「石川美食会プレミアム」の全貌を公開!パリPAGES手島シェフ×片折×東山和今 一日限りのコラボ実現!酒造りの神様農口尚彦氏も登場。金沢ひがし茶屋街で2019年8月8日開催

「石川美食会プレミアム」の全貌を公開!パリPAGES手島シェフ×片折×東山和今 一日限りのコラボ実現!酒造りの神様農口尚彦氏も登場。金沢ひがし茶屋街で2019年8月8日開催

公開日:2019年08月12日
スポンサーリンク

石川美食会は、我らが石川出身の世界のパティシエ辻口博啓が主宰する美食会で、数ヶ月に1度のペースで、毎回地元食材を使った料理を地元シェフとのコラボレーションでお届けしています。9回目を迎える今回、2019年8月8日に開催した美食会は初のプレミアムバージョンで行いました。少人数制(10人)で計3回開催。

私雅珠香(あすか)は案内人としてディナー解説、日本酒のペアリング、コーディネートを担当しております。

コラボシェフは、パリで1ツ星を獲得する「Restaurant PAGES(パージュ)」手島竜司シェフ。手島シェフは現在JALのファーストクラスのお料理も手がけられています。なんと今回は手島シェフがスタッフを引き連れて、レストランごと金沢にやってきてくれました。

手島シェフの右腕であるシェフSoon Zirenさん, ソムリエMatthieu Plantierさん , パティシエールハヤトユキさん。


そしてコラボシェフは日本料理「片折」の店主片折卓矢氏。片折シェフは「つる幸」「玉泉邸」を経て、2018年5月独立オープン。あっという間に全国全世界のFoodieが注目するレストランになりました。片折さんの料理は究極の地産地消で、毎日能登や富山に自ら出向き、目利きをし食材を調達してから調理をします。現在は食べログ石川では堂々の1位。メディアにはあまり出られませんが、6月放送の「人生最高のレストラン」では、ミシュラン3つ星12年連続獲得の「カンテサンス」岸田シェフが選ぶお店のひとつとして紹介されました。
さらにもう一人、開催場所である東山和今」の今井友和氏。今井シェフのお料理は昔から私もファンで、溢れる季節感に独創的なセンスが光ります。毎月楽しみに予約をされている方も多く、一度行ったら常連になることは間違いありません。金沢で必ず訪れてほしい一店。
また、七尾にあるイタリアン「villa della PACE(ヴィラ・デラ・パーチェ)」の平田明珠シェフにもお手伝い頂きました。
デセールはパティシエ辻口博啓氏のこの日限定のスペシャルで。お口直しのソルベはPEGESのパティシエールハヤトユキさんとの合作です。
器は、大樋窯当主である十一代大樋長左衛門氏にご協力頂きまして、たくさんの大樋焼を使わせて頂きました。
  
今回のテーマは「夏休み」。いつもお忙しいみなさまがこのひとときで夏休みを満喫していただけますよう“夏”を詰め込みました。さらに8月8日の「∞」にちなみまして、「未来永劫残したい食の遺産」を織り込みました。さらに主宰の辻口シェフが込めるコンセプトは“夢”です。そのエッセンスをお料理に見つけて頂きながらのお食事となりました。

食事会の内容はかなり作り込んだので解説の情報も膨大で、写真も1000枚以上ですが、できるだけコンパクトにまとめました(がたくさんあります)。写真を見て頂くだけでも様子が分かると思いますので、最後の写真ギャラリーまでご覧ください。

【紹介項目】
・プレミアム美食会のお酒(ワイン、日本酒)
・プレミアム美食会のディナー
・プレミアム美食会のデセールとお茶
・プレミアム美食会のお土産
・プレミアム美食会 写真ギャラリー

プレミアム美食会のお酒(ワイン、日本酒)

