「SUGAR RAY DINING AND BAR」加賀市大聖寺にシュガーレイというモダンオーストラリアンが登場。実力派の注目店!2022年8月16日オープン

料理: 7.8 その他: 6.9 ポイントについて
SUGAR RAY DINING AND BAR (シュガーレイダイニングアンドバー)
営業時間 17:30〜22:30
定休日 日・月
価格帯 おまかせコース(6500円)、予約コース(8000円)、アラカルトあり
訪問回数 1回

シドニーで腕を研磨した佐藤翔太さんが、“モダンオーストラリアン”というジャンルを掲げ、2022年8月16日に加賀市大聖寺にオープンしたお店。
佐藤シェフは2021年は「ドラゴンシェフ」の石川代表にも選ばれた方です(現コンテスト名「CHEF-1グランプリ」)。
店名「シュガーレイ」は、シドニーにいる頃から決めていたそうで、“佐藤(さとう)”のシュガーと、息子さんのお名前から来ているそうです。
(オープン3日目の訪問でお祝いに訪れる方が多い状況だったので、しばらくして落ち着いたらまた再訪したいです。)

料理で大きな特徴は2つ。“モダンオーストラリアン”という新ジャンルであることと、奥様のご実家の農家「下出農産」さんのお野菜を主役に置いていることです。
もっと華やかでオシャレに振った料理かなと思っていたのですが、1皿1皿にしっかりと主役とその美味しさを置いてあり舌の記憶に残る。スパイス使いも秀逸で、風味での立体感の出し方も素晴らしくインパクトあります。実力派だと思いました。

ただ場所が、石川県で言うとかなりマニアック。金沢の中心部にあってほしい!と思っちゃうのは私だけではないはず。どうしてもアクセスのことを考えてしまうかな。片町からだと車で1時間強でした。アルコールを飲むことを考えると、気軽に訪れるのは遠方からだと難しい場所(周辺に宿泊もなさそうだし)。
でも、たくさんの食通の方、食を愛する方に食べてもらいたいです。本当に!

この辺りは土地勘が全くないので場所の説明ができないのですが、地図上は近隣に大聖寺署がありました。
ビルの1階がお店になっており、大きくガラス張りになっているので、中の楽しそうな様子が表からもよく見えます。

バルの気楽な雰囲気でありながら、カトラリーを包んだ布ナプキンを配置し、レストランの品格も要所に漂わせます。

料理はコースもアラカルトもあり。
おまかせコースは、6500円コース(予約なし)と8000円コース(要予約)の2種類あります。
メニュー表を見ても料理が想像できないので、初めてならコースが断然良いと思いました。

●シェフおまかせコース(6500円)

最初に出てきたおつまみのオリーブには、クミンが効かせてあって、風味使いがこの後の料理を期待させました。

・スイカとビーツのガスパチョ
ビーツとスイカのコンビネーションで、フレッシュで爽快で華やかさも感じさせる夏の味に。

・マスのコンフィ、丸八製茶
マスを加賀棒茶に漬け込み、馥郁たる風味を乗せて燻製に似たニュアンスに仕上げます。

・加賀キャベツ、長熱バルサミコ、パルミジャーノ
50年熟成バルサミコビネガーの重厚さが、味の濃い加賀キャベツに調和。ドシンプルな直球、好きです。

・ズッキーニのグリル、グリーンロメスコ、トウモロコシ

・自家栽培カボチャ、ラブネ
加賀市名産の味平カボチャのローストは、そのヴィヴィッドなオレンジ色の通り、甘みと旨味にずしりと存在感あり。もったりしたヨーグルトソースとその酸味に、柘榴の和の滋味が粋なアクセントに。今回一番好きな料理でした。

・鱸、茄子、黒ニンニクソース
鱸は茄子と黒ニンニクのソースで。黒ニンニクはニンニクとは別物で、特有の匂いはなく熟成することで糖度が増してドライフルーツのような凝縮された味わいで、茄子に好相性。

・炭火焼 タスマニア若牛、チミチュリソース
しっとり焼き上げた密度の濃い赤身を、香草・薬味・ビネガーを効かせた南米発祥のチミチュリソースで。うまい!

・マッシュポテト、トリュフ
トリュフで風味付をした絹の滑らかさのマッシュポテト。

・セミフレッド
最後のデザートにも気を配ってありしっかりと美味しいのは、コースの満足感が高められて最高です。さっぱりミルキーでひんやりとしたセミフレッドに、ドライフルーツの野趣と甘さ、蜂蜜のコクがコントラストを描きながら溶け合います。

しばらくしたら、またお邪魔したいです!