あえのことって知ってますか?ユネスコ無形文化遺産“奥能登のあえのこと”が体験できる!能登のご馳走たっぷり!かやぶき古民家の合鹿庵にて

あえのことって知ってますか?ユネスコ無形文化遺産“奥能登のあえのこと”が体験できる!能登のご馳走たっぷり!かやぶき古民家の合鹿庵にて

公開日:2018年05月18日
スポンサーリンク

毎年12月5日、奥能登の農村の家々では古くから“田の神様”をおもてなしする神事が行われています。一年間の収穫の感謝と翌年の五穀豊穣を祈願する祭事で、「奥能登のあえのこと」という名称で1977年に重要無形民俗文化財に指定され、2009年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されました。“あえのこと”の意味は、「あえ=饗」「こと=祭り」です。(あえのことの内容に関しての解説は下記)

柳田植物公園内にある“合鹿庵(ごうろくあん)”は、藩政期のかやぶき古民家で、実際の神事が毎年執り行われている場所です。12月5日は毎年多くの人が見学に集まっています。さらにここでは神事後に食事が味わえる直会(なおらえ)も開催されており、予約にて参加することができます。
私はこちらの「能登町ふれあいの里やなぎだ植物公園PR大使」を努めさせて頂いております。

ここでは「神々の宴 in 能登・合鹿庵」と題し体験ツアーも開催しています。
ツアーはまず実演を見学して頂き、その後にお食事を召し上がって頂きます。(ツアー詳細は下記)

それでは、いざ あえのこと!

あえのことの儀式は各家によって様々ですが、一連の流れは共通しています。
こちらが中正道氏による実演です。

あえのこと神事で特徴的なのは、目に見えない田の神様を、実際目の前にいるかのように振舞っておもてなしをするということです。
家の主人は、紋付袴という“正装”で田に神様をお迎えに行き、丁寧にエスコートして話しかけながら、自宅に案内します。
「段差がありますので、お気を付けください」など声をかけながら。

家に招き入れてからは、まず神様に炉端で休息して頂き、さらにお風呂に入って温まってもらいます。

その後は祭壇に招き、真心こもった御馳走でおもてなしをします。
ひとっ風呂浴びた後、食事となるわけですね。
床の間には、男女の田の神を表す俵を二つ据え付け(田の神様は夫婦)、それぞれの御膳に二股大根と栗箸を置いて祭壇が作られています(一本大根を男性、二股大根を女性に見立てて各1つづつにする家もあります)。なぜお箸は栗の木で作られているのかというと、栗の木は実が採れるということで、豊作になるようにという願いが込められています。さらに
1尺2寸(約36センチ)という長さにすることで12ヶ月を表しているそうです。
それにしても、ずっしりと結構な重量感がありました。

食事の準備が整ったら田の神様をお呼びして、主人は膳の内容を一品一品丁寧に説明します。

準備されているお料理は究極の地産地消メニューで、全てに意味が込められています。



ご飯は必ず白飯の大盛り。赤飯はおめでたい印象がありますが、(もち米を)「蒸す」調理法は「蒸し=虫」を連想させ、縁起が悪いとされています。そのため、茶碗蒸しも御膳には並びません。
汁は、お豆腐を具にした納豆汁で、粘り強く一生懸命仕事をするという意味が込めてあります。昔はどこの家でも藁つとの納豆や豆腐を作っていたので、調達しやすかったという理由もあるのかもしれません。
お煮しめの具は、ダイコンやフキ、ニンジンや里芋などを5、7、9種類の奇数で準備します。また、煮しめの定番である焼き豆腐は、「田が焼ける」として縁起が悪く使用されません。
刺身や酢の物には、出世魚のブリを使う農家が多いとされています。この時期は内浦に面する定置網でブリが獲れるのですが、昔も漁が盛んに行われていたそうです。

魚の尾頭付きは、「芽が張る=メバル」の意味を込め、ハチメ(メバル)。また、田の神様は甘い物が好物とされており、清酒ではなく“甘酒”で、デザートにはおはぎも準備されます。 

