「立喰い鮨 優勝」居酒屋87が金沢港に美味しい新名所オープン!プロデュースはなんとめくみ山口大将

料理: 7.5 その他: 7.0 ポイントについて
立喰い鮨 優勝 (たちぐいすし ゆうしょう)
営業時間 10:00〜14:00(13:20最終入店)
定休日 水曜
価格帯 おまかせコース(10貫 税込3000円)
訪問回数 1回

かほく市にある看板のない名店「居酒屋87」(2022年8月金沢に移転予定)と東山「鮨やしち」を手掛ける株式会社八七産業の金丸吉人 氏が、2022年5月3日に金沢港いきいき魚市内に「立ち喰い鮨 優勝」をオープンしました。同社は「金丸水産」として業務用鮮魚卸もされています。
なんと、プロデュースは石川県が全国に誇るすし店「すし処めくみ」山口尚享 大将です。さらに魚は、料理人から絶大な支持を誇る、能登町の漁師「日の出大敷」中田洋助氏から仕入れます。それを手頃な立ち喰い鮨として提供するという夢のようなお店なのです。

めくみさんは以前から「金丸水産」からも魚を仕入れていたそうで、めくみで取り扱うトップクラスのお魚だけではなく、2番手3番手のものも仕入れることで漁師さんに敬意を示したいと考えていたそうで、三者の思いが同じベクトルを向き、今回の話が具現化したそうです。(ただ、2番手3番手とは思えないとても良いお魚ばかりでした。大衆魚という意味でしょうね。)

金沢と言えば、回転寿司のレベル高いことでも知られていますが、同店は回転寿司ではなく、目の前で握ってくれる“回らないすし”でスタンディングという切り口も新しい。
高級店では静かな空間ですしに全力集中できますが、スタンディングで市場の臨場感を感じながら食べるので集中力が分散されるため、すしが繊細すぎるとぼやっとしてしまいますが、お米は宮城県のササシグレを使用し、輪郭がしっかり伝わる絶妙な塩梅に炊き上げているし、ネタの構成もメリハリあって飽きさせないし、コンセプトもブランディングもしっかり考えられているなぁと思いました。大衆魚も上手に昇華させていて、美味しさで大満足。
立ち食い鮨のレベルを超えており、店名通り美味しさで優勝しており、「立ち喰い鮨優勝で優勝してきました!」と言いたくなる。
さすが山口大将。

場所は金沢港の「いきいき魚市」場内なので、鮮魚を販売するお店が立ち並ぶ一角にあります。
暖簾をくぐってすぐにカウンターという、このラフな感じもそそられる。

メニューはおまかせのみで、価格は10貫(税込3000円)という明朗会計。

●おまかせコース(10貫3000円)
・イカ
細かく美しく包丁を入れ、甘さを最大限に引き出してあり、輪郭の取れたシャリに溶け合います。最初の一貫としてのインパクトもありました。

・鱒 能登

・〆鯖

・能登鮪 漬け

・ガス海老
存在感のある立派なガス海老です。足の早いガス海老を市場で食べるというもの良いですね。

・鮪トロ

・白海老
まさか白海老まで出てくるとは嬉しい。身が小さい白海老は剥き身にするのが大変なんですよね。ねっとりした繊細な甘さに浸ります。

・ネギトロ軍艦 
しっかりめに叩いた口溶け良い繊細なネギトロを軍艦として。

・金目鯛
軽く炙りを入れて香ばしさを添え、脂の甘さも引き出します。

・白子
熱々とろとろの白子をシャリと共に海苔に乗せてあり、一口でパクリ。温度と共にミルキーな美味しさが広がる。

・海苔味噌汁

●穴子(追加300円)
こちらは追加にて。ふるふると繊細な穴子は、手に乗せてくれました。

新名所になることは間違いなし。金沢駅から少し距離がありますが、ここまで来た甲斐がありました。

「居酒屋87(ハチナナ)」こんなところに看板のない名店が。ここまで来る価値がある。大人気の87ランチ、ディナーコースもオススメ。2022年夏移転予定

「すし処めくみ」猛々しく端正なすし!店主山口尚享氏の探求はどこまで続くのだろうか。毎日能登まで出向き自ら調達する珠玉のネタ。冬の蟹三昧、夏の鮑と赤ウニ