【ワインリスト】
Sommelier:Matthieu Plantier
パージュのソムリエマチュさんが厳選したワインをマチュさんが解説、サーブします。ワインは入手困難なものばかりで、手島シェフと造り手さんの信頼関係あってこそ手に入っています。パリからこのイベントの為に仕入れてくださいました。
①Champagne Jacques Selosse Rosé
②Silex 2015, Blanc Fumé, Domaine Didier Dagueneau
③Puligny Montrachet 1er Cru Folatière 2016 Domaine Leflaive
④Chambolle Musigny Domaine Roumier 2014
⑤Chateau Yquem 1996

【日本酒リスト】
今回日本酒は、酒作りの神様と言われる農口尚彦さんのお酒でペアリングしました。農口尚彦研究所“杜庵”の齋藤憲さんのスーパー解説にて。

①一献:白菊純米大吟醸(白藤酒造店:輪島) 輪島塗にて
②YAMAHAI AIYAMA (農口尚彦研究所 :小松)切子グラスにて
③YAMAHAI MIYAMANISHIKI (農口尚彦研究所 :小松)
④山廃純米無濾過原酒 2017(農口尚彦研究所 :小松) 大樋焼ぐい呑にて
⑤LIMITED EDITION NOGUCHI NAOHIKO 01 vintage 2017(農口尚彦研究所 :小松)鏑木グラスにて

なんと、農口尚彦杜氏ご本人が特別ゲストとして登場し、お客様にお酒の解説をしてお一人お一人にお酒をついでくださいました。

ちなみに⑤のリミテッドエディションは、農口尚彦氏が復活した初年度2017年に醸したヴィンテージです。重厚感のあるシックなボトルは大樋長左衛門氏のデザイン。よく見て頂けると分かりますが、アシンメトリーで左右非対称なんです。カッコイイ。

プレミアム美食会のディナー

この日のメニュー表は夏休みの絵日記をイメージし、シェフお一人お一人に、料理1皿に対して1枚の絵を描いてもらいまして、それを毎皿ごとにお客様にお配りしました。

【前菜八寸】3シェフコラボ
ますは3シェフ想い想いの前菜2種類ずつからスタートです。


●手島シェフ
①パニプリ、キャビア、ヨーグルト・マスカルポーネ 、ジャガイモ、コンソメジュレ・ミモザ
②フォワグラ、ころ柿
●今井シェフ
①押水産イチジク農口尚彦研究所酒粕入り白和がけ
②能登産岩牡蠣の黒いフライ、オイスターリーフ、すだち
●片折シェフ
①宇出津の鮑煮、大樋焼「誰袖(たがそで)」にて
②氷見産天然天草のところてん

【冷菜】
●片折シェフ
加賀れんこん葛豆腐、蓮の葉、蓮の花、蓮の実揚げ
加賀野菜のひとつである加賀れんこんのデクリネゾン。「美しいお花、青々とした葉、実まで揃うのは短い今の時期のみです」と片折女将の裕美さんより解説。すりおろしの新れんこんのシャキシャキな食感も中に感じていただけます。

【お椀】
●片折シェフ
黄金蟹椀、 ハス芋、三つ葉、輪島塗にて
黄金蟹はズワイガニとベニズワイのハーフで、1000匹に1つ、1万匹に1つとも言われる幻の蟹です。真薯のように見えますが、卵白で寄せてあるのでほわほわと口の中でほどけます。鰹節は鹿児島枕崎の一本釣りで、片折さん特注のもの。ストレスかからず酸味がなくて美味。

【造里】●今井シェフ
①氷見マグロ中トロ漬の藁&桜チップ燻焼き、朝取れヘタ紫茄子(加賀野菜)、ネギトロ漬けわさび
②氷見産青バイ貝と七尾産赤西貝と炙り万寿貝の3種類の貝を貝スープにて、オクラの花、オリーブ油、すだち果汁、大樋焼にて

