「越前 蟹の坊」“福井で蟹と言えば”の望洋楼さん直営店。三国港が目の前でオフシーズンも新鮮な海の幸が堪能できる。甘海老てんこ盛り丼うまい!大きな蟹のオブジェが目印。

料理: 6.7 その他: 6.3 ポイントについて
越前 蟹の坊 (えちぜん かにのぼう)
営業時間 【平日】11:00~15:00(L.O14:30)【土日】11:00~15:30(L.O15:00)
定休日 火曜
価格帯 2000円〜4000円
訪問回数

“福井で蟹と言えば”の「望洋楼」さんの直営店で、こちらでは手頃な価格で海鮮丼などの鮮魚料理やご当地料理が食べられます。
場所は、海風が頬を撫でる三国港のセリ場の目の前。お店を守る大きな蟹のオブジェが通りからも目を引きます。入店前から新鮮な海の幸が堪能できそうな期待感で胸が膨らみます。

さらに、えちぜん鉄道三国芦原線の終着駅である「三国港駅」というレトロな駅がお隣にあって情緒あり。車両が到着している時に出会えるとラッキーです。
入り口入ってすぐには大きな水槽が鎮座しており、ここでなんだかすでにもう「あぁ三国まで来た甲斐があったなぁ」となっている自分がいる。
望洋楼さんと言えば越前蟹ですが、今は蟹はオフシーズン。しかし、漁港が目の前なので鮮魚料理が堪能できるのは良いですね。

店内は古民家の雰囲気で、2階には掘り炬燵の個室が多数あります。

●甘海老てんこ盛り丼とおろし蕎麦の膳
個人的に海鮮丼は魚種が多いものよりも単体のほうが好きなので、甘海老のみの丼ぶりを選びました。あと、おそばが食べたかったのでセットにしました。

三国の甘海老を予め剥き身にし、甘海老醤油と出汁にくぐらせてからどっさりとご飯に乗せてあります。これを豪快に頬張る嬉しさ。甘海老醤油のまろやかなコクが甘海老のねっとりした甘さに抜群の相性です。

単品の「甘海老てんこ盛り丼」だと、もっと甘海老がてんこ盛りらしいですよ。
さらに、セットのおそばが期待を裏切らない美味しさであるというのがさすが福井。そばの良い野趣とコシがしっかり出ており美味。おろしでキリッと引き締まるのも良いですね。

その他、単品メニューも豊富でした。
●絹もずく

●ふぐ唐揚げ

●越前蟹ちまき
ズワイガニと阿難祖地区のカグラモチ米を竹皮に包んで蒸したオリジナル蒸すし。