スポンサーリンク

金沢の片町エリアの一角にあるディープスポット中央味食街にあるすし店。口コミでの人気、さらにミシュランガイドで星を獲得し、今や人気が加速してなかなか入れないお店になっちゃいました~。

【受賞歴】
「ミシュランガイド富山石川(金沢)特別版2016」1ツ星

「中央味食街」は、金沢の片町エリアの一角にある、昔ながらの長屋が軒を連ねている飲食街です。

一店舗の敷地面積は4畳半もないくらいで、席に着くと人の行き気がしづらいのが難点。トイレは一旦店の外に出て共同トイレを使用しなければなりませんし、一番奥の人が席を立つときは、他のお客さんも一旦外に出なければなりません。しかし、お客さん同士和気あいあいとコミュニケーションが取れる空気感って、私は好きだなぁ~。
また、家賃が手頃なためでしょう、料理の価格に反映してくれているので、おいしく良心的に食べられるのもポイントです。

その中でも抜きん出て人気なのがここなんです。
席数は、カウンター6席という他店同様の狭さですが、だからこそ料理人さんとの距離が近く、包丁捌きが間近で見られるので、そのライブ感もいいものです。店主は親しみがあって温和な方なので、寿司のクオリティーの高さはもちろん、通いたくなる理由満載のお店なのであります。握りは一流店の寿司に張り合える高いクオリティーであり、一貫一貫に技を利かせてあるので、次は何かと期待しながら食べ進められる楽しさもあります。

・お造り

・白子ポン酢

・イカ 
格子状に細かく切り目を入れて横筋を引き、バーナーで軽く炙ってあります。

・甘海老昆布のせ、活水だこ、炙りカマス

・輪島産穴子塩柚子、穴子煮詰め

ある日は握りから入らせてもらって、軽く食べてお店を後にしたのですが、こういう利用ができる(できたのも)きく家さんです(予約困難)。本来のおすし屋さんの使い方って感じでいいですよね。