ちなみに神はそのままその家でゆっくりと年を越し、翌年の2月9日に行われる「田の神送り」の儀式を経て、また元の田へ送り出されます。

神様が食された頃あいを見て、お下がりは私たちが直会として頂きます。

能登の食材の豊かさと、作り手さんの丁寧さが伝わって来る品々。田の神様を尊び大事にして来た、先人達の気持ちも読み解けます。

そして、あえのことツアーの宴では、あえのことの料理に加えて、能登食材をふんだんに使用した奥能登の郷土料理も味わえます。お刺身や焼魚、トンビ(イカの口)串に能登牛串、いしる鍋まで〜ご馳走たっぷりです。(写真は一部)





ツアーのデザートには、能登出身世界のパティシエ辻口博啓さん特製「希少糖入り 柳田ブルーベリーアイス」付き。

ユネスコ登録された神事を味わいながら知って頂ける、なかなか内容の濃いツアーです。12月5日は立ち見で埋め尽くされるほど殺到し、お食事が出来ない人も多くいらっしゃいますが、ツアーでは全てをじっくり体験できますよ。
是非ご参加下さい。

【神々の宴in能登・合鹿庵】
場所:柳田植物公園内 合鹿庵(ごうろくあん)
    石川県鳳珠郡能登町上町口部1-1

定期開宴日:7月8月を除く、毎月第2・第3土曜日と日曜日
毎昼12:00~13:30

申し込み:2日前までに下記アドレス又は電話・FAXにて受付
shokukou@ca3.luckynet.jp
TEL:0768-76-1680
FAX:0768-76-1681

料金:御一人様5000円(税別)で飲み物は別途

【貸切宴】 ※ 年間290日以上予約可
昼宴は12名様以上25名様まで、夜宴は8名様以上25名様までの定員で、希望される日時の2週間前までに申込みいただければ、7月・8月及び12月26日~1月5日を除く平日を含めたすべての日程で予約が可能。(但し、定期開宴日で昼宴を希望される場合は定期開宴に組み込まれます。)
※ 貸切昼宴料金は、御一人様5000円(税別)からで飲み物は別途。夜宴は同8000円から。VIPプランもあり。

※ 宿泊に関して:合鹿庵は柳田植物公園の中にあり、宿泊などについては公園内のアストロステージ(6棟)が別料金で利用できます。予約にて。詳しくはお問い合わせください。

