「FURANSU」木倉町に3兄弟が営む“フランス”と言う名のカクテルバー。日本食材を取り入れたジャパニーズカクテルも魅力。実力店なので男性にも知ってもらいたい

料理: 7.7 その他: 7.5 ポイントについて
FURANSU (ふらんす)
営業時間 20:00〜26:00
定休日
価格帯 1500円〜3000円
訪問回数

飲食店が立ち並ぶビル2階に、唐澤正義(Seiguy Karasawa)さんら3兄弟が営むカクテルバーがある。彼らはお父様が日本人でお母様がフランス人というハーフ。店名はFranceではなく「FURANSU」というローマ字読み。ここからも“本物だからこそ堂々と遊べる余裕”を私は読み取った。彼らはフランス語、英語、日本語を流暢に話す。お客さんは日本人と海外ゲストが半々と言ったところかな。海外ゲストで一番多いのはアメリカンだとのこと。
3兄弟のビジュアルの良さのためか、日本人女性の率もやっぱり高いんだけど、実力派のバーなので、ぜひカクテル好きの男性にも知ってもらいたい一店だと私は思った。
人気店なので、21時くらいからはピークで忙しくなり満席になる。どんどん埋まる席、バシバシ入ってくるオーダー。それらすべてのカクテルを作っていたのがこの日は三男さん。彼はフランスでカクテルを習得したらしいが、その捌き方が見惚れるほど手際よく、手技がパワフルかつ繊細で美しい。若いが高いスキルを持つ。一度に2つのシェーカーを両手で振る姿も時折見られる。ハーブや柑橘などでの最後の仕上げは特に気を配っている。
(私はカクテルやハードリカーは全然詳しくないのですが、)ジンの種類が豊富かな。紫蘇、山椒、カボス、梅、しいたけなど日本の食材を使ったカクテルもけっこうあって、どんなカクテルが出来上がるのか好奇心が湧いてくる。ジオラマのようして提供をしてくれるのも素敵で、カクテルの楽しさというものを教えてくれます。


●UMESHU SOUR(1200円)
梅酒、バジル、山椒、カボス
飲み口の木のテクスチャーも味わいのひとつ。漢字が書かれた枡を畳で提供してくれるなんて、これは海外ゲストは喜ぶだろうなぁ。

●SHISO SMASH(1300円)
(紫蘇ジン、紫蘇、ライム、トニックウォーター)
ジャパニーズハーブ紫蘇の青い清涼感を上手く取り入れたカクテル。九谷焼のコースター、鶴を飛ばす演出も。