「サロンド シェ・ヌゥ」1988年開業、金沢のフレンチを牽引。併設サロンは大橋シェフの構想を具現化させた夢空間。ここのカレーが北陸で1番好きです!

料理: 7.8 その他: 7.5 ポイントについて
サロンド シェ・ヌゥ (さろんどしぇぬぅ)
営業時間 11:30〜11:30~17:30 LO.18:00
定休日 火曜
価格帯 クロック シェ・ヌゥ(850円)、お肉ゴロゴロカレー(1300円)
訪問回数 16回

金沢のフレンチレストランの先駆けと言えば「シェ・ヌゥ」大橋正純シェフ。レストランに併設するのが、この「サロンド シェ・ヌゥ」です。シェ・ヌゥは1988年開業以来、たくさんの人々の美味しいに貢献してきました。特別な日に訪れたいお店。
私も20代前半の頃、とても憧れていたレストランです。
(※レストラン シェ・ヌゥの方はしばらく未訪問なので、再訪したら投稿します。こちらはサロンとしての記事です。)

大橋シェフはその昔、18歳の時にフランスやイタリアに旅に出かけた際、現地の食文化に衝撃を受けてフランス料理の世界の門を叩いたそうです。25歳で修行先のレストランの料理長に就任。30歳の時に、シェ・ヌゥを開業。その時は寺町にありました。数年後に、ここ大桑に移転。街の雑踏を背にしばらく山手に向かって高台にあります。フランスの田舎にありそうな風情と品格ある外観。店内もグランメゾンたる重厚な雰囲気が漂います。

併設するのがこの「サロンド シェ・ヌゥ」。

大橋シェフの構想を具現化させた夢空間で、入り口の扉はアンティーク、ステンドグラスをはめ込んだガラス窓、暖炉、調度品に至るまで全てにこだわりが感じられます。


さらに、ガラスを大きくとってあって、自然光と緑が目に優しい。バルコニーから望む抜けの良い景色に、思わず両手を伸ばしたくなる。遠くの方に金沢の街並みが見られます。

感性を刺激されながら、安堵感と心地良さがある。ひととき日常から解放してくれます。

サロンで食べられるのは軽食とスイーツが中心なのですが、さすがシェ・ヌゥさん、本当にどれも美味しいです。

軽食として提供しているのは、朝焼き立て自家製パン三種と野菜サラダ、トースト、サンドイッチ、クロック シェ・ヌゥ、小海老とシャンピニヨンドリア、シェ・ヌゥのお肉ゴロゴロカレーなど。
デザートは、自家製タルト、ガトー、白胡麻ブランマンジェ、クレーム杏仁豆腐、自家製アイスクリームとソルベの二種盛り合わせなど。
※「サロン・ド・パフェその日風」、「とろどりのデザート盛り合わせ シェフにおまかせ」、「シェ・ヌゥ オリジナル 焼き立てワッフル」の3種類は14:00からの提供です。
※18:00まで軽食・デザートを注文された方は、アルコールを除く飲み物は200円OFFでセットにできます。

中でも私が大好きなのはカレー。シェ・ヌゥのカレーがお店で食べるカレーの中で1番好きかも。

●シェ・ヌゥのお肉ゴロゴロカレー(サラダ、ピクルス付)

国産和牛肉や仔牛肉をメニュー名通りにゴロゴロと使用。食べ応えあって歯が喜ぶような柔らかさにもうっとり。
また、欧風カレーって、個人的には(私は脂分に弱いので)脂っ気にもたれることや食べ疲れすることが多いのですが、このカレーは嫌な脂がなくて、旨味が後を引いて食べ出したら止まらない。旨味とスパイス味のバランスやご飯の水分量も絶妙で、一体感もあって完成されている。本当にさすがだと思います。

景色を楽しみながらパン系の軽食かスイーツを楽しみに訪れていたのですが、これを食べに通うことになってしまった。
カレーの後はコーヒーで一息付くのも習慣に。

●コーヒー