スポンサーリンク
一流すし
「すし処めくみ」記憶に残る猛々しく端正なすし!毎日能登まで出向き自ら調達する珠玉のネタ
すし処 めくみ
住所: 石川県野々市市下林4-48 TEL: 076-246-7781 営業時間: 18:00~21:00(最終入店)(※ランチは日曜のみ12:00から) 定休日: 月曜と第1・第3火曜
「鮨八や」美味しさ昇華させるひと手間にドキッ!独自に探求したおいしさへの工夫あり
鮨 八や
住所: 石川県金沢市示野中町1-71-7 TEL: 076-233-3288 営業時間: 17:00~22:00 定休日: 月曜 補足: 第1、3日曜
「乙女寿司」金沢のすし名店と言えばここ。地物で奏でるうまいすし。世界のトップレストラン「LA LISTE」にもランクイン
乙女寿司
住所: 石川県金沢市木倉町4-10 TEL: 076-231-7447 営業時間: 12:00~14:00、17:00~22:00(最終入店 19:30) 定休日: 日曜、祝日、水曜日の夜
「鮨志の助」予約困難な郊外名店!天を仰ぐおいしさ。店主はあの伝説の店出身ッ!
鮨 志の助
住所: 石川県金沢市入江3-73 TEL: 076-216-5280 営業時間: 12:00~14:30、18:00~21:30 定休日: 日曜、祝日、水曜休
「太平寿し」独創的なすしの快進撃!1つの魚を2つの異なる味わいで!大将の人柄も魅力
太平寿し
住所: 石川県野々市市太平寺1-164 TEL: 076-248-5131 営業時間: 11:30~14:00、17:30~22:30 定休日: 水曜
料亭
「懐石つる幸」最高峰を味わいたいならここ!本領発揮のディナーを食べてほしい。 【2018年11月末に閉店】
懐石 つる幸
住所: 石川県金沢市高岡町6-5 TEL: 076-264-2375 営業時間: 12:00~15:00(最終入店13:15)、18:00~22:00(同19:30) 定休日: 不定休
「浅田屋」ワンランク上の金沢旅を満喫したいならここ!料理、おもてなし、空間、全てが一流
浅田屋
住所: 石川県金沢市十間町23 TEL: 076-231-2228 営業時間: 11:30~15:00、18:00~20:00(宿泊の場合チェックインは14:00) 定休日: 不定休
「つば甚」数々の歴史人が訪れた金沢で最も歴史のある名料亭。料理も高く評価されています。真ん中のコースからがオススメ~
つば甚
住所: 石川県金沢市寺町5-1-8 TEL: 076-241-2181 営業時間: 11:00~14:00 (要予約で最終入店は13:00)、17:00~21:00 (同19:00) 定休日: 年中無休 補足: 無休(12/25~1/2休業)
「みふく」生姜味噌仕立ての究極の鍋ッ!牡蠣と牛肉両方食べるべし~金沢冬の風物詩。予約困難
みふく
住所: 石川県金沢市尾張町2-16-37 TEL: 076-231-4577 営業時間: 夕方~22:00 定休日: 日曜(冬季限定、4名未満の予約は出来ません)
「明月楼(めいげつろう)」山中温泉こおろぎ橋のたもとの名料亭でうなぎ会席。挽きたて山椒の風味と秘伝ダレでおいしさ昇華
料亭 明月楼
住所: 石川県加賀市山中温泉下谷町ロ1-1 TEL: 0761-78-0103 営業時間: 11:00~14:00、17:00~22:00(本館は昼夜とも完全予約制) 定休日: 不定休 補足: 本館は不定休 離れは火曜日定休(本館の予約状況により臨時休業あります)
金沢おでん
「おでん高砂」生姜味噌で食べるおでん名店。ほどける柔らかさのスジも必食。名物のカレーおでんやネギマおでん、黒胡椒のどて焼きもびっくりのうまさ
おでん高砂
住所: 石川県金沢市片町1-3-29 TEL: 076-231-1018 営業時間: 16:00~22:30 定休日: 日曜 補足: 日曜・月曜連休の場合は月曜休み
「おでん居酒屋 三幸」ずらり行列の人気店!加賀れんこん揚団子、みゆき揚げ、とろろ鉄板焼き、オリジナルのサイドメニューにも注目!
おでん居酒屋 三幸
住所: 石川県金沢市片町1-10-3 TEL: 076-222-6117 営業時間: 17:00~24:00 定休日: 日曜、祝日
「おでん若葉」甘味噌にネギたっぷりのどて焼きがうまい!絶品いわしのつみれも外せない!木札計算も風情あり。
おでん若葉
住所: 石川県金沢市石引2-7-11 TEL: 076-231-1876 営業時間: 17:00~23:00 定休日: 月曜
