安心感も抜群です。場所は中心部エリアの大工町で、スマイルホテル前の「大工町交差手」を曲がったところにあります。宴会ができる和室が2階にもありますが、オススメはやはり1階の朱塗りのカウンター席です。

外食文化研究家 雅珠香

●お通し
さすが最初のお皿から手抜きなし。丁寧なシゴトが施してあり、以降のお料理の期待を高めてくれます。お通しからしっかりとこだわっているのは良店の証。
外食文化研究家 雅珠香

●くわいチップス
加賀野菜のひとつでもある「くわい」を素揚げにしたおつまみ。揚げることでくわいの味が凝縮し、噛むほどに味が広がります。
外食文化研究家 雅珠香

●はす蒸し
加賀料理の代表格の一つ。丁寧にこしらえたことが伝わってくる一品で、素材の滋味を活かし、塩味を抑えた薄味で仕上げてあります。
外食文化研究家 雅珠香

●鴨治部煮
こちらも加賀料理の代表格。治部煮らしい甘さはあるがこってり過ぎず、さらっと頂ける感じ。優等生な味わいです。
外食文化研究家 雅珠香

●すっぽんスープ
蓋を外したら焼きネギとスッポンが一切れだけなので、見た目のシンプルさにびっくりしてしまいましたが、一口味わって2度目の驚きがありました。黄金色のスープにはスッポンのエキスが溶け込んでおり、濃厚でまろみがあって体の中にクーッと染みて行きます。グッとくるうまさ。ネギの香ばしさもいい余韻。
外食文化研究家 雅珠香

●ふぐ唐揚げ
外食文化研究家 雅珠香

●かぶら寿司
外食文化研究家 雅珠香

●香箱蟹
惚れ惚れするほどキレイに身を出した香箱蟹に、金時草をちょっと添えてくれるのも嬉しい配慮です。
外食文化研究家 雅珠香

●あら炊き
叩きゴボウがたっぷり添えてあるのもニクイ。馥郁たる香りが良く合います。うまいのなんのって。
外食文化研究家 雅珠香

●雲丹ご飯
土鍋で炊き上げるため1時間前に注文が必要。ご飯の粒の輪郭が立っていて、土鍋炊きならではの程よい食感があります。口いっぱいに広がる潮騒とウニの味の濃さがご飯の甘味に重なり目尻が下がります。汁はお味噌仕立てですが、蓮根のすり流し入りで、とろみがあって体が温まりました。
外食文化研究家 雅珠香

●葛切り
同店で食べるべき甘味。葛の産地として有数の石川県宝達地区の「宝達葛」を使用した葛きりで、もっちりした食感と弾力、口当たりに“本物”を感じるはず。
外食文化研究家 雅珠香

どれをとっても期待を裏切らないレベルの高さです。間違いなくおいしいものを食べたいときはこちらへどうぞ。