「ドルミール (DORUMIRU)」“映え”だけじゃない!大人のためのパルフェ。金沢駅西口クロスゲート内に移転。

料理: 6.8 その他: 6.7 ポイントについて
DORUMIRU.kanazawa (どるみーる かなざわ)
営業時間 10:00~20:00(L.O.19:00)
定休日 クロスゲートに準ずる
価格帯 パフェ1,680円〜
訪問回数移転前4回

※同店は、2020年8月1日に竪町ストリートから金沢駅西口のクロスゲート内に移転しています。創業は2016年10月。
(移転後は未訪問なので、移転前のパフェをそのまま上げておきます。)
2019年6月4日には京都(東山区金園町388-3)に「DORUMIRU.yasakanotou」をオープンしています。
 
パフェメニューは季節フルーツのパフェが2〜3種類のみで、無理矢理多種類を作っていないところが好感持てます。①ステムの長いシャンパングラスに入ったパフェと、②低い円筒状のグラスに入ったパフェがあります。また、個人的には“映えるもの”を目的に食べ歩いているわけではないので(インスタもしていませんし)自動的にスイーツレビューも少ないですが、こちらのパフェは見た目だけでなくおいしさも考えられていていいですね。
 

2020年3月23日訪問

月曜日だったのでラストオーダー時間まで売り切れておらずラッキー。でも店内は満席で外で少し待ちました。この日のパフェは、(1)「あまおうとティラミスのパルフェ」、(2)「いちごとホワイトチョコのピンクパルフェ」、(3)「焦がしキャラメルバナナとほうじ茶のパルフェ」の3種類でした。
●いちごとホワイトチョコのピンクパルフェ

ピンク、赤、白の3色構成。溢れんばかりに小粒のいちごをゴロゴロトッピングしてあります。グラスの底には、いちごとグリオットのジュレ、ホワイトチョコレートのパンナコッタ、そして、

(写真反対面から)クリームチーズのアイスクリーム。マカロンのようなのは、アールグレイ餡の最中でした。女子感全力な可愛らしいパフェでした。

2019年3月11日訪問

オープンの12時ちょっと前に到着したら行列で、内心「やばい!平日でもこんなにいっぱいなの!?」と軽く焦りました(汗汗)。なんとか1回転目に入れましたが、そのあとのお客さんは13時以降になっちゃうらしく、ボードに名前を記入。空き次第お店から電話が入るようです。
この日のパフェは3種で(1)「いちごとカプチーノのパルフェ」、(2)シャンパングラスに入った「焦がしキャラメルとほうじ茶のパルフェ」、(3)「りんごとラムレーズンのアップルパイパフェ」です。
●りんごとラムレーズンのアップルパイパフェ(写真右)

くり抜いたりんごはコンポートでほんのりシナモンの風味付けがしてあり、これだけでアップルパイ感あり。パイ生地がトッピングしてあるので、お口の中でアップルパイが完成するようなイメージです。さらにキャラメルのアイスとラムレーズンのアイスにミルクティーのパンナコッタとかなりの内容。

2018年11月22日訪問

この日のパフェ2種は「いちごとカプチーノのパルフェ」と、シャンパングラスに入った「焦がしキャラメルとほうじ茶のパルフェ」でした。
●いちごとカプチーノのパルフェ
表面をすり切るようにしてあえて高さを出していないので逆にインパクトあります。まるでホールケーキを独り占めしているような視覚的満足感もありますね。さらに外側の面にフルーツをびっしりと見せるようにしてあるのがまたおいしそうだこと。雪のような純白なクリームに覆われているので中が見えないですが、フレッシュないちごとクリームだけでなく、ジュレやビスケットなどなど、実は食べ進めるごとにいろいろな味と食感を発見できます。

●焦がしキャラメルバナナとほうじ茶のパルフェ
トッピングされているまあるいのが、てっきり小さいクリームパフ(シュークリーム)だと思っていたのですが、バナナをくり抜いて表面を焦がしたものでした。なるほど、これが焦がしキャラメルのパーツってことか。凝ってる〜!!アイスともったりとしたクリームがトッピングしてあるのでお早めに。こちらは高さを出してあるので、慎重に食べ進めます。味わいの一番の特徴は、ほうじ茶と焦がしキャラメリゼ両者からの香ばしい風味。これが美味。

2018年10月9日訪問

この日のパフェ2種は、秋らしく「いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ」とシャンパングラスに入った「焦がしキャラメルバナナとほうじ茶のパルフェ」でした。(イチジクのパフェ1種類のみ頂きました。)
●いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ
いちじくのフレッシュで優雅な味わいに、ロイヤルミルクティーのふうわり包み込むようなまろやかさ、スッキリ聡明な紅茶ジュレ、マロンのクラッシュやビスケットのアクセント、ひんやり、サクサク、、、ああ、幸せなひととき。