「赤玉 金劇パシオン店」通はパシオンに行く!の法則。名物5つは必ず食すべ~し!カニ面、牛すじ、茶飯は出汁がけで
赤玉 金劇パシオン店
住所: 石川県金沢市片町1丁目7-23 TEL: 076-221-6655 営業時間: 17:00~1:00 (L.O.0:30) 定休日: 水曜
「おでん菊一」ここに行かないでどうする!老舗の暖簾はくぐっておくべし。あの頃にタイムスリップできる
おでん菊一
住所: 石川県金沢市片町2-1-23 TEL: 076-221-4676 営業時間: 17:30~22:30 定休日: 火曜、水曜 補足: 不定休
居酒屋
「いたる本店」金沢最強居酒屋といえばここ!ドーンと木桶盛りお造りはマストオーダー 蔵出しミニタンクと共に。とにかく全部おすすめッ!
いたる 本店
住所: 石川県金沢市柿木畠3-8 TEL: 076-221-4194 営業時間: 17:30~23:30(L.O.23:00) 定休日: 日曜 補足: 祝日連休の場合は月曜定休
「酒酔 醍醐」な、な!日本酒取り揃え400種!酒に合う料理 ベストオブベストのペアリング!クゥ~ッ泣けるぜ
酒酔 醍醐
住所: 石川県金沢市安江町19-4 TEL: 076-256-0028 営業時間: 11:30~14:00(ランチはラーメンのみ)、17:30~24:00(L.O.23:30) 定休日: 日曜
「のど黒めし本舗 いたる」のど黒を堪能したければここ!いたるだから信頼度高し~ひつまぶし方式で3段階!
のど黒めし本舗 いたる
住所: 石川県金沢市柿木畠2-8 TEL: 076-233-1147 営業時間: 12:00~14:00 17:30~21:00(L.O.20:30) 定休日: 日曜
「くろ屋」駅前エリアの間違いない居酒屋!地物鮮魚に伝統野菜、地酒を堪能したいなら!ここに来れば間違いなし
くろ屋
住所: 石川県金沢市本町2-6-24 TEL: 076-262-0940 営業時間: 17:00~24:00 (L.O.23:00) 定休日: 日曜 補足: 翌日が祝日の場合は営業
「味処 高崎」加能ガニ食べたいならここ!旬の金沢に舌鼓できる一店 郷土料理や地酒も豊富
味処 高崎
住所: 石川県金沢市長町1-2-22 TEL: 076-231-0116 営業時間: 17:00~22:00 定休日: 日曜 補足: 3連休の場合は日曜営業、月曜休み
懐石料理
「懐石つる幸」最高峰を味わいたいならここ!本領発揮のディナーを食べてほしい。 【2018年11月末に閉店】
懐石 つる幸
住所: 石川県金沢市高岡町6-5 TEL: 076-264-2375 営業時間: 12:00~15:00(最終入店13:15)、18:00~22:00(同19:30) 定休日: 不定休
「浅田屋」ワンランク上の金沢旅を満喫したいならここ!料理、おもてなし、空間、全てが一流
浅田屋
住所: 石川県金沢市十間町23 TEL: 076-231-2228 営業時間: 11:30~15:00、18:00~20:00(宿泊の場合チェックインは14:00) 定休日: 不定休
「片折(かたおり)」引きの美学の究極を目指した日本料理。シンプルで研ぎ澄まされた玄人向け。その先に見える宇宙。
片折
住所: 石川県金沢市並木町3-36 TEL: 076-255-1446(予約受付時間 10:00~16:30) 営業時間: 【昼】12:00~14:30 ※昼は水曜、日曜のみ営業【夜】17:00~19:30、20:00~22:30 ※夜は二部制 定休日: 不定休
「つば甚」数々の歴史人が訪れた金沢で最も歴史のある名料亭。料理も高く評価されています。真ん中のコースからがオススメ~
つば甚
住所: 石川県金沢市寺町5-1-8 TEL: 076-241-2181 営業時間: 11:00~14:00 (要予約で最終入店は13:00)、17:00~21:00 (同19:00) 定休日: 年中無休 補足: 無休(12/25~1/2休業)
「一献」金沢の日本料理でここは外せない!引きの美学。繊細で丁寧かつ貫禄もありシンプルだが舌の記憶に残る。ミシュラン2ツ星獲得店!
一献
住所: 石川県金沢市片町1-4-4 TEL: 076-263-2121 営業時間: 18:00〜23:30 定休日: 日曜
割烹
「片折(かたおり)」引きの美学の究極を目指した日本料理。シンプルで研ぎ澄まされた玄人向け。その先に見える宇宙。
片折
