「respiracion (レスピラシオン)」金沢町家で地元食材のモダンスパニッシュ。シェフは幼馴染の3人!男の夢とロマンが詰まったレストラン

「respiracion (レスピラシオン)」金沢町家で地元食材のモダンスパニッシュ。シェフは幼馴染の3人!男の夢とロマンが詰まったレストラン

15.0/20.0 料理: 7.5 その他: 7.5 ポイントについて
respiracion (れすぴらしおん) 住所: 石川県金沢市博労町67 TEL: 076-225-8681 営業時間: 【昼】12:00(一斉スタート)、【夜】(2部制)18:00〜、19:00〜 定休日: 不定休 補足: 営業時間中は電話が繋がりにくい場合あり / お子様のご来店は中学生以上から / 当日キャンセルは料金の50%が発生 価格帯: 8,000円コース(ランチのみ)、10,000円コース、15,000円コース(各税サ別)
公開日:2020年03月09日
訪問回数: 3 回
スポンサーリンク

2017年7月のオープンから巷を賑わせているモダンスパニッシュ。なんとシェフは小学校からの友人である3人の、八木恵介さん、梅達郎さん、北川悠介さん。食通なら知らない人はいないスペインの星付きレストランなどで経験を積み、皆の夢を結集させ形にしたのがこのお店。男のロマンが詰まったレストランです。さらにソムリエ金村俊宏さんのサービスが素晴らしく、レスピラシオンの“チーム力”が感じられるはずです。情熱的でクールで、カッコイイ雰囲気がダイニングに漂います。
店名の「respiracion (レスピラシオン)」はスペイン語で“呼吸”の意。料理は現在コースのみで、食材は石川県産に特化しモダンスパニッシュに落とし込んであります。卓上で金沢・石川を旅できるようなコースで、特に県外の方は喜ばれるのではないでしょうか。珠洲焼や九谷焼き、地元作家さん製の器にも注目です。
コースは,8,000円コース(ランチのみ)、10,000円コース、15,000円コース(各税サ別)
場所は、金沢市博労町。と言ってもピンと来ない人のほうが多いと思いますが、近江町市場からほど近くです。建物は明治初期以前から残る町家で、できるだけ現状を壊さずに改装されたそうです。店頭の金色の看板をお見逃しなく。玄関入るとまず見上げるほど高い吹き抜けとステンドグラスに驚きます。このステンドグラスは尾山神社のものと同じものなのだそうです。ダイニングは2フロアあり、オープンキッチン前のテーブル席は臨場感あり。シックな空間デザインもラボっぽい感じでドキドキします。

2020年3月7日 15,000円コース

今回は15,000円コース(料理名はメニューのまま)にワインのハーフペアリングにしました。
料理は全体的に、前回の改新版が多い印象です。シェフたちの探究心から生み出される新作も楽しみにしたいです。


・インパクト 甘海老
前回「再構築」というタイトルだった甘海老のフィンガーフードで、メッセージを込めた新しいプレゼンテーションが加わっていました。地物の甘海老の頭の味噌部分と身、殻を“再構築”。ひんやり舌に当たる甘い身の部分と、底面は殻を使ったビスケットで甲殻類の風味が鮮烈。

・蕪/柚子
蕪は茎の根元が一番風味が強いそうで、ガストロバックで蕪に風味を移してあり、香りの鮮烈さになるほど。こちらもインパクトあり。湯涌の柚子のベシャメルの泡。

・脂味 能登牛
前回「コラーゲン分解」というタイトルで、コラーゲンを分解する温度の60度にこだわったプレゼンテーションでした。能登牛にアロスネグロ、雲丹は今回中に包み込んでありました。さらに今回は玉露とトビウオから抽出したエキスペアリングし、雲丹のアミノ酸にアプローチさせて、旨味の構成を口の中で変化させます。カップは山田睦美さんの珠洲焼。