【お凌】
●今井シェフ
自家製焼き海苔、生雲丹寿司飯、氷見産ボタン海老、卵黄醤油、振りゆず

【温菜】
●手島シェフ
パンペルデュ、能登和牛、トリュフがけ

【お口直し】
●辻口シェフ×ハヤトユキ(PAGESパティシエ)コラボ
焼きナスのソルベ、レモンコンフィ、フィンガーライム


【魚料理】
●片折シェフ
鰻白焼き、山葵、茗荷、割り酢、木の芽、大樋焼「馬上盃」にて

【肉料理】
●手島シェフ
能登牛、ボルディエ海藻バター 、南谷良枝商店4年熟成鯖いしる、エディブルフラワー

【お食事】3シェフコラボ
まずは片折シェフの鉄鍋炊き白米と今井シェフのおかずを召し上がって頂きます。「こんなに美味しいご飯食べたことない」という声も頂きました。さらに2度目の楽しみは大人の卵かけご飯です。黒い卵殼はトリュフをイメージしたもので、中のビーフ出汁漬け込み卵黄をご飯にかけたら、手島シェフがこれでもかというほど追いトリュフしてくれます。豪華。

●片折シェフ
鉄鍋白米氷見のコシヒカリ一等米、蟹味噌ボタンエビ頭の味噌汁 自家製麹味噌
●今井シェフ
のど黒の煮付け、木の芽
●手島シェフ
ビーフ出汁漬け込み温泉卵、追いトリュフ

プレミアム美食会のデセールとお茶

【アヴァンデセール】
●辻口シェフ:タイトル「花火」
石川県が誇るルビーロマンを用いたアヴァンデセールです。ルビーロマンは今年の初セリでは過去最高額の120万円を記録しました。
登場した装置が大掛かりでびっくりなのですが、なんと線香花火がついているではないですか。まずはみなさんにマッチで線香花火に火をつけて頂き、花火を楽しんでいただいてからルビーロマンのデザートを味わって頂きます。



【デセール】
●辻口シェフ:タイトル「夏の日の思い出」、大樋焼にて
器はフレンチのショープレートをイメージして作られた大樋焼の大皿です。スイカが乗っていますが、これはホワイトチョコレートで出来ており、中にはスイカのデザートが入っています。みなさまにスイカ割りを楽しんで頂き、召し上がって頂きました。

【お茶】
●十一代大樋長左衛門氏:冷抹茶
お茶はなんと大樋長左衛門氏が登場して、オリジナルの冷抹茶を実演にて振舞って頂きました。

プレミアム美食会のお土産

お客様にお持ち帰り頂くお土産は、合計4品準備致しました。
①メニュー表
夏休みの絵日記をイメージして作ったメニュー表は、食事が終わると全部で19枚揃います。それらを水引でまとめ、この日の思い出としてお持ち帰り頂きました。各シェフのサイン入りです。

②輪島塗の箸
輪島の地元の人も「10年は使える!」と太鼓判の乾漆箸です。表面がザラザラしているのですが、これは乾燥した漆を使っているためで、滑らず使いやすくて丈夫だと地元でも好評。表面のキラキラは青貝です。“星空の町 穴水”、“柳田のブルーベリー”、辻口シェフの故郷七尾のマリンブルーをイメージして選びました。

③大樋焼ぐい呑み
なんと大樋焼プレゼントです!!このイベントのために十一代大樋長左衛門氏に、参加のお客様分を作って頂きました。コース中に片折シェフの鰻料理のペアリングでお燗(人肌燗)の農口をこちらで召し上がって頂きました。お帰りにお箱に入れてお土産に。

④「YUKIZURI Ambre Ohi(アンブレ大樋)
YUKIZURIの10周年を記念して作られた、十一代大樋長左衛門氏と辻口シェフコラボのプレミアムバージョンYUKIZURIです。リリースされたばかり。