住所: 石川県金沢市並木町3-36 TEL: 076-255-1446(予約受付時間 10:00~16:30) 営業時間: 【昼】12:00~14:30 ※昼は水曜、日曜のみ営業【夜】17:00~19:30、20:00~22:30 ※夜は二部制 定休日: 不定休
「東山和今」待ってました!今井友和さんの独立店。ひがし茶屋街裏手にオープン!一皿ごとにいちいち感動ある前衛的な和食
東山和今
住所: 石川県金沢市東山1丁目15-14 TEL: 076ー252ー6657 営業時間: 昼11:30~L.O13:00、夜18:00~L.O21:00(21:00以降バー営業の日もあり)※昼夜共に要予約 定休日: 不定休
「一献」金沢の日本料理でここは外せない!引きの美学。繊細で丁寧かつ貫禄もありシンプルだが舌の記憶に残る。ミシュラン2ツ星獲得店!
一献
住所: 石川県金沢市片町1-4-4 TEL: 076-263-2121 営業時間: 18:00〜23:30 定休日: 日曜
「竹千代」唯一無二の名店。自家製こんにゃくは究極の逸品ッ!自家製がんもどきに鶏団子、全てが手作り。お茶室をモチーフにした店内で
竹千代
住所: 石川県金沢市広坂1-1-28 広坂パレス1F TEL: 076-262-3557 営業時間: 18:00~22:00 定休日: 日曜
「旬房さかい」惚れ惚れするいいシゴト!信頼の厚い一店。メディア取材拒否の口コミ人気店
旬房さかい
住所: 石川県金沢市木倉町6-8 TEL: 076-221-3911 営業時間: 17:30~23:00 定休日: 日曜 補足: 日・月連休の場合は月曜
ソウルフード
「第7ギョーザの店」~基本編~ 7つのポイントでまとめました!金沢市民のソウルフード?ホワイトギョーザって何?何で第7なの?
第7ギョーザの店
住所: 石川県金沢市もりの里1丁目259 TEL: 076-261-0825 営業時間: 11:00~翌2:00 定休日: 水曜
「ホームクックわかばやし」お肉屋さんのおいしくて手頃な陶板焼き定食がスゴイ!可愛らしいハントンも名物~
ホームクックわかばやし
住所: 石川県金沢市新竪町3-4-2 TEL: 076-264-2522 営業時間: 11:30~14:00、17:00~21:00(L.O.20:45) 定休日: 日曜
「さぶろうべい 藤江店」鉄鍋で炒め焼くとり白菜!卵を落とした秘伝タレを絡めて~とり野菜じゃなくてとりハクサイ
さぶろうべい 藤江店
住所: 石川県金沢市藤江北4-472 TEL: 076-266-1555 営業時間: 11:00~14:30(L.O 14:00) 、17:00〜22:00(L.O) 定休日: なし
「まつや 桂店」石川県民食!金沢でまつやのとり野菜みそ鍋が(お店で)食べられるのはここだけ
まつや 桂店
住所: 石川県金沢市桂町イ32-4 TEL: 076-268-8174 営業時間: 11:00~14:00、17:00~22:00 定休日: 無休
「グリルオーツカ」ハントンライスが一番有名なお店!男性的なボリュームに驚くはず!創業昭和32年。実はお店のイチオシは・・・
グリルオーツカ
住所: 石川県金沢市片町2-9-15 TEL: 076-221-2646 営業時間: 11:00〜19:50 定休日: 水曜 補足: 水曜が祝日の場合は営業、振替休日あり
和カフェ
「甘納豆かわむら」この甘納豆を求めてにし茶屋街へ〜金沢土産に最適。2階にできた「サロン・ド・テ・カワムラ」がオススメすぎる件!大人向け
甘納豆 かわむら
住所: 石川県金沢市野町2丁目24-7 TEL: 076-282-7000 営業時間: 平日 9:30~18:00 、日祝 9:30~17:00 定休日: 毎月第1火曜 補足: 繁忙期 ( GW、お盆、年末年始等)は定休日が変更となる場合あり。
「ゴーシュ」ひがし茶屋街の茶房&Barでしっぽりサイフォン珈琲、ウイスキーは300種。町家でエディットピアフを聴きながら。大人の時間
ゴーシュ
住所: 石川県金沢市東山1-16-5 TEL: 076-251-7566 営業時間: 【茶房タイム】11:00〜19:00、【Barタイム】19:00〜翌3:00(日曜は0:00まで) 定休日: 火曜
「三味(しゃみ)」おちらし黒糖ゼリーが絶品!東山でお三味線の音色を聴きながら~金沢イチオシ和カフェはここ!
三味
住所: 石川県金沢市東山1-15-13 TEL: 076-252-4033 営業時間: 10:00~17:00 定休日: 水曜