・産卵 鱈
前回の「乳化」というピルピルの料理からの改新版。今回の料理で一番好きでした。石川県産タラのピルピルのミルキーな味わいに、タラの真子の旨味、菊芋の個性的な風味と甘みがとても相性良く、着地のおいしさに驚きがありました。

・能登鰻/ビーツ
能登鰻はこだわりの環境下で数量を限って育てられているそうです。箸に重さを感じるほど肉厚。能登産のビーツを合わせて。

・農口研修所/自然米
兼六園をイメージしたお皿で、前回は「Garden」というタイトルでした。ジオラマの中には徽軫灯籠(ことじとうろう)があり、さらに季節感も出し、春の雨の兼六園を表現してありました。
農口尚彦研究所さんの大吟醸の泡、羽咋で育てられている自然米、能登ミルクという構成で、どこか懐かしみのある味わい。グラニテとして。

・鰆
前回「温度焦点」というタイトルだった鰆の料理。桜色の美しい身はミキュイに、そして皮目が薄く黒くパリッと焼き上げてあり美味。加賀野菜のひとつ“加賀一本太ネギ”の焼きねぎソースで。

・日本鹿/カリフラワー
湯涌の鹿の背ロースと能登島ポークの串焼き。行者ニンニクソースで。

・毛蟹
パエリアはレスピラシオンさんのコースで見せ場の一つ。香箱蟹のない時期は毛蟹になるんですね。


・ガス海老のフィデウア


・苺/蕗の薹
このデザートは非常に好きでした。春を予感させる苺のパステルピンクにスプーンを入れると蕗の薹の薄萌黄色が顔を出す。味のコンビネーションも良く、苺のチャーミングな酸味に蕗の薹の風味がマッチングしフッと鼻腔を抜け、かわいらしい甘さと優しい苦味が余韻に残ります。春の風のような一皿に心踊る。

・五郎島金時/アールグレイ
前回「無秩序」というタイトルだったデセールは、形が大きく変わり球体の中に閉じ込め、石川県の形のチョコレートを添えてあります。中はカスタードに五郎島金時とシャリシャリ食感を残すりんごとアールグレイ。


・ハーブティー、プティフール
プティフールは華やかに5種類。とても凝って作ってあり、食後のひとときが充実したものになりました。吸い込まれそうな露草色の器は結城彩さん。

2018年11月下旬

今回は7,000円コース(料理名はメニューのまま)。料理名から想像して楽しむ部分もありますので解説は少なめにしました。また、前回(下記)↓頂いたお料理と同じものもありますので写真は一部。
・「再構築」 甘エビ(解説、写真は前回同様)
レスピラシオンらしさを感じさせるフィンガーフードからスタート。
・「凸凹」 鰤/源助大根/柚子/テティージャ

・「コラーゲン分解」 アロスネグロ/能登牛/雲丹
コラーゲンを分解する温度、60度にこだわった調理でとろける口どけに。

・「季節を混ぜる」
レスピラシオンさんらしいサラダ。地元のこだわり農園さんの、地物季節野菜を詰め込んだ、華やかで豊かな一品。器の中でよく混ぜてから。
NOTO高農園のマイクロ金時草、バターナッツ、マリーゴールド、ビーツ。あんがと農園さんのつるむらさきの蕾、マイクロレッドソレル、マイクロからし菜、マイクロアマランサス、スティックセニョールの花。香土一波瀬自然農園さんのコカブ。蓮だよりさんの加賀れんこん。堀他さんのスティックセニョール、五郎島金時、トマト。

・「乳化」 たら/舞茸
モーツァルトを聴かせて育てた舞茸を添えたピルピル。

・「Garden」 小松菜/キウイフルーツ
苔生す兼六園が表現されています。

・「温度焦点」 鰆/ソパ デ アポ

・「土の香り」 トピナンブール/沢野ごぼう/かなえ味噌
イベリコ豚の濃い旨みとシルクのようなやわらかさはもちろん、今回は今では高級食材となった七尾の沢野ごぼうも付け合わせに、タイトル通り土の香りを漂わせてくれた。沢野ごぼうは極太のごぼうですが、繊維がやわらかく香り高く美味。

