「宇宙軒食堂」名物とんバラはWで頼みたい。秘伝ダレが魅惑のうまさ。これが金沢の宇宙。お持ち帰りの豚重(丼)も実は激アツ!

料理: 6.5 その他: 6.5 ポイントについて
宇宙軒食堂 (うちゅうけんしょくどう)
営業時間 11:00~15:00、17:00~21:00
定休日 火曜 品切れの場合は早めに閉店
価格帯 とんバラ定食(750円)、とんバラ定食W(1150円)、焼きそば(570円)
訪問回数 15回15回以上

金沢のカリスマ的定食店で、金沢市民ならきっと誰もが一度はお世話になっているお店だと思います。さまざまな定食メニューがありますが、宇宙軒と言えば何と言っても名物“とんバラ”です。逆に“とんバラ”と言えば宇宙軒!金沢では誰もが知るメニューです。
場所は、片町のAPAホテル脇を入った裏通りにありますが、目立つ看板が立っているので分かりやすいです。定食メニューの写真が並ぶ細い通路があります。その奥には宇宙への入り口が(タッチ式の自動ドア)。入店するとき何故かちょっと緊張してしまうのは私だけでしょうか(笑)、ボタンを押すとき「男性しかいなかったらどうしよう~」とか思うのですが、結局いつも数名女性がいらっしゃるんですよね。


店内には中央に面の広い鉄板があり、それを囲む大きなU字カウンターとテーブル席が少しあります。
近年はコロナ対策として、1席毎にパーテーションが設けられています。

名物とんバラ定食 大とWの違いとは

宇宙軒と言えばまずはこれ、名物とんバラ定食です。サイズが4つあるので初めての人は迷うかもしれません。

【宇宙軒自慢のとんバラ定食 現在の価格表】
・とんバラ定食(700円)
・とんバラ定食大(850円)※ご飯大盛り
とんバラ定食W(1150円)※肉大盛り
・とんバラ定食W大(1250円)※肉とご飯大盛り
すなわち「大」はご飯のボリュームを、「W」は肉のボリュームを示しているのです。
注文が多いのは肉大盛りの「とんバラ定食W」で、常連さんは「ダブルで」の一言で注文しています。

●とんバラ定食W(1150円)※肉大盛り
オーダーしたらもうそこからは早い。とんバラの調理と同時進行でご飯と味噌汁、香の物が準備されます。お店中央にある鉄板に豚バラ肉を広げて焼くのですが、豚バラが薄いのと火力が強いのと、手際が良いのとで、出来上がるまでに時間は要しません。あっという間に完成するで、分かっていても毎回このスピード感に驚きますね。「あ、もう来た」と。

腹ペコの時はやっぱりダブル。もう何も考えずに貪りたい。

「当店秘伝自慢のタレ」と謳われたタレが味の肝。お味噌は3種類、野菜や果物などの素材は10種類以上配合されているそうで、まろやかで深いコクもありながら、トロピカルで甘味と軽やかな酸味のある複雑な味わい。豚の脂と合わさって口の中で魅惑の味が完成。白いご飯をタレで汚す幸せ。どんどんご飯が進んでしまいます。ご飯は普通盛りでもボリュームあるので女性には少し多いかもしれませんが、ご飯が進んでしまうので結局は完食しちゃうかも。

●とんバラ定食(750円)
こっちはノーマルな量のとんバラ。でも、なんか欲張ってダブル注文したくなる自分がいる。

実はチョイ飲みにもGOODなお店だと思います。例えば、とんバラや牛たん焼き、もやし炒めなどを単品でいくつか注文して、ビールを飲みながら~という楽しみ方もできます。単品メニュー結構あるんですよね。野菜炒めも好きです。
●とんバラ焼き単品(550円)

  

宇宙軒秘伝たれの焼きそば

●焼そば(単品570円、定食770円)
麺類は焼そばと焼うどんがあり、こちらは焼そば単品です。
とんバラと同じくこちらもオーダーからはあっという間に出来上がり。
最大の特徴は、宇宙軒の秘伝たれで味付けされているというところ。

甘辛いタレが麺に絡んで食べ出したら止まらない。複雑な奥行きのある味が妙にクセになって箸の動きが加速する。
これはとんバラと並ぶナイスなメニュー。
そして激アツのカスタマイズ↓

単品メニューに「目玉焼き(300円)」があるので、追加して乗っけてみました。


もう見た目からそそられる!

まろやかな卵黄がソースのように絡んで、宇宙軒秘伝たれに重なる。中毒性あるうまさ。
ぜひカスタマイズを。

  

宇宙軒カレーとその食べ方

●カレーライス(650円)
実家を思い出す、懐かしみのある優しい味わいのカレーライスです。
半熟の目玉焼きがデフォルトで付いているのが嬉しい。たまごの下には千切りキャベツが敷いてあります。とろりと卵黄をカレーに合わせると一層まろやかに。


オプションでとんバラを単品で注文し、カレーに乗っけてタレもかけて食べるのを考案されている方がいらっしゃいましたが、ナイスアイディアだなと思いました。カレーが優しいのでアクセントにもなるし、複雑な旨味と味わいに濃淡が出て食べ出したら止まらない。私はもやし炒めを別注して、カレーに乗せて食べました。シャキシャキ食感とタレがアクセントになります。

大好きなサイドメニュー

宇宙軒には名物とんバラ以外にも注目したいメニューがあります。いろいろ掘り下げていくと発見があるのも宇宙軒の楽しいところ。

●もやしイタメ(320円)
いつも注文しちゃうのはこちら。
宇宙軒にかかれば、もやしもヨダレもののメニューに変身。強火で一気に炒めるので、水分そのままでシャキシャキに仕上がっています。

●目玉焼き(たまご2個使用300円)
そのまま目玉焼きとして食べるのもよし、焼そばやカレーにカスタマイズするのもよし。

テイクアウトの豚重弁当(丼)も激アツなんです!

宇宙軒のテイクアウトは実は激アツです。ぜひ食べてみてほしい。
名物のとんバラをご飯の上にのせ、すなわち丼にしてお持ち帰り用にしてあります。定食とはまた違った、ものすごくそそられるやつなんです。

【豚重弁当の価格表】(2022年5月時点。値上がりしてるかもです。)
・豚重弁当並(650円)
・豚重弁当大(700円)※ご飯大盛り
・豚重弁当W(1000円)※肉大盛り
・豚重弁当W大(1050円)※肉とご飯大盛り


●豚重弁当W※肉大盛り
蓋を開けたら胃袋スイッチオン。うまそうでしかない。

定食はキャベツ千切りが添えてありますが(生だからテイクアウトには使わないのでしょうね)、豚バラをもやしや人参などと一緒に炒めてご飯にのせ、紅しょうがを添えてあるのも特徴的です。

まずはタレをドボドボかけて、いただきます!

肉でご飯をくるんで口に押し込む。野菜もアクセントになって、食べ出したら止まらない止められない。思いのままにかっこむというのも丼スタイルだからこそです。

底の方のご飯は、秘伝ダレが染み込んでいてまたうまいのです。
いつも通りの美味しさだけど、いつもとはまた違う美味しさ。