「つぼみ」21美近隣の人気甘味処。本物志向が嬉しい~本蕨のわらび餅、本葛のくずきりが美味。冬は五郎島金時ぜんざい、夏はコンフィチュールのかき氷。名物そうめんもオススメ
つぼみ
住所: 石川県金沢市柿木畠 3-1 TEL: 076-232-3388 営業時間: 11:00~19:00 定休日: 水曜
「fluffy(フラッフィー)」金沢イチオシパンケーキはここ!加賀棒茶味がオススメ!ふわふわしっとりの秘密は銅板とたまご。ひがし茶屋街に溶け込む町家で~
fluffy
住所: 石川県金沢市東山1-23-10 TEL: 076-225-8312 営業時間: 9:00~17:00 定休日: 月曜
スイーツ
「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」パティシエ辻口博啓氏のお店。予約制お茶室「コンセプトG」でお茶とデセールコース。金沢店限定の季節パフェもいいね!
ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA(LE MUSEE DE H KANAZAWA)
住所: 石川県金沢市出羽町2-1県立美術館内 TEL: 076-204-6100 営業時間: 10:00~19:00(18:30 L.O.) 定休日: 年中無休 補足: 石川県立美術館の休館日も営業
「パティスリーオノ」ピエール・エルメ・パリ本店出身の実力店!オノレット、スプーンで食べるショートケーキ、ドームショコラピスターシュは必ず食べたい!夏の桃グラニテもオススメ!クロワッサンも美味
PATISSERIE ONO
住所: 石川県金沢市田上本町4-31-1 TEL: 076-207-3599 営業時間: 10:00〜18:00 定休日: 月曜、火曜 補足: 月曜が祝日の場合は営業で翌日火曜と水曜が休み。※お店のFaceBook情報などでご確認ください。
「甘納豆かわむら」この甘納豆を求めてにし茶屋街へ〜金沢土産に最適。2階にできた「サロン・ド・テ・カワムラ」がオススメすぎる件!大人向け
甘納豆 かわむら
住所: 石川県金沢市野町2丁目24-7 TEL: 076-282-7000 営業時間: 平日 9:30~18:00 、日祝 9:30~17:00 定休日: 毎月第1火曜 補足: 繁忙期 ( GW、お盆、年末年始等)は定休日が変更となる場合あり。
「落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以」秋冬は卓上七輪で自ら焼くお餅の能登大納言ぜんざい、夏はオトナのかき氷をどうぞ
落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以
住所: 石川県金沢市野町2-26-1 TEL: 076ー244-2424 営業時間: 3月~10月 10:00~18:00、11月~2月の平日 10:00~17:30 定休日: 火曜 補足: 火曜が祝日の場合は翌日
「神音(かのん)」羽咋の山中にある秘境カフェ~アクセス大変だけど訪れる価値あり!おいしい自家焙煎珈琲とスイーツをステキな古民家で
神音
住所: 石川県羽咋市菅池町カ54 TEL: 0767-26-1128 営業時間: 11:30~17:30 定休日: 火曜、日曜 補足: 年末年始や夏季休業、早じまいあり。Facebookにてご確認ください。
和菓子
「吉はし」知る人ぞ知る菓子の超名店。一線を画す繊細な上生菓子。金沢お茶会の定番。予約販売のみ。
吉はし
住所: 石川県金沢市東山2-2-2 TEL: 076-252-2634 営業時間: 9:00~18:00 定休日: 日曜祝日の午後
「甘納豆かわむら」この甘納豆を求めてにし茶屋街へ〜金沢土産に最適。2階にできた「サロン・ド・テ・カワムラ」がオススメすぎる件!大人向け
甘納豆 かわむら
住所: 石川県金沢市野町2丁目24-7 TEL: 076-282-7000 営業時間: 平日 9:30~18:00 、日祝 9:30~17:00 定休日: 毎月第1火曜 補足: 繁忙期 ( GW、お盆、年末年始等)は定休日が変更となる場合あり。
「圓八のあんころ餅」石川県代表の銘菓と言えばこれ!おいしさの秘密はこの手間にあり!本店限定まんまるも美味
圓八
住所: 石川県白山市成町107 TEL: 076-275-0018 営業時間: 8:00~18:00 定休日: 年中無休