(⑤)リミテッドエディションの瓶
こちらは各回で1本空けましたので、各回1名さま(計3名)にプレゼントさせて頂きました。

プレミアム美食会 写真ギャラリー

まだまだ写真はたくさんあるのですが、全部は多いので、様子が伝わる写真をいくつか載せさせて頂きます。ぜひご覧ください。
次回もまた素晴らしい会になるよう務めさせて頂きます。10回目の石川県美食会をお楽しみに!
「石川美食会」主宰 辻口博啓
幹事:中越透、松本直、中村英樹、葭田護、雅珠香、増井紀美子


















「片折(かたおり)」究極の地産地消。シンプルで研ぎ澄まされた玄人向け。その先に見える宇宙。秋の松茸、冬のカニ、春夏も美味(※紹介制)

片折 (かたおり)
価格帯: 25,000円〜50,000円(※金額は時価なので日によって変わります)
定休日: 不定休
営業時間: 【昼】12:00~14:30 ※昼は水曜、日曜のみ営業【夜】17:00~19:30、20:00~22:30 ※夜は二部制
住所: 石川県金沢市並木町3-36
電話: 076-255-1446(予約受付時間 10:00~16:30)
カテゴリ: 日本料理 懐石料理 割烹
ポイント: 料理 9.5 + その他の要素 9.5
合計ポイント 19.0/20.0※ポイントについて

「東山和今」溢れる季節感の上に咲く今井ワールド!金沢注目店ひがし茶屋街にあり。少量で多皿構成。12月の鰤料理、カニご飯も美味でした!

東山和今 (ひがしやまわこん)
価格帯: 10,000円~20,000円
定休日: 不定休
営業時間: 昼11:30~L.O13:00、夜18:00~L.O21:00※昼夜共に要予約
住所: 石川県金沢市東山1丁目15-14
電話: 076ー252ー6657
カテゴリ: 日本料理 割烹
ポイント: 料理 8.0 + その他の要素 7.5
合計ポイント 15.5/20.0※ポイントについて

「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」世界のパティシエ辻口博啓氏のお店。予約制お茶室「コンセプトG」でお茶とデセールコース。金沢店限定の季節パフェもいいね!

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA(LE MUSEE DE H KANAZAWA) (るみゅぜどぅあっしゅ かなざわ)
価格帯: 1,000円~2,500円
定休日: 年中無休
営業時間: 10:00~19:00(18:30 L.O.)
住所: 石川県金沢市出羽町2-1県立美術館内
電話: 076-204-6100
カテゴリ: カフェ スイーツ 洋菓子
ポイント: 料理 7.5 + その他の要素 7.5
合計ポイント 15.0/20.0※ポイントについて

「杜庵(とうあん)」農口尚彦研究所のテイスティングルームがとにかくすごい!スーパー解説と飲み比べで知る農口杜氏の酒

農口尚彦研究所 (のぐちなおひこけんきゅうじょ)
価格帯: 5000円(税別)※農口尚彦研究所公式HPより会員になってから予約可
定休日:
営業時間: 14:15〜15:45のみ(約90分のプログラム)
住所: 石川県小松市観音下町ワ1番地1
電話:
カテゴリ: BAR
ポイント: 料理 8.0 + その他の要素 8.0
合計ポイント 16.0/20.0※ポイントについて

