「あげは」珍しい揚げたてすり身の専門店。あげは御膳を求めて連日行列!金沢でランチはここがオススメ

料理: 6.8 その他: 6.7 ポイントについて
あげは (あげは)
営業時間 【昼】11:30~15:00(無くなり次第終了)、【夜】18:00~22:00(要予約)
定休日 月曜、火曜、水曜 不定休あり
価格帯 あげは御前1,500円(昼予約不可)、ディナー4,000円~(要予約)
訪問回数 10回10回以上

すり身料理専門店という珍しいお店。場所は金沢市中心部片町エリア、柿木畠の雑居ビルの一角です。金沢でランチならオススメしたいお店のひとつ。ですが、口コミで人気を呼び連日オープン前から行列なんですよね。皆さん目的は同じで、狙うは昼の「あげは御膳」(1500円)です。

店主の上田穣さんは40年もの間、料亭専門の練り物メーカーに勤務され、工場長を務められていたそうです。退職後、練り物の作りたての美味しさを直に味わってほしいという思いからお店をオープンしました。蒲鉾やさつまあげといった練り物製品は、普段スーパーなどで購入することが多い加工食品で食卓でもわき役になりがちですが、作り立て揚げたては格別で、今までの固定概念を覆してくれます。厨房で刃のない蒲鉾包丁を巧みに使い、目の前で手早く作り上げてくれます。

(最終訪問 2020年9月26日)

行列!お昼のあげは御前がすごい

昼メニューには、海鮮丼やイクラ丼、マグロ丼もありますが、最も人気なのは「あげは御膳」です。このセットにはお刺身盛り合わせもついてきますから、食べたいものが網羅できて良いです。
●あげは御膳(1500円)(お刺身、海鮮キムチ、小鉢、ごはん、汁物、さつまあげ、海鮮まんじゅう)

↓(2020年9月26日)これにさつまあげと海鮮まんじゅうが付きます。
この日はお刺身に能登のふぐも。

↓(2019年11月28日)これにさつまあげが付きます。

さつまあげは揚げたての熱々で提供されるので、先にお刺身から頂きます。手頃な定食でおいしいお刺身が食べられるなんて幸せ。

海鮮まんじゅうは何種類かあって、その中から1種類選びます。季節によって違いますが、雲丹豆腐まんじゅう、ハマグリまんじゅう、かぼちゃまんじゅう、甘海老まんじゅう、のど黒まんじゅう、鱚まんじゅうなどバラエティー豊富で選ぶのも楽しい。ムースのように軽くほわほわした口当たりです。

・えびまんじゅう

・香箱まんじゅう

さつまあげは揚げたてのほわほわふかふか。驚くほど軽い口当たりに驚きます。

さらに、海鮮キムチを半分残しておいて、ごはんにのっけてお母さんに渡すと、出汁をかけてくれて“海鮮キムチ茶漬け”として食べられます。出汁とご飯が優しく混ざり合い、品良くまとまっており、膨れた胃にもサラっと入ってきます。

要予約あげはのディナー 生かまぼこが絶品

夜は予約でコースのみの営業。4000円、5000円、6000円の3コースがあり、練り物に加え、海鮮しゃぶしゃぶなど店主渾身の魚料理食べられます。ある日は、万寿貝と白子のしゃぶしゃぶでした。夜ゆっくりもまた良いものです。
●あげは巻き

●生かまぼこ
品切れのときもありますが、あれば必ず食べてほしい。
火入れをしていない蒲鉾で、鯛や鮭などの新鮮な魚をすり身で包んで形成してから酢漬けにしたものです。漬け込んで生地が固まってくる1週間後が食べ頃。ぷりっとした弾力があり美味。ここでしか食べられない逸品です!