「ペルケ(PERCHÉ)」ひがし茶屋街の路地裏にあるナポリピッツァ店!同業者からも信頼の厚い美味しさ

料理: 7.5 その他: 7.5 ポイントについて
PERCHÉ (ぺるけ)
営業時間 18:00〜0:00
定休日 水曜
価格帯 マルゲリータDOC(2350円)、サルシッチャ・エ・フリアリエッリ(2700円)
訪問回数 4回

金沢の観光名所であるひがし茶屋街のメインストリートを横目にして、裏路地に入ると見つけることができる町屋のナポリピッツァ専門店。東山の趣にマッチする佇まいで、凛とした白い暖簾がかかっています。オープンしたのは2014年3月のこと。

店内で存在感を放つのは、ナポリから輸入したスカイブルーのピザ窯です。店主はナポリで修行をした中村さんで、そのスピリットがピッツァや料理から伝わります。お客さんには同業者(料理人)も多く、美味しさへの信頼の厚さが印象付けられます。

窯に薪をくべて炎を調節し、手際よくピッツァ生地を仕上げて窯に入れ、次々焼きあがるライブ感に胃袋もソワソワ。同店の醍醐味です。

一枚板のカウンターには、ところどころに彫刻が埋め込まれており、こちらも必見。
“恋”と“来い”にかけて鯉や、幸せを運ぶテントウムシ、四葉のクローバーなど、見つけたらハッピーになれます。

テーブル席もいくつかあります。

ピッツァは迫力ある面の広さで、まずその大きさに驚きます。提供の際にカットしないポリシーが好き。
具材からのエキスやソース、チーズが流れ出さずに、一番美味しい状態で口に入れることができます。
素焼きの香ばしさが鼻腔を抜け、生地のもっちり感と温度、一呼吸置いて塩気で引き立つ甘さ、具材とそのジュが合わさっていくという、シンプルなのに段階的に美味しい。
素朴だけど奥深い、それがナポリピッツァ。

(2022/7/3訪問にて)
夏限定のピッツァで、ズッキーネとマイス(トウモロコシ)が出ていました。どちらも魅かれましたが、1人だったので両方食べる訳にはいかず、迷った挙句ズッキーニにしました。

●ズッキーネビアンカ(2700円)
これは想定外の美味しさでびっくりしました。
ズッキーニの淡い味わいに合わせるように、軽いベシャメルを引いてあり、ソースとズッキーニのジュが合わさって美味しさとして昇華。これはすごい。サルシッチャのさっぱりとした塩気と旨味もアクセントに。
雅な薄甘さ、夏の青い味わいという繊細さをピッツァで堪能できるとは。

(以下、写真ギャラリー)

●モレッティー

●アペロールスプリッツ
イタリアのド定番カクテル、アぺロールのスプマンテ割り

●フレッシュモッツェレラのインサラータカプレーゼ
イタリアカンパーニャから毎週生のまま空輸のフレッシュな水牛モッツァレラとトマト