スポンサーリンク
すし
「すし処めくみ」猛々しく端正なすし!店主山口尚享氏の探求はどこまで続くのだろうか。毎日能登まで出向き自ら調達する珠玉のネタ。冬の蟹三昧、夏の鮑と赤ウニ
すし処 めくみ
住所: 石川県野々市市下林4-48 TEL: 076-246-7781 営業時間: 夜は2回転 ①18:00~、②20:30〜(日曜は昼営業あり) 定休日: 月曜 補足: 不定休あり
「鮨志の助」予約困難な郊外名店!天を仰ぐおいしさ。金沢最高峰のすし店のひとつ。店主はあの伝説の店出身ッ!
鮨 志の助
住所: 石川県金沢市入江3-73 TEL: 076-216-5280 営業時間: 12:00~14:30、18:00~21:30 定休日: 日曜、祝日、水曜休
「鮨八や」美味しさ昇華させるひと手間にドキッ!独自に探求したおいしさへの工夫あり
鮨 八や
住所: 石川県金沢市示野中町1-71-7 TEL: 076-233-3288 営業時間: 17:00~22:00 定休日: 月曜 補足: 第1、3日曜
「鮨人」破竹の勢い富山異色のすし店!店主の哲学はハマったら抜け出せない!珠玉ネタと赤酢シャリ。のど黒オス・メス食べ比べも
鮨人
住所: 富山県富山市新根塚町3-5-7 TEL: 076-422-0918 営業時間: 12:00~14:00、18:00~21:30 定休日: 日曜 補足: 日曜が祝日の場合は営業、但し月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休業
「河原町 一(はじめ)」太平寿し出身の濱本慎二さんが片町にすし店を!太平スタイルとオリジナリティの見事な調和。女将さんの明るい接客にも心ほぐされる
河原町 一
住所: 石川県金沢市片町1-6-15 TEL: 076-223-7355 営業時間: 完全予約制
日本料理
「片折(かたおり)」究極の地産地消。シンプルで研ぎ澄まされた玄人向け。その先に見える宇宙。秋の松茸、冬のカニ、春夏も美味(※紹介制)
片折
住所: 石川県金沢市並木町3-36 TEL: 076-255-1446(予約受付時間 10:00~16:30) 営業時間: 【昼】12:00~14:30 ※昼は水曜、日曜のみ営業【夜】17:00~19:30、20:00~22:30 ※夜は二部制 定休日: 不定休
「懐石つる幸」最高峰を味わいたいならここ!本領発揮のディナーを食べてほしい。 【2018年11月末に閉店】
懐石 つる幸
住所: 石川県金沢市高岡町6-5 TEL: 076-264-2375 営業時間: 12:00~15:00(最終入店13:15)、18:00~22:00(同19:30) 定休日: 不定休
「浅田屋」ワンランク上の金沢旅を満喫したいならここ!料理、おもてなし、空間、全てが一流
浅田屋
住所: 石川県金沢市十間町23 TEL: 076-231-2228 営業時間: 11:30~15:00、18:00~20:00(宿泊の場合チェックインは14:00) 定休日: 不定休
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「料理小松」ミシュラン2ツ星に深く頷ける!金沢が誇る日本料理店。大将のこだわりが詰まった器の数々も味わいどころ
料理小松
住所: 石川県金沢市幸町11-29 TEL: 076-224-0118 営業時間: 18:00〜
金沢おでん
「おでん高砂」生姜味噌で食べるおでんがうまい!ほどける柔らかさのスジも必食。名物のカレーおでん、黒胡椒のどて焼きもびっくりのうまさ。冬のカニ面も
おでん高砂
住所: 石川県金沢市片町1-3-29 TEL: 076-231-1018 営業時間: 16:00~22:30 定休日: 日・祝
「赤玉 金劇パシオン店」通はパシオンに行く!の法則。おでんのれんこん団子うまい!名物の湯豆腐。茶めしはおでん出汁をかけてお茶漬けにしてくれる!
赤玉 金劇パシオン店
住所: 石川県金沢市片町1丁目7-23 TEL: 076-221-6655 営業時間: 17:00~1:00 (L.O.0:30) 定休日: 水曜