・「伝統と革新」 香箱ガニ
この時期は香箱ガニのパエジャ。


・「無秩序」 五郎島金時/林檎/フランボワーズ/薔薇
良い意味で期待を裏切ってくれるデザート。これは面白い。心躍った!!白黒の混沌とした世界で、食べる前に何かを想像させるのですが、無味っぽい先入観もあり。しかし口に入れた時の豊かで立体的な味に驚きがあります。

2018年3月下旬

今回は5,000円コースに少しプラスα。ドリンクはサングリアなどのアルコールでしたが、アルコール類のメニューも高額ではなく良心的に感じましたし、トータルでの満足度は高く感じました。

・自家製サングリア
シナモンほんのり香るおいしいサングリア。角切りのリンゴは食べられます。

・アミューズ
地物の甘海老の頭の味噌部分と身、殻を“再構築”したアミューズからスタート。ひんやり舌に当たる甘い身の部分と、さらに底面は甲殻類の風味が鮮烈な殻のビスケットです。なるほど甘海老が再構築され、個性がバーンと前に出ておりおいしさは何倍にも。

・ヤリイカモルーノ
ヤリイカ、河北潟の川端さんの加賀レンコンのお料理。イカ墨のソースは油っ気がないのにコク深く美味。レモンのエスプーマが爽やかな酸味をプラス。食感もおいしい。


・混ぜるサラダ
季節で野菜は変化。生ハム骨の出汁をエスプーマにしてあり、混ぜると卵黄とエスプーマが絡み合い、ふんわりカルボナーラのようなおいしさが寄り添います。


・ピルピル
スペイン料理の代表格ピルピルは、能美市でモーツァルトを聞かせて育てた舞茸を添えて。乳化した部分がミルキーで美味。パンにつけて。

・ガスパチョー
本来はトマトですが、これはキウイと小松菜で。その2つの絶妙なコンビネーションで、青い風味とトロピカルな味わいがマッチ。

・サワラ
七尾のサワラは、芯温43度にキープしてミキュイに仕上げてとける口どけ。

・イベリコ豚
おいしさに唸った一品。イベリコ豚ベジョータの背部分の“天使の翼”と呼ばれている部位で、おおらかで豊満な味わいかつ、脂肪のしつこさはなく、じっくり目を閉じて浸りたくなるおいしさでした。

・ボタンエビのパエジャ
さっきまで生きていたボタンエビをパエジャにしてくれたので、エビの新鮮さが伝わって美味でした。

・ブルーベリーのソルベ
デザート1皿目はブルーベリーのソルベにヨーグルトのエスプーマ。ヨーグルトのやわらかい甘さと程よい酸味、ブルーベリーの色そのものの濃厚でジューシーな味わいと口の中でグラデーションを描きます。

・石川県産有機きな粉 スペイン産ペドロヒメネス
美味!ペドロヒメネスから作った自家製黒蜜をかけて。きな粉の温かでほっこりした味わいに抜群の相性を見せます。懐かしいけど新しい味。

・コーヒー、小菓子

レスピラシオンが展開するスペインバル

レスピラシオンが展開するスペインバル「コメール」が金沢片町エリア、木倉町にあります。こちらは肩肘張らず気軽に楽しめる雰囲気で、HPを拝見したところ宴会対応もしているようなので、幹事さん覚えておいたら良さそうですよ。2019年5月上旬に訪問した際は、季節メニューに「ホタルイカのフィデウア」というのが出ていました(フィデウアはパスタのパエリア)。ホタルイカの濃厚な旨味をパスタが吸っていて良かった。その他、やはり大人数でわいわい楽しめるお料理が多い印象でした。