「落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以」秋冬は卓上七輪で自ら焼くお餅の能登大納言ぜんざい、夏はオトナのかき氷をどうぞ
落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以
住所: 石川県金沢市野町2-26-1 TEL: 076ー244-2424 営業時間: 3月~10月 10:00~18:00、11月~2月の平日 10:00~17:30 定休日: 火曜 補足: 火曜が祝日の場合は翌日
「PATISSERIE OFUKU」老舗の和菓子店「お婦久軒」が4代目でパティスリーになったお店!21世紀美術館の裏手
PATISSERIE OFUKU
住所: 石川県金沢市広坂1-2-13 TEL: 076-231-6748 営業時間: 10:00〜19:00 定休日: 月曜 補足: 祝日の際は翌火曜日
富山
「L'évo(レヴォ)」最高の富山食材に魔法をかけた前衛的地方料理!レボリューションが止まらない!スペシャリテが進化している!
L'évo
住所: 富山県富山市春日56-2 リバーリトリート雅樂倶内 TEL: 076-467-5550 営業時間: 11:30〜13:00 (L.O.)、18:00〜21:00 (L.O.) 定休日: 水曜
「日本料理 山崎」北陸で唯一の3ツ星獲得店。意表を突くおいしさの置き方が光る。富山の食材と地酒も豊富。
日本料理 山崎
住所: 富山県富山市布瀬町南1-18-9 TEL: 076-423-2320 営業時間: 11:30~14:30、17:00~22:00(夜は税+サ15%) 定休日: 火曜 補足: 不定休あり
「鮨人」破竹の勢い富山異色のすし店!店主の哲学はハマったら抜け出せない!珠玉のネタと赤酢シャリ
鮨人
住所: 富山県富山市新根塚町3-5-7 TEL: 076-422-0918 営業時間: 12:00~14:00、18:00~21:30 定休日: 日曜 補足: 日曜が祝日の場合は営業、但し月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休業
「le glouton(ル グルトン)」自然派ワインとのペアリングで。絶品!羊のハンバーグ、クセのある葉っぱのサラダもハマるおいしさ
le glouton
住所: 富山県富山市総曲輪2-6-4 TEL: 076-461-3931 営業時間: 18:00~24:00 定休日: 日曜 補足: 月曜日が祝日の場合は日曜営業
「御料理ふじ居」富山で外せない日本料理店のひとつ。シンプルで食材のポテンシャルを立たせた端正な料理。
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市五福2区5385-5 TEL: 076-471-5555 営業時間: 11:00~14:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: 第3火曜
富山 日本料理
「日本料理 山崎」北陸で唯一の3ツ星獲得店。意表を突くおいしさの置き方が光る。富山の食材と地酒も豊富。
日本料理 山崎
住所: 富山県富山市布瀬町南1-18-9 TEL: 076-423-2320 営業時間: 11:30~14:30、17:00~22:00(夜は税+サ15%) 定休日: 火曜 補足: 不定休あり
「こんふぉるたぁぶる」これが本当の隠れ家レストラン。富山の都市伝説みたいすし店。次の予約は1年以上先
こんふぉるたぁぶる
住所: 富山県富山市白銀町7−7 TEL: 076-461-3755 営業時間: 定休日: 月火水木日 補足: 金土のみ営業。5席のみ。料理撮影不可
「御料理ふじ居」富山で外せない日本料理店のひとつ。シンプルで食材のポテンシャルを立たせた端正な料理。
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市五福2区5385-5 TEL: 076-471-5555 営業時間: 11:00~14:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: 第3火曜
【長期休業】「海老亭別館 いきいき亭」“別館”カウンターはライブ感ありオススメ!富山の海の幸ワンランク上で堪能できる!
海老亭別館 いきいき亭
住所: 富山県富山市桜木町9-21 TEL: 076-432-3181 営業時間: 17:30~22:00(L.O.21:00) 定休日: 不定休