「ちくわ」自家製の練り物がすごい!バル感覚で楽しめるおでん屋だがこだわり注ぎ込んである。変わりダネも満載ッ!地物食材豊富
ちくわ
住所: 石川県金沢市片町2-10-42 RENNビル 1F TEL: 076-255-0303 営業時間: 17:30~0:00(L.O 23:00) 定休日: 日曜
「おでん若葉」甘味噌にネギたっぷりのどて焼きがうまーい!絶品いわしのつみれは必食だ!木札計算も風情あり。
おでん若葉
住所: 石川県金沢市石引2-7-11 TEL: 076-231-1876 営業時間: 17:00~23:00 定休日: 月曜
「勝一」あの勝一がおでん屋になって駅前で営業中。さすがベテランの腕。いいお店〜。おでんの手作りこんにゃくが大好きです。
勝一
住所: 石川県金沢市広岡1-4-11 TEL: 076-223-1566 営業時間: 17:00~22:30(L.O) 定休日: 日曜・祝日
居酒屋
「いたる本店」金沢最強居酒屋といえばここ!ドーンと木桶盛りお造りはマストオーダー 蔵出しミニタンクと共に。とにかく全部おすすめッ!
いたる 本店
住所: 石川県金沢市柿木畠3-8 TEL: 076-221-4194 営業時間: 17:30~23:30(L.O.23:00) 定休日: 日曜 補足: 祝日連休の場合は月曜定休
「くろ屋」駅前エリアの間違いない居酒屋!地物鮮魚に伝統野菜、地酒を堪能したいなら!ここに来れば間違いなし
くろ屋
住所: 石川県金沢市本町2-6-24 TEL: 076-262-0940 営業時間: 17:00~24:00 (L.O.23:00) 定休日: 日曜 補足: 翌日が祝日の場合は営業
「酒酔 醍醐」な、な!日本酒取り揃え400種!酒に合う料理 ベストオブベストのペアリング!クゥ~ッ泣けるぜ
酒酔 醍醐
住所: 石川県金沢市安江町19-4 TEL: 076-256-0028 営業時間: 11:30~14:00(ランチはラーメンのみ)、17:30~24:00(L.O.23:30) 定休日: 日曜
「帆夏」ハマる一店。繊細でツボを突く料理がアラカルトで。木倉町奥の弁柄色のコンパクトなお店。シメの鯛ワタおにぎりうまいのなんのって
帆夏
住所: 石川県金沢市木倉町6-8 ケンコービル 1F TEL: 080-3744-7234 営業時間: 18:00〜0:00 定休日: 日曜
「のど黒めし本舗 いたる」やっぱりいたるは最高だ。のど黒めしへのこだわりもすごい!誠実においしいものを提供してくれる信頼の置ける一店。連日行列店
のど黒めし本舗 いたる
住所: 石川県金沢市柿木畠2-8 TEL: 076-233-1147 営業時間: 12:00~14:00、17:30~21:00(L.O.20:30) 定休日: 日曜
ソウルフード
「さぶろうべい 藤江店」鉄鍋で炒め焼くとり白菜!卵を落とした秘伝タレを絡めて~とり野菜じゃなくてとりハクサイ
さぶろうべい 藤江店
住所: 石川県金沢市藤江北4-472 TEL: 076-266-1555 営業時間: 11:00~14:30(L.O 14:00) 、17:00〜22:00(L.O) 定休日: なし
「第7ギョーザの店」~基本編~ 7つのポイントでまとめました!金沢市民のソウルフード?ホワイトギョーザって何?何で第7なの?
第7ギョーザの店
住所: 石川県金沢市もりの里1丁目259 TEL: 076-261-0825 営業時間: 11:00~翌2:00 定休日: 水曜
「グリルオーツカ」ハントンライスが一番有名なお店!創業昭和32年。男性的なボリュームに驚くはず!現在の価格は?実はお店のイチオシは・・・
グリルオーツカ
住所: 石川県金沢市片町2-9-15 TEL: 076-221-2646 営業時間: 11:00〜19:50 定休日: 水曜 補足: 水曜が祝日の場合は営業、振替休日あり
「ホーム・くっく わかばやし」お肉屋さんのおいしくて手頃な陶板焼き定食!ずっと通いたいお店。可愛いらしいハントンも名物
ホーム・くっく わかばやし
住所: 石川県金沢市新竪町3-4-2 TEL: 076-264-2522 営業時間: 11:30~14:00、17:00~21:00(L.O.20:45) 定休日: 日曜
