「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」パティシエ辻口博啓氏が生まれ故郷の七尾に展開するお店。和倉温泉から海を臨むナイスロケーション!

料理: 6.8 その他: 6.7 ポイントについて
ル ミュゼ ドゥ アッシュ(LE MUSEE DE H)和倉店 (るみゅぜどぅあっしゅ わくらてん)
営業時間 9:00~19:00(18:30 L.O.)
定休日 年中無休
価格帯 1,000円~2,500円
訪問回数 20回20回以上

世界のパティシエ辻口博啓氏が、生まれ故郷の七尾に作ったお店がここ。辻口シェフは我々石川県民にとっては英雄的存在です。石川県にカフェ付きのお店は和倉と金沢の2店舗あり。ここ和倉店は2006年オープン。和倉温泉内の海沿いにあり、店内に一歩踏み込むと長いアプローチの先に静かな内海が見えてきます。向こう側に見えるのは能登島。心が清々するようなロケーションのため、晴れた日はテラス席も人気です。天井は見上げるほど高く、壁には辻口さんのデッサンが描かれており、黒基調のスタイリッシュな空間造りがされています。辻口氏のお店と言えば自由が丘や六本木が有名ですが、こちらも長い列が出来ているのは当たり前です。

ちなみに海を臨むここ七尾店に対して、金沢店↓は緑豊か。兼六園近くの石川県立美術館内にあって、本多の森の「緑の回廊」が大きなガラス窓の向こう一面に広がっているんですよ。予約制のお茶室「コンセプトG」もおすすめです。
[post_in_the_content le-musee-de-h-kanazawa]  
【パティシエ 辻口博啓氏プロフィール】
1997年、フランスリヨンで開催されるパティシエの世界大会「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で飴細工部門の個人優勝(最年少記録:29歳)。近年はショコラの世界的評価が高く、「サロン・デュ・ショコラ・パリ」にて発表されるショコラ品評会では、2013年~2018年の6年連続で世界最高評価のゴールドタブレット(金賞)を獲得。NHK朝ドラ「まれ」(2015年上半期放送)ではケーキ監修・製菓指導を務めた。
オーナーパティシエ・ショコラティエとして、モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる13ブランドを展開している。

さらに近年ショコラで世界的評価をされており、ショコラティエとしても注目を集めています。毎年10月末ごろから11月初旬にかけてパリで開かれる世界最大のチョコレートの祭典「SALON DU CHOCOLAT(サロン・デュ・ショコラ)」では、最高位を2013年~2018年の6年連続で最高評価のゴールドタブレット(金賞)を獲得しています。出品作品は、2013年度「ナノショコラ」、2014年「DNAショコラ」、2015年「SAMURAIショコラ」、2016年「ショコラレボリュ-ション」(テーマは発酵)、2017年「RENAISSANCE」(テーマは日本とフランスの融合。ペルーへのオマージュ、和のモヒート、プラリネカフェ、ダマスクローズ)。さらに2017年は「AWARD DE L’EXCELLENCE(外国人部門最優秀賞)」も受賞しています。2018年テーマとしたのが「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」で、日本の美意識をチョコレートに落とし込んで昇華させています。「陰 In」、「翳 Ei」、「礼 Rai」、「讃 San」を名にした4つボンボンで、こうじや味醂、酒、味噌といった日本の伝統調味料や発酵食品も巧みに組み合わせ、新しい美味しさを作り上げてあるのも革新的。山椒や加賀棒茶も取り入れ、日本の風味を大切にしてあります。ビジュアルも陰翳礼讃らしさがクールに伝わるデザインです。
また、2015年から「ICA(インターナショナルチョコレートアワード)」世界大会でのチョコレートバー部門での金賞も。2017年に金賞受賞したのは、「ORIENTAL(オリエンタル)」という名のタブレットです。ホワイトチョコレートベースに、金柑、パッションフルーツ、パイナップルを合わせた南国の味わいのするタブレットでした。

店内カフェスペースに展示してあるメレンゲで描かれた龍は、イベントにて辻口さんが即興で描かれたそうです。濃淡は焦げ目で表現してあります。迫力あり!一見の価値有りですよ。

プチガトーはどれもおいしいのですが、特に私が好きなのは定番のココットアナナスやセゾンドガトー、ミュゼやセラヴィかな(金沢店の記事に記載しております)。
さらに地物食材をふんだんに使用した、辻口ロールや辻口シュー、プリンもオススメです。
●辻口ロール~塩キャラメル~
自由が丘ロールなどのロールケーキは、人気を誇るケーキですね。「辻口ロール塩キャラメル」は、ほのかな苦みと塩味、香ばしさに上質な甘さが一体となった、シンプルながら味わい深い1品です。生地のしっとり感にもうっとり。
添えてあるのは、YUKIZURI柚子味。

●のとミルクプリン
非遺伝子組み換え作物(NOM-GM)を用いて育てられた牛から搾乳した「のとミルク」を使用した、ピュアな味わいのプリン。

●のとミルク のむヨーグルト
能登らしい食材を使用した飲み物は、「のとミルク」と「のとミルクのむヨーグルト」。ヨーグルトは結構濃厚ですが、「イチゴシロップ」を入れると華やかな果実味がプラスされ、また違った味わいに。2度おいしい~。

●わくたまオ・レ
低温ローストした石焼ブレンドコーヒーにのとミルクをたっぷり加えたカフェオレ。和倉温泉ゆるキャラ「わくたまくん」がデコレーションされたマシュマロを浮かべて。これ、可愛らしくって、ついつい笑みが漏れてしまいます。


●ヴォルカン 和倉店限定
ムース生地には中島菜入り。ほのかな野趣のある中島菜ムースに、木苺の酸味とショコラの重厚感がハーモニーを奏でます。
●デリス オ カフェ 和倉店限定
優しい苦味の効いた優雅な味わいのカフェムースの中に、能登栗のクリームと香ばしいヘーゼルナッツ入り。大人リッチな味でした。