スポンサーリンク

こちらの特集記事もあわせてご覧ください。

【鶴野酒造店】谷泉、愛、登雷(とらい)で知られる能登町の酒蔵。女性杜氏が醸す酒!昔ながらの手造りで金沢土産ランキング 和菓子TOP10!オススメだけ集めました!老舗ロングセラー、口コミ人気から稀少限定品まで【金沢グルメ2019まとめ】金沢 能登 富山うまいレストラン令和元年の動向。注目の15店舗を紹介!金沢おでんの王様「カニ面」が食べられるお店まとめましたッ!実はいろいろなタイプあり。気になる香箱ガニ・加能ガニの初セリ様子、食べられる時期
すし
「すし処めくみ」猛々しく端正なすし!店主山口尚享氏の探求はどこまで続くのだろうか。毎日能登まで出向き自ら調達する珠玉のネタ。冬の蟹三昧、夏の鮑と赤ウニ
すし処 めくみ
住所: 石川県野々市市下林4-48 TEL: 076-246-7781 営業時間: 夜は2回転 ①18:00~、②20:30〜(日曜は昼営業あり) 定休日: 月曜 補足: 不定休あり
「太平寿し」独創的で革新的、高谷進二郎大将のDNAは受け継がれている。“チーム太平寿し”の結束力が素晴らしい!
太平寿し
住所: 石川県野々市市太平寺1-164 TEL: 076-248-5131 営業時間: 11:30~14:00、17:30~22:30 定休日: 水曜 補足: 月一回不定休あり
「鮨人」破竹の勢い富山異色のすし店。赤酢シャリはハマったら抜け出せない。のど黒はオス・メス食べ比べで
鮨人
住所: 富山県富山市新根塚町3-5-7 TEL: 076-422-0918 営業時間: 12:00~14:00、18:00~21:30 定休日: 日曜 補足: 日曜が祝日の場合は営業、但し月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休業
「河原町 一(はじめ)」太平寿し出身の濱本慎二さんが片町にすし店を!太平スタイルとオリジナリティの見事な調和。女将さんの明るい接客にも心ほぐされる
河原町 一
住所: 石川県金沢市片町1-6-15 TEL: 076-223-7355 営業時間: 完全予約制
「乙女寿司」金沢の名店のひとつで地元常連も多し。地物で奏でるうまいすし。ずっと通いたい信頼の置ける一店。
乙女寿司
住所: 石川県金沢市木倉町4-10 TEL: 076-231-7447 営業時間: 12:00~14:00、17:00~22:00(最終入店 19:30) 定休日: 日曜、祝日、水曜日の夜
日本料理
「片折(かたおり)」究極の地産地消。シンプルで研ぎ澄まされた玄人向け。その先に見える宇宙。秋の松茸、冬のカニ、春夏も美味(※基本的に紹介制)
片折
住所: 石川県金沢市並木町3-36 TEL: 076-255-1446 営業時間: 定休日: 不定休
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「料理小松」ミシュラン2ツ星金沢が誇る日本料理店。大将の骨董品愛が詰まった器の数々で奏でる。“器は料理の着物である”を体現
料理小松
住所: 石川県金沢市幸町11-29 TEL: 076-224-0118 営業時間: 18:00〜
「天ぷら小泉」北陸ナンバー1の天ぷらはここかと。珠玉のネタが揃いで素材から別格!〆は天バラで決まり。
天ぷら 小泉
住所: 石川県金沢市池田町4-34 TEL: 076-223-0023 営業時間: 12:00~14:00、17:30~22:00 定休日: 日曜 補足: 年末年始
「みふく」金沢が誇る究極の鍋。生姜味噌仕立ての牡蠣鍋。牛肉も両方食べるべし~金沢冬の風物詩。予約困難
みふく
住所: 石川県金沢市尾張町2-16-37 TEL: 076-231-4577 営業時間: 夕方~22:00 定休日: 日曜(冬季限定、4名未満の予約は出来ません)