「まつや 桂店」石川県民食!金沢でまつやのとり野菜みそ鍋が(お店で)食べられるのはここだけ
まつや 桂店
住所: 石川県金沢市桂町イ32-4 TEL: 076-268-8174 営業時間: 11:00~14:00、17:00~22:00 定休日: 無休
和カフェ
「つぼみ」21美近隣の甘味処。夏のかき氷は大行列。白桃コンフィチュール、挽きたて抹茶のかき氷美味!名物は本蕨のわらび餅、本葛くずきり、梅そうめん
つぼみ
住所: 石川県金沢市柿木畠 3-1 TEL: 076-232-3388 営業時間: 11:00~18:00 定休日: 水曜
「甘納豆かわむら」この甘納豆を求めてにし茶屋街へ〜金沢土産に最適。2階にできた「サロン・ド・テ・カワムラ」が大人にオススメすぎる件!期間限定したたり餅とは
甘納豆 かわむら
住所: 石川県金沢市野町2-24-7 TEL: 076-282-7000 営業時間: 平日 9:30~18:00 、日祝 9:30~17:00 定休日: 毎月第1火曜 補足: 繁忙期 ( GW、お盆、年末年始等)は定休日が変更となる場合あり。
「ゴーシュ」ひがし茶屋街の茶房&Barでしっぽりサイフォン珈琲、ウイスキーは300種。町家でエディットピアフを聴きながら。大人の時間
ゴーシュ
住所: 石川県金沢市東山1-16-5 TEL: 076-251-7566 営業時間: 【茶房タイム】11:00〜19:00、【Barタイム】19:00〜翌3:00(日曜は0:00まで) 定休日: 火曜
「漆の実」コレ私のNo.1ぜんざい!自家製で炊き上げた能登大納言に濃厚抹茶アイス!金沢市役所のお隣にこんないいお店があるのだ
漆の実
住所: 石川県金沢市広坂1-1-60 能作ビル4F TEL: 076-263-8121 営業時間: 11:00~18:30(土日は10:00~) 定休日: 水曜 補足: 水曜日(8月は無休)
「fluffy(フラッフィー)」金沢イチオシパンケーキはここ!加賀棒茶味がオススメ!ふわふわしっとりの秘密は銅板とたまご。ひがし茶屋街に溶け込む町家で~
fluffy
住所: 石川県金沢市東山1-23-10 TEL: 076-225-8312 営業時間: 9:00~17:00 定休日: 月曜
スイーツ
「remref(レムレフ)」金沢最高峰パティスリーオフクの2号店がすごい!珠玉の食材をスイーツとして昇華させる西川シェフから目が離せない
remref
住所: 石川県金沢市常磐町21-2 TEL: 076-256-0080 営業時間: 10:00〜17:00 定休日: 月曜 補足: その他不定休あり、Facebook公式ページをご確認のこと
「パティスリーオノ」ピエール・エルメ・パリ本店出身の実力店!オノレット、スプーンで食べるショートケーキ、ドームショコラピスターシュは必ず食べたい!夏の桃グラニテ、クロワッサンも美味
PATISSERIE ONO
住所: 石川県金沢市田上本町4-31-1 TEL: 076-207-3599 営業時間: 10:00〜18:00 定休日: 月曜、火曜 補足: 月曜が祝日の場合は営業で翌日火曜と水曜が休み。※お店のFaceBook情報などでご確認ください。
「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」世界のパティシエ辻口博啓氏のお店。予約制お茶室「コンセプトG」でお茶とデセールコース。金沢店限定の季節パフェもいいね!
ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA(LE MUSEE DE H KANAZAWA)
住所: 石川県金沢市出羽町2-1県立美術館内 TEL: 076-204-6100 営業時間: 10:00~19:00(18:30 L.O.) 定休日: 年中無休 補足: 石川県立美術館の休館日も営業
「PATISSERIE OFUKU」金沢トップクラスのパティスリーといえばここ。老舗の和菓子店「お婦久軒」が4代目でパティスリーに!21世紀美術館の裏手
