「舟楽(しゅうらく)近江町本店」のど黒手押し棒鮨オススメ!レア感を残した絶妙な火入れで“白身のトロ”らしさを引き出している。お弁当、お土産にも

料理: 7.3 その他: 6.0 ポイントについて
舟楽 (しゅうらく)
営業時間 9:00〜17:00(※のど黒棒鮨は特に早めに売切の可能性あり)
定休日 日曜、祝日
価格帯 のど黒 棒鮨 1本2480円
訪問回数 4回

のど黒棒鮨が人気の「手押し棒鮨 舟楽(しゅうらく)」さんの近江町本店です。
同店は、近江町市場にある大型鮮魚店「ヤマカ水産」が展開する棒鮨ブランドです。魚と魚の仕込みにこだわっているため、“魚が旨い”の「鮨」の字を使っています。
棒ずしというと鯖や焼き鯖のイメージが大きいですが、舟楽さんで一番人気なのはのど黒。“金沢=のどぐろ”のイメージが定着しましたが、舟楽さんのはおいしさでオススメです。お土産はもちろん、新幹線内で食べるお弁当としてもいいですよ。

種類はこの他にも、鯖、焼き鯖、能登ふぐ、小鯛、親子鮭、海老、ヒラメ、穴子などがあり。季節ものでは、カワハギ、鱧、鰻、カマス、蟹、鰤など。
しかし一番売り切れるのが早いのはやはりのど黒なので、購入の場合はお早めの時間に。


場所は、名鉄エムザ前にある「エムザ口」から入ってひたすらまっすぐ行けば右手に見えます。2つの通路を越えてまだ直進。右手、「酒の大沢」さんを越え、「海鮮丼ひら井本店」「じもの亭」「鮨源平」を越えたらその向こうです。
(ちなみに近江町市場では、ここ「近江町本店」と「近江町いちば館店」があります。その他、「石川県観光物産会館」、金沢駅「あんと店」、他、小松空港のターミナルビル売店でも取扱いがあります。)


●のど黒棒鮨(2480円)

のど黒は軽く炙りを入れて、薄い白板昆布をのせて。
炙ることで滲み出た甘い脂が、“白身のトロ”と言われるのど黒らしさを引き出しています。火入れも絶妙で、レア感を残してしっとりしており、押し過ぎていない酢飯に溶け合います。




 

●香箱ガニちらし
以前(冬に)あったのですがもう出さないのかなぁ?(ズワイガニバージョンは11月〜3月に出ます。)

※香箱ガニ(メス)の漁期は11月6日から12月29日まで。ズワイガニ(加能ガニ)は11月6日から翌年3月末まで。
カニ足とカニ身、内子と外子がキレイに並べてあって、箸をつけるのがもったいない。これは捌くの大変なんですよね。さすがにたくさん販売はできないですね。もう一度食べたいなぁ。