金沢おでん
「おでん高砂」生姜味噌で食べるおでんがうまい!ほどける柔らかさのスジも必食。名物のカレーおでん、黒胡椒のどて焼きもびっくりのうまさ。冬のカニ面も
おでん高砂
住所: 石川県金沢市片町1-3-29 TEL: 076-231-1018 営業時間: 16:00~22:30 定休日: 日・祝
「赤玉 金劇パシオン店」通はパシオンに行く!の法則。おでんのれんこん団子うまい!名物の湯豆腐。茶めしはおでん出汁をかけてお茶漬けにしてくれる!
赤玉 金劇パシオン店
住所: 石川県金沢市片町1丁目7-23 TEL: 076-221-6655 営業時間: 17:00~1:00 (L.O.0:30) 定休日: 水曜
「おでん若葉」甘味噌にネギたっぷりのどて焼きがうまーい!絶品いわしのつみれは必食だ!木札計算も風情あり。
おでん若葉
住所: 石川県金沢市石引2-7-11 TEL: 076-231-1876 営業時間: 17:00~23:00 定休日: 月曜
「勝一」あの勝一がおでん屋になって駅前で営業中。さすがベテランの腕。いいお店〜。おでんの手作りこんにゃくが大好きです。
勝一
住所: 石川県金沢市広岡1-4-11 TEL: 076-223-1566 営業時間: 17:00~22:30(L.O) 定休日: 日曜・祝日
「おでん居酒屋 三幸」ずらり行列の人気店!加賀れんこん揚団子、みゆき揚げ、とろろ鉄板焼き、オリジナルのサイドメニューにも注目!
おでん居酒屋 三幸
住所: 石川県金沢市片町1-10-3 TEL: 076-222-6117 営業時間: 17:00~24:00 定休日: 日曜、祝日
居酒屋
「いたる本店」金沢最強居酒屋といえばここ!ドーンと木桶盛りお造りはマストオーダー 蔵出しミニタンクと共に。とにかく全部おすすめッ!
いたる 本店
住所: 石川県金沢市柿木畠3-8 TEL: 076-221-4194 営業時間: 17:30~23:30(L.O.23:00) 定休日: 日曜 補足: 祝日連休の場合は月曜定休
「くろ屋」駅前エリアの間違いない居酒屋!地物鮮魚に伝統野菜、地酒を堪能したいなら!ここに来れば間違いなし
くろ屋
住所: 石川県金沢市本町2-6-24 TEL: 076-262-0940 営業時間: 17:00~24:00 (L.O.23:00) 定休日: 日曜 補足: 翌日が祝日の場合は営業
「酒酔 醍醐」な、な!日本酒取り揃え400種!酒に合う料理 ベストオブベストのペアリング!クゥ~ッ泣けるぜ
酒酔 醍醐
住所: 石川県金沢市安江町19-4 TEL: 076-256-0028 営業時間: 11:30~14:00(ランチはラーメンのみ)、17:30~24:00(L.O.23:30) 定休日: 日曜
「帆夏」ハマる一店。繊細でツボを突く料理がアラカルトで。木倉町奥の弁柄色のコンパクトなお店。シメの鯛ワタおにぎりうまいのなんのって
帆夏
住所: 石川県金沢市木倉町6-8 ケンコービル 1F TEL: 080-3744-7234 営業時間: 18:00〜0:00 定休日: 日曜
「のど黒めし本舗 いたる」やっぱりいたるは最高だ。のど黒めしへのこだわりもすごい!誠実においしいものを提供してくれる信頼の置ける一店。連日行列店
のど黒めし本舗 いたる
住所: 石川県金沢市柿木畠2-8 TEL: 076-233-1147 営業時間: 12:00~14:00、17:30~21:00(L.O.20:30) 定休日: 日曜
ソウルフード
「宇宙軒食堂」名物とんバラはWで頼みたい。秘伝付けダレ魅惑のうまさ。広い鉄板で手際よく焼く臨場感。これが金沢の宇宙!(現在の価格記載)
宇宙軒食堂
