「TEATON」360度がハイセンス。加賀市にある会員制のティーサロン。オーナーの美学が詰まった空間、一線を画する美味しさ。

料理: 8.0 その他: 8.0 ポイントについて
TEATON (てぃーとん)
営業時間 ※会員制
定休日 火曜
価格帯
訪問回数

小松空港からアクセス車で10分ほど、大通り沿いの田んぼが広がる場所に、ふと、ただものではないオーラを放つお店を見つけます。
ここは「TEATON」とう名のティーサロン(2020年7月オープン)で、オーナーの坂矢悠詞人さんが惚れ込んだ紅茶とグルテンフリーのスイーツを提供しています。私はカフェというジャンルはあまり探究しない方ですが、こちらは心から感動があった一店。何から何まで凄かった!

入店するには会員登録が必要で、会員になるとICチップ入りのカードがもらえます。カードを入り口にかざすと扉が開くというシステム。カードは透明な紅茶色というのもこだわりが強く感じられます。
ちなみに会員募集は月1,2回の限られた日に行っているそうですが、現在は募集を締め切っているそうなので、難易度高。訪れるためには会員になっている人に連れて行ってもらうしかないということになります。
私は幸運にも募集日に訪問し、会員になれました。

お店は、世界の良きものを体感し審美眼を持つ坂矢さんが構想する、独創的な世界観をそのまま具現化した、大人の夢が詰まった場所です。空間造り、調度品から食器、自然光の取り方から緑の見せ方まで、全てにオーナーの美学が詰まっています。 
(※写真撮影と掲載の許可を頂いております。)

謎に包まれた感じもまた同店の魅力だと思いますので、多くは語らないでおこうと思いますが、メインダイニングの奥には秘密のお茶室があり、さらにはツリーハウス、井戸、海岸が見渡せる2階テラスまで作ってしまったという。もう、度肝抜かれっぱなしでした。 
海と空、緑との一体感。なんだか、ここに居ると夢なのか現実なのか朧げになってきます。不思議な気持ち。尖っているけど心地よい空間。




提供する飲み物は坂矢さんが惚れ込んだという紅茶で、メニューには「たとえクスリをきらしても、紅茶はきらすな」というキャッチコピーが。これはチャーチルの「たとえ戦地で弾丸を切らしても 、決して紅茶は切らすな」 から来ており、ここからも紅茶へのこだわりとティータイムを大切にする信条が読み取れます。
ミルクティーは豆乳を使用しラクトースフリーで、茶葉から香りを抽出しまろやかな味わいに仕上げ、“紅茶のスープ”と名付けられています。ハーブと組み合わせたアイス紅茶もあるのですが、魔法のような風味使いに驚きがありました。

スイーツはグルテンフリー、ラクトースフリー、白砂糖フリー。健康志向なスイーツは味に期待をあまり持っていないことが多いですが、期待値を良い意味で裏切る美味しさに大きな驚きがありました。こういう美味しさは初体験。


パイナップルケーキも、一線を画する美味しさでした。ホロホロと繊細な口溶けのクッキー生地に、甘さに品のあるパイナップル餡が優しく重なります。

すべてにおいて妥協がなく、究極をとことん追求されています。

ティーサロンのお隣は「PHAETON」というセレクトショップ(2010年オープン)で、お洒落にめっぽう疎い私には語れないハイセンスな洋服や眼鏡が並んでおりました。一点一点に職人さんの魂が宿っている。お客さんは国内外から訪れるそうですが、納得しかありません。お客さんもお洒落な方ばかりでした。