「おでん黒百合」金沢駅の”呑兵衛の聖地” 酒が飲みたくなるツボメニュー!頬赤らめながら新幹線を待つ

料理: 5.0 その他: 5.0 ポイントについて
黒百合 (くろゆり)
営業時間 10:00~22:00(LO 21:30)
定休日 無休
価格帯 2,000円~5,000円
訪問回数 10回10回以上

金沢駅内にあるおでん店で、創業昭和28年の老舗。新幹線待ちの人で賑わいますが、湯気が立ち上るおでん鍋から好きな具を見繕ってもらえば、提供に時間もかかりませんし、電車待ちも有意義に過ごすことができますね。店名の“クロユリ”は石川県の「郷土の花」で、白山に生育する高山植物。黒百合の先々代が鶴来の出身ということで、そう名付けられたのだと思われます。個人的にはおでん推しというわけではなく、日本酒が進むメニュー推し。「うなぎ肝ホイル焼き」や「揚げの挟み焼き」など、飲兵衛にとって有難いおつまみです。また、地物食材や郷土料理が豊富なので、旅行の最後に立ち寄るお店としては推せるお店です。

・うなぎ肝ホイル焼き
外食文化研究家 あすか
・揚げの挟み焼き
外食文化研究家 あすか
・大根ずし
外食文化研究家 あすか

【お酒】
日本酒は、白山市の酒蔵“萬歳楽”さんの地酒で揃っています。

【名物サイドメニュー「どて焼き」】(16:00以降に提供)(390円)
蒟蒻と豚肉が交互に刺してあるタイプで、甘い白味噌に胡椒が効いていて、クセになる味わい。
外食文化研究家 あすか

ちなみにランチのオススメは「茶飯定食」です。
昼時間だと、なんと「グラスビール」サービスという嬉しい特典が!そしてスピーディーな提供時間は、さすが黒百合。おでん3品に、「白山堅豆腐」は、白山名物の荒縄で縛っても崩れないずっしりと力強い豆腐。「茶めし」は、お店の命である出汁と番茶で炊きあげてあり、それだけでも箸が進むおいしさ。
外食文化研究家 あすか