住所: 石川県金沢市片町1-5-29 ニュー銀座会館1階 TEL: 076-261-8700 営業時間: 11:00~15:00、17:00~21:00 定休日: 火曜 補足: 品切れの場合は早めに閉店
「さぶろうべい 藤江店」鉄鍋で炒め焼くとり白菜!卵を落とした秘伝タレを絡めて~とり野菜じゃなくてとりハクサイ
さぶろうべい 藤江店
住所: 石川県金沢市藤江北4-472 TEL: 076-266-1555 営業時間: 11:00~14:30(L.O 14:00) 、17:00〜22:00(L.O) 定休日: なし
「第7ギョーザの店」~基本編~ 7つのポイントでまとめました!金沢市民のソウルフード?ホワイトギョーザって何?何で第7なの?
第7ギョーザの店
住所: 石川県金沢市もりの里1丁目259 TEL: 076-261-0825 営業時間: 11:00~翌2:00 定休日: 水曜
「グリルオーツカ」ハントンライスが一番有名なお店!創業昭和32年。男性的なボリュームに驚くはず!現在の価格は?実はお店のイチオシは・・・
グリルオーツカ
住所: 石川県金沢市片町2-9-15 TEL: 076-221-2646 営業時間: 11:00〜19:50 定休日: 水曜 補足: 水曜が祝日の場合は営業、振替休日あり
「ホーム・くっく わかばやし」お肉屋さんのおいしくて手頃な陶板焼き定食!ずっと通いたいお店。可愛いらしいハントンも名物
ホーム・くっく わかばやし
住所: 石川県金沢市新竪町3-4-2 TEL: 076-264-2522 営業時間: 11:30~14:00、17:00~21:00(L.O.20:45) 定休日: 日曜
和カフェ
「つぼみ」21美近隣の甘味処。大人気ふわふわかき氷!2020は能登珠洲いちごコンフィチュールからスタートしています。名物は本蕨のわらび餅、本葛くずきり、梅そうめん
つぼみ
住所: 石川県金沢市柿木畠 3-1 TEL: 076-232-3388 営業時間: 11:00~18:00 定休日: 水曜
「甘納豆かわむら」この甘納豆を求めてにし茶屋街へ〜金沢土産に最適。2階にできた「サロン・ド・テ・カワムラ」が大人にオススメすぎる件!期間限定したたり餅とは
甘納豆 かわむら
住所: 石川県金沢市野町2-24-7 TEL: 076-282-7000 営業時間: 平日 9:30~18:00 、日祝 9:30~17:00 定休日: 毎月第1火曜 補足: 繁忙期 ( GW、お盆、年末年始等)は定休日が変更となる場合あり。
「漆の実」コレ私のNo.1ぜんざい!自家製で炊き上げた能登大納言に濃厚抹茶アイス!金沢市役所のお隣にこんないいお店があるのだ
漆の実
住所: 石川県金沢市広坂1-1-60 能作ビル4F TEL: 076-263-8121 営業時間: 11:00~18:30(土日は10:00~) 定休日: 水曜 補足: 水曜日(8月は無休)
「fluffy(フラッフィー)」金沢イチオシパンケーキはここ!加賀棒茶味がオススメ!ふわふわしっとりの秘密は銅板とたまご。ひがし茶屋街に溶け込む町家で
fluffy
住所: 石川県金沢市東山1-23-10 TEL: 076-225-8312 営業時間: 9:00~17:00(金曜は13:00〜17:00) 定休日: 月曜
「茶房一笑」献上加賀棒茶で有名な丸八製茶場さんがひがし茶屋街に展開するカフェ。最大限引き出された風味。これは別格!趣ある空間で~
茶房一笑
住所: 石川県金沢市東山1-26-13 TEL: 076-251-0108 営業時間: 10:00~17:30 定休日: 月曜 補足: 祝日の場合営業、翌日休
スイーツ
「remref(レムレフ)」金沢最高峰パティスリーオフクの2号店がすごい!珠玉の食材をスイーツとして昇華させる西川シェフから目が離せない
