「SHOKUDO YArn(ヤーン)」石川県で最も注目のイノベーティブが小松に!暗号のような不思議なメニュー名。地元食材を使ってここまで作り込んであるとは!

料理: 8.2 その他: 7.8 ポイントについて
SHOKUDO YArn (しょくどう やーん)
営業時間 【Lunch】12:00〜15:30(L.O 13:00) 【Dinner】18:00〜L.O19:30 ※予約は2ヶ月後の同日まで ※ 完全予約制
定休日
価格帯 【Lunch】6,000円、12,000円 【Dinner】10,000円、15,000円 ※消費税8%、個室代5%、サービス料10%を加算
訪問回数 3回

石川県小松にあるイノベーティブレストランで、食通最注目の一店と言える。食べ歩き目的で金沢に来る人の多くが、ここをルートに入れているはずだ。オープンしたのは2015年8月のこと。
ちなみに店名の「YArn」は、英語で“糸”という意味で、YとAが大文字になっているのは、オーナーシェフ米田裕二さんと奥様の亜佐美さんの名前の頭文字。ちなみに、店名に付く「SHÓKUDŌ」 は、“食堂”であり“食の道”を表していますが、決して食堂ではないのです。お店の場所は、小松空港からも駅からもちょっと距離がある民家の一角なので、初めてならば注意して向かってください。建物は(小松には昔、撚糸業が栄えていたそうで)築50年の元撚糸工場をリノベーション。店内はガラス張りになっており、お店中央には樹齢200年のオリーブの樹が鎮座。存在感を放っています。また、テーブルや窓枠、床などに木材を使用してあるため、スタイリッシュかつ自然と調和したナチュラルな空間デザインです。


料理はジャンル分けするとイノベーティブで、ご夫婦が過ごしたイタリアとスペインの要素、そして和のエッセンスの融合。お料理はコースで、全料理の名前が書かれたメニュー表が出てきます(掲載不可)。これが面白い。1品1品に不思議な暗号のような名前が付けられているのだが、ジョークがきいてるだけでなく、内容がかなり作り込んであって「えー!ここまでやるの?」を実際にやり切ってくれていて清々しい。実演も斬新なものがあるし、五感フル稼働で、先入観やイメージを良い意味で裏切った「ナニコレ」の連続。しかし、驚きだけを重視しているわけではなく、吟味した地元の食材を使用し、おいしさを構築するという根幹の部分も重視されているのがよく分かります。たくさんのお店を食べ歩くと、正直感動に鈍くなりがちですが、YArnさんが全国から訪れる食通をここまで楽しませることができるのは、深い作り込みとオリジナリティ、情熱があってこそ。かなり凝っていて、書き手をくすぐるお店ではありますが、料理の詳細を全部書いてしまってはネタバレになってしまうので、数品のみ紹介します。
  
今回の冒頭の料理は、プリンみたいなのがコンビニの袋に入ってガサガサ登場。

これは“本日のつきだし”のフキノトウの天ぷら。え?どの辺がフキノトウの天ぷらかというと、、、なのですが、その前に袋に注目で、シールが「YARNSON」笑。ふふふ。そして瓶に入った「YArngen-Dazs」アイスクリーム。さらにおなじみの木のスプーンは、青い紙袋を取ると、なんと「YArngen-Dazs」の焼印がされているではありませんか。もう、最初でハートを掴まれたワケです。味は、まさに冷たいフキノトウの天ぷら。天かすが入っているので、口の中で乾いた音がして天ぷらを食べている感覚で、そこにフキノトウの風味が立ち上がってきます。

椀物の出汁はサイフォン式で抽出。沸騰間近で液体が吸い上げられて出汁を抽出するのは目を引く実演だ。鰹節は枕崎の本枯れ節とさらに鮪節を合わせて。珠洲の天然塩にゲランドの塩、菊姫大吟醸。これを椀種・椀づま華やかな椀物の吸地に使った。

「Nokujyaga」はYArnさんのスペシャリテだろう。日本人なら誰でも味わったことがるあの家庭料理の進化系。ポップに遊ぶカラフルさだが、品種ごとの味わいの違いが楽しめて、口の中で溶けて消えるような口どけのにも注目。

特に味で記憶に残っているのは稚鮎の南蛮漬け。清流で元気よく泳いでいる瞬間を切り取ったかのような躍動感溢れる鮎。手取川の石にのせて。これがびっくり絶品。きめの細かい、繊細な食感で、口の中でビネガーが滴るほど含ませてある。香ばしさと共にじゅわっと柔らかい酸味がほとばしり絶品。鮎の塩焼き以外では出会って来なかった、究極のおいしさに初めて出会った。うまい。

(最終訪問日 2019年5月25日)
今回は昼にディナーコースを頂た。品数は全18品ほどありますが料理はポーション小さいので品数あっても食べられます。よくこれだけの品数をここまで作り込んであるなぁと、食べ終わってから改めて感動が大きい。