「吉はし」知る人ぞ知る菓子の超名店。一線を画す繊細な上生菓子。金沢お茶会の定番。予約販売のみ。

料理: 8.0 その他: 7.0 ポイントについて
吉はし (よしはし)
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜祝日の午後
価格帯 500円〜
訪問回数

主に上生菓子を作られている予約販売制の菓子店で、金沢ではお茶会や料亭さんで頂けることが多いです。数日前に電話で予約をしてから受け取りに行くスタイルで、予約なしに直接お店に行っても買うことはできません。(※お店はテイクアウトのみでイートインはなし)創業は昭和22年で、店舗は東山の住宅街にあります。観光客で賑わうひがし茶屋街の近くですが、吉はしさんのお店の辺りは民家が多い場所で観光客は見当たりません。
今まで数々の名茶会に吉はしさんのお菓子が出されたことでしょう、季節の上生菓子の他にテーマに合わせて作ってくれたりもします。なぜここまで支持されるのかというと、やはり一線を画した繊細さにあるように思います。吉はしさんのお菓子に出会うまで私が持っていた上生菓子のイメージは、あんこが密に詰まった重くて甘さヘビーなものですが、吉はしさんのは口どけも舌の上ですぐさま消えるように繊細なんです。そして電話も店頭も対応が丁寧なのもさすが吉はしさん!

季節のお菓子は年間通してなんでも美味しくレベル高いですが、例えば秋の栗きんとんが人気です。
●栗きんとん(税別380円)
通常の栗きんとんは、栗の粒のようにキュッと絞ってあってコロンとした見た目ですが、こちらのはふわっとしていて一回り大きい。黒文字もスッと入るほど軽くて、みずみずしさが指先からも伝わります。口に入れるとまずは栗の風味が広がり、目を閉じると紅葉の中に秋風が舞う。刹那の快感を味わうために、目を閉じて浸ります。ああ、美味しい。他のよりも高価ですが、お値段の価値あります。

●わらび餅(税別330円)
こちらもけっこう高価ですが納得の逸品。みずみずしい滑らかなこしあんを包む薄いわらび餅ときな粉がほんのり滋味を感じさせて美味。

別ブランドの豆半とは

ちなみに予約をしなくても買うことができるお菓子もあり、吉はしの別ブラント「豆半」の名前で同店舗内で販売しています。私は吉はしの上生菓子のほうのファンですが、こちらはお土産にもできて良いかも。特に金沢に何度も来ている人は、定番のお菓子をよくご存じだと思うので、豆半さんはちょっとレア感あっていいかもです。

●寒氷(かんごおり)
寒天とお砂糖を使用した、茶席にも使われる干菓子。パステルカラーが可愛らしいですね。生菓子ではありませんが、お日持ちは10日間なのでお早目に。

●本練ようかん(1本200円)

他にも、葛餅やどら焼きなどありますが、どのお菓子も毎日あるわけではないですし、売り切れが早いので、お昼にはもうなくなっているかも。必ず手に入れたいなら、事前に電話予約がいいと思います。1個からでも取り置きしてくれますよ。