remref
住所: 石川県金沢市常磐町21-2 TEL: 076-256-0080 営業時間: 10:00〜17:00 定休日: 月曜 補足: その他不定休あり、Facebook公式ページをご確認のこと
「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」世界のパティシエ辻口博啓氏のお店。予約制お茶室「コンセプトG」でお茶とデセールコース。金沢店限定の季節パフェもいいね!
ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA(LE MUSEE DE H KANAZAWA)
住所: 石川県金沢市出羽町2-1県立美術館内 TEL: 076-204-6100 営業時間: 10:00~19:00(18:30 L.O.) 定休日: 年中無休 補足: 石川県立美術館の休館日も営業
「パティスリーオノ」ピエール・エルメ・パリ本店出身の実力店!オノレット、スプーンで食べるショートケーキ、ドームショコラピスターシュは必ず食べたい!夏の桃グラニテ、クロワッサンも美味
PATISSERIE ONO
住所: 石川県金沢市田上本町4-31-1 TEL: 076-207-3599 営業時間: 10:00〜18:00 定休日: 月曜、火曜 補足: 月曜が祝日の場合は営業で翌日火曜と水曜が休み。※お店のFaceBook情報などでご確認ください。
「PATISSERIE OFUKU」金沢トップクラスのパティスリーといえばここ。老舗の和菓子店「お婦久軒」が4代目でパティスリーに!21世紀美術館の裏手
PATISSERIE OFUKU
住所: 石川県金沢市広坂1-2-13 TEL: 076-231-6748 営業時間: 10:00〜19:00 定休日: 月曜 補足: 祝日の際は翌火曜日
「落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以」秋冬は卓上七輪で自ら焼くお餅の能登大納言ぜんざい、夏はオトナのかき氷をどうぞ
落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以
住所: 石川県金沢市野町2-26-1 TEL: 076ー244-2424 営業時間: 3月~10月 10:00~18:00、11月~2月の平日 10:00~17:30 定休日: 火曜 補足: 火曜が祝日の場合は翌日
オーベルジュ
「かよう亭」料理にも定評ある山中温泉の宿。心の癒しと日本の美。石川のオススメ旅館には必ず名のあがってくる名旅館。幸福度MAXの朝食
かよう亭
住所: 石川県加賀市山中温泉東町1丁目ホ20 TEL: 0761-78-1410 営業時間:
「百楽荘」日本百景の能登町九十九湾に素晴らしい宿あり!地物三昧の夕食に舌鼓~洞窟風呂、桟橋からの釣りも楽しめる
百楽荘
住所: 石川県鳳珠郡能登町越坂11-34 TEL: 営業時間:
「リバーリトリート雅樂倶(がらく)」富山の人気ラグジュアリーホテル。山に囲まれた水辺の非日常感と美術館で暮らすようなアートな館内。日本料理「和彩膳所 樂味」地酒中心に50種以上!朝食がすごい!
リバーリトリート雅樂倶
住所: 富山県富山市春日56-2 TEL: 076-467-5550 営業時間: チェックイン14:00〜、チェックアウト11:00
「湯宿 さか本」陰翳礼讃という言葉が最も似合う。日本古来の美が心の琴線に触れる。いたらないつくせない宿の究極のサイレントサービス。10月の松茸づくしも良かった。
湯宿 さか本
住所: 石川県珠洲市上戸町15-47 TEL: 0768-82-0584 営業時間: 定休日: 1月2月は寒いのでお休み
