「石臼挽き手打ちそば 村田屋」国産そば石臼挽きで朝夕手打ち!こだわりが詰まっているのにリーズナブルな価格も魅力。夏のすだちそば、秋冬鴨せいろは必ず食べたい。

料理: 6.8 その他: 6.7 ポイントについて
石臼挽き手打ちそば 村田屋 (いしうすびきてうちそば むらたや)
営業時間 11:00~15:00(L.O14:30)、17:00~20:30(L.O20:00)
定休日 火曜日(祝日は営業) 月曜夜は月2回不定休
価格帯 800円~2,000円
訪問回数 10回10回以上

諸江アルプラザ平和堂金沢店前からほど近くにある人気のそば店。店主 村田隆仁さんは、国内産の玄蕎麦を直接仕入れ、手間暇かけて脱皮加工をし、その日使う分だけを石臼挽きで自家製粉して外一で打っています。細打ちのそばは喉越し良くキリリ美味。例えばある日の蕎麦は、福井県大野市(大野在来種)と山形県尾花沢産(最上早生種)のブレンド。能登町松波産や茨城産などの日もあり、生産者さんの顔が見える素材を使用されています。そんなこだわりのそばが手頃価格で味わえるというのも魅力な一店です。

(最終訪問 2020年7月2日)
●すだちそば(夏限定、1160円)
夏に食べたい一杯。輪切りのすだちがひんやり冷たいお出汁に浮かんでいるのは見るからに涼しげです。そばのキリッとした喉越しの良さにも調和する酸味が美味。

●とろろそば

●村田屋重膳
村田屋重とは、ご飯に同店オリジナルのイワシの蒲焼風をのっけたもの。蓋を外すときつね色の焦げ目とおいしそうな香りに生唾ごくり。イワシは思った以上にふっくらしており、あっさり系の上品タレが寄り添います。ご飯の上にはネギとみじん切りの生姜が散らしてあるので、その清涼感で油気を感じさせないのも良かったです。

おそばは、温かいのか冷たいのかを選べるので、冷たい方を。重にボリュームがあるのでお腹いっぱいになりますが、おそばは小サイズだと物足らないという方は、大盛りにしてもいいかもしれません(プラス料金で)。

●鴨せいろ
秋口から開始する人気の旬メニューです。冷水で締めたキリリとしたおそばを、鴨肉と鴨団子入りのやや濃い目の出汁にそばをくぐらせてズズっとたぐります。鴨は国内産を使用しており、絶妙な火入れを施し柔らかい仕上がり。鴨肉に打ってある片栗粉が出汁を吸収することで、ぷるんと滑るような舌触りを与えつつ、含んだ出汁が口の中で鴨と一体になります。しいたけとカボチャを練り込んだ鴨団子もおいしい。みじん切りのしいたけが食感を出し、カボチャの甘味が徐々に鴨の旨味と調和していきます。効かせてある胡椒のスパイスもアクセントになり、噛むほどに変化して行く味わいが楽しめますよ。