「笠舞おでんつぼみ」ファミリー歓迎が嬉しい。料理は妥協なしでサイドメニューもうまい!能登健康鶏の名物手羽先は必食

料理: 6.7 その他: 6.7 ポイントについて
笠舞おでんつぼみ (かさまいおでんつぼみ)
営業時間 17:00~23:00(L.0)
定休日 水曜 祝日の場合は翌日休み
価格帯 2,000円~5,000円
訪問回数 10回10回以上

繁華街から少し離れた笠舞にある、ファミリー層も歓迎のおでん店です。おでん屋さんは居酒屋の要素を含むので、なかなか小さい子供連れで訪問しにくいですが、ここはファミリー歓迎のお店。店内は茶の間風のデザインで、丸いちゃぶ台もいい味出していますし、とっても居心地良く感じます。いろんなところに大将中島さんのお客さんへの愛情を感じます。しかし料理は食材の質にも妥協がなく、料理への本気度を感じるでしょう。楽しい、おいしい、ハッピーの3拍子が揃っています。親子三世代で訪問されるお客さんも多くいらっしゃいますよ。
同店で絶対に食べてほしい名物料理は、おでんはもちろん手羽先です。一度食べたら忘れられないおいしさです。さらに人気料理はシロ串、生タコポン酢、すじ煮込み。私は、手羽先と生タコポン酢は毎回注文します。

【おでん】
手頃なものは100円代から、高いものでも300円代で(カニ面を除く)手頃感にも驚きがあります。大将中島さんが修行されていたお店が、超人気店の「三幸(みゆき)」ですが、やはりこちらもおでんはどれを食べてもおいしいですし、仕込みが丁寧に施されているのが分かります。おでんダネの「玉子巻き」は三幸さんでも提供されていますが、つぼみさんでは魚のすり身入りです。



【カニ面】(11月〜12月末頃まで、香箱蟹の季節限定)
出汁で蒸してある珍しいタイプ。身がほわっとした食感に仕上がっており、あとがけの繊細な出汁も良く合っています。料亭さんのお椀のようなおいしさ。外子のプツプツした歯触りも美味です。


【名物サイドメニュー①「手羽先」】
能登健康鶏の手羽先です。見るからにカリカリで、きつね色がとにかくおいしそう。漂ってくるタレの香りに唾液がじんわり沸き出し、鼻腔をくすぐるこのにおいだけでビールが進む。そしてここはダイナミックに手づかみで食べるのが正解。表面はやっぱりカリカリで少しスパイシー。旨味エキスが中からじゅわっと滲み出し、絶妙なバランスの甘辛タレと合わさります。そこに吹き込んでくる、山椒などの薬味の妙味と、ピリッとくるスパイスの刺激がヤミツキになるうまさの秘密。かといってパンチがあり過ぎるわけではなく、素材の味も上手に引き出した、金沢人好みの味に仕上がっています。火傷に注意しながら熱いうちに食べたいですね。

【名物サイドメニュー②「生だこポン酢」】
お店自慢の一品。おでん屋だと思って侮るなかれ。刺身など、鮮度が命の魚料理にも定評があります。


【名物サイドメニュー③「すじ煮込み」】
旨味の濃い出汁で柔らかく煮込まれていおり、味わいはしっかりしていますが上品にまとまっています。出汁自体が主張し過ぎることはなく、すじ自体の旨さを上手に引き出しています。
外食文化研究家 あすか

●米ナス田楽 オススメ!

●おでん出汁お茶漬け
おでん屋さんの〆メニューによくあるのは、ご飯をおでん出汁かお茶で炊いた「茶飯」ですが、ここではおでんの出汁がけ茶漬けがあります。白ご飯に熱々おでん出汁をかけてくれます。ご飯を崩しながら〜。だんだんご飯が出汁を吸っていくのもいい。

●ちりめんじゃこ大葉混ぜご飯
ちりめんじゃこと細く細く切った大葉を混ぜ込んであります。ちりめんじゃこのおいしさがご飯を進め、大葉の爽やかな風味が〆にさっぱりさせてくれていい。これは次回も食べよう。