「民宿ふらっと」1日4組限定の能登町矢波の民宿。能登食材と自家製発酵食材を使ったイタリアン。朝食の海餅(かいべ)とあら汁も絶品!日本海臨む露天風呂も最高だ。「情熱大陸」で取り上げられました
能登イタリアンの宿 ふらっと
住所: 石川県鳳珠郡能登町矢波27字26番地3 TEL: 0768-62-1900 営業時間:
富山
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「L'évo(レヴォ)」【※移転のため閉店】最高の富山食材に魔法をかけた前衛的地方料理!谷口英司シェフの快進撃が止まらない!グルヌイユ素晴らしく度肝抜かれる
L'évo
住所: 富山県富山市春日56-2 リバーリトリート雅樂倶内 TEL: 076-467-5550 営業時間: 11:30〜13:00 (L.O.)、18:00〜21:00 (L.O.) 定休日: 水曜
「ひまわり食堂」富山ナンバーワンイタリアン!炭火焼に定評ありだがパスタや料理もレベル高い。目が離せない一店!
ひまわり食堂
住所: 富山県富山市石倉町1-30 1F TEL: 076-482-6091 営業時間: 18:00~23:00(L.O) 定休日: 日曜、第3月曜 補足: 不定休あり
「日本料理 山崎」北陸で唯一の3ツ星獲得店。意表を突くおいしさの置き方が光る。富山の食材と地酒も豊富。
日本料理 山崎
住所: 富山県富山市布瀬町南1-18-9 TEL: 076-423-2320 営業時間: 11:30~14:30、17:00~22:00(夜は税+サ15%) 定休日: 火曜 補足: 不定休あり
「福助」そば店としてだけでなく日本料理店としても注目すべき一店。砺波まで出掛ける価値あり。元養蚕場をリノベーションした趣ある建物
手打ち石臼挽き蕎麦 福助
住所: 富山県砺波市林947-1 TEL: 0763-33-2770 営業時間: 11:30~14:30(L.O.14:00)、18:00~20:30(L.O.20:00)※そばが無くなり次第閉店 定休日: 月曜 補足: 月曜が祝日の場合は営業で翌日休業
富山 日本料理
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「日本料理 山崎」北陸で唯一の3ツ星獲得店。意表を突くおいしさの置き方が光る。富山の食材と地酒も豊富。
日本料理 山崎
住所: 富山県富山市布瀬町南1-18-9 TEL: 076-423-2320 営業時間: 11:30~14:30、17:00~22:00(夜は税+サ15%) 定休日: 火曜 補足: 不定休あり
「リバーリトリート雅樂倶(がらく)」富山の人気ラグジュアリーホテル。山に囲まれた水辺の非日常感と美術館で暮らすようなアートな館内。日本料理「和彩膳所 樂味」地酒中心に50種以上!朝食がすごい!
リバーリトリート雅樂倶
住所: 富山県富山市春日56-2 TEL: 076-467-5550 営業時間: チェックイン14:00〜、チェックアウト11:00
「こんふぉるたぁぶる」これが本当の隠れ家レストラン。富山の都市伝説みたいすし店。次の予約は1年以上先
こんふぉるたぁぶる
住所: 富山県富山市白銀町7−7 TEL: 076-461-3755 営業時間: 定休日: 月火水木日 補足: 金土のみ営業。5席のみ。料理撮影不可
「来人喜人 はぎ原」メイドイン富山が詰まった日本料理店。スペシャリテの究極ます寿司うまい!2019年7月に移転し店内に“離れ”のお茶室が。この価格で満足度すごい!
来人喜人 はぎ原
住所: 富山県富山市堀端町1-11 TEL: 076-482-3739 営業時間: 12:00〜14:00、18:00〜22:30(昼夜共に要予約) 定休日: 日曜(翌日が祝日の場合は営業)