「8番らーめん」”野菜麻辣(マーラー)らーめん” おぉこれは大ヒットの予感!ビリリとくる痺れに辛さと旨さ。2019年7月1日から期間限定販売

8番らーめんがこの夏に限定販売するらーめんが激アツです。なんと、辛さの効いた「野菜麻辣(マーラー)らーめん」なんです。河北にあるハチバンフーズパークで開催された試食会にていち早く味わってきました。“暑いときに熱くて辛いものを汗だくで食べる”という一種の快感をぶつけてきた今回のらーめん。8番さんの時々“やってくれる企画”として最高でしたし、味もおいしくて大ヒットの予感がしました。これは今回1回のみならず、毎夏の定番になるのでは?発売は2019年7月1日から1ヶ月ほどのみの販売らしいので、ぜひお早めにお試しください。

麻辣(マーラー)とは、花椒と唐辛子による中華料理の味付けのことで、山椒のビリビリくる“痺れ”と唐辛子のヒーヒーする“辛さ”が特徴的です。
●野菜麻辣らーめん(期間限定:2019年7月1日から約1ヶ月、税込853円)
おお!見た目からなんだかすごく辛そう。テンション上がる反面、不安も少し。大丈夫かなぁ、、、。



山椒は3種類。中国の“四川赤花椒”と和山椒の“ぶどう山椒”、そして若い実山椒。唐辛子もシャープな辛さのものや甘みのあるものなど5種類をブレンドしてあります。

それでは実食。

なるほど。山椒の香りと唐辛子の辛さがとても複雑で口の中で踊り、いろんな風味や味がつぎつぎ現れます。味わいに立体感が感じられました。それらをうまくまとめているのがお味噌。肉味噌には粗挽きの唐辛子が混ぜ込んでありますが、甘みのあるお味噌を使っていて、その発酵食の深い甘さが辛さの角を少し緩和させています。山椒の痺れはピリリときますが、バランスが取れているように感じました。それよりも香り高さが印象的で、スッと爽やかな柑橘のよう風味が良いですね。唐辛子の辛さは、辛くて汗がどんどん出てきますが、チャレンジできる範囲の辛さかな。私には十分辛かったけど汗汗!
もし足りないのであれば、“追いマーラー”できますので、お好きな方はぜひどうぞ。
●麻辣増し(40円、税込43円)

ヒエー!見るからに辛そう!

スープまで余さず堪能したいなら、ライス追加がオススメです。
●〆のご飯(60円、税込64円)※ライス(小)の半分の量。