PATISSERIE OFUKU
住所: 石川県金沢市広坂1-2-13 TEL: 076-231-6748 営業時間: 10:00〜19:00 定休日: 月曜 補足: 祝日の際は翌火曜日
「ドルミール (DORUMIRU)」“映え”だけじゃない!大人のためのおいしいパフェ。2、3種類だけというがまた良いですねぇ
ドルミール (DORUMIRU)
住所: 石川県金沢市竪町1-1 TEL: 076-260-0300 営業時間: 12:00〜19:00(パフェがなくなり次第終了) 定休日: 水曜 補足: 臨時休業あり
和菓子
「吉はし」知る人ぞ知る菓子の超名店。一線を画す繊細な上生菓子。金沢お茶会の定番。予約販売のみ。
吉はし
住所: 石川県金沢市東山2-2-2 TEL: 076-252-2634 営業時間: 9:00~18:00 定休日: 日曜祝日の午後
「PATISSERIE OFUKU」金沢トップクラスのパティスリーといえばここ。老舗の和菓子店「お婦久軒」が4代目でパティスリーに!21世紀美術館の裏手
PATISSERIE OFUKU
住所: 石川県金沢市広坂1-2-13 TEL: 076-231-6748 営業時間: 10:00〜19:00 定休日: 月曜 補足: 祝日の際は翌火曜日
「圓八のあんころ餅」石川県代表の銘菓と言えばこれ!おいしさの秘密はこの手間にあり!本店限定まんまるも美味
圓八
住所: 石川県白山市成町107 TEL: 076-275-0018 営業時間: 8:00~18:00 定休日: 年中無休
「落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以」秋冬は卓上七輪で自ら焼くお餅の能登大納言ぜんざい、夏はオトナのかき氷をどうぞ
落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以
住所: 石川県金沢市野町2-26-1 TEL: 076ー244-2424 営業時間: 3月~10月 10:00~18:00、11月~2月の平日 10:00~17:30 定休日: 火曜 補足: 火曜が祝日の場合は翌日
「つぼみ」21美近隣の甘味処。夏のかき氷は大行列。白桃コンフィチュール、挽きたて抹茶のかき氷美味!名物は本蕨のわらび餅、本葛くずきり、梅そうめん
つぼみ
住所: 石川県金沢市柿木畠 3-1 TEL: 076-232-3388 営業時間: 11:00~18:00 定休日: 水曜
富山
「L'évo(レヴォ)」【※移転のため閉店】最高の富山食材に魔法をかけた前衛的地方料理!谷口英司シェフの快進撃が止まらない!グルヌイユ素晴らしく度肝抜かれる
L'évo
住所: 富山県富山市春日56-2 リバーリトリート雅樂倶内 TEL: 076-467-5550 営業時間: 11:30〜13:00 (L.O.)、18:00〜21:00 (L.O.) 定休日: 水曜
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「鮨人」破竹の勢い富山異色のすし店!店主の哲学はハマったら抜け出せない!珠玉ネタと赤酢シャリ。のど黒オス・メス食べ比べも
鮨人
住所: 富山県富山市新根塚町3-5-7 TEL: 076-422-0918 営業時間: 12:00~14:00、18:00~21:30 定休日: 日曜 補足: 日曜が祝日の場合は営業、但し月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休業
「日本料理 山崎」北陸で唯一の3ツ星獲得店。意表を突くおいしさの置き方が光る。富山の食材と地酒も豊富。
日本料理 山崎
住所: 富山県富山市布瀬町南1-18-9 TEL: 076-423-2320 営業時間: 11:30~14:30、17:00~22:00(夜は税+サ15%) 定休日: 火曜 補足: 不定休あり
「ひまわり食堂」富山ナンバーワンイタリアン!炭火焼に定評ありだがパスタや料理もレベル高い。目が離せない一店!
ひまわり食堂
住所: 富山県富山市石倉町1-30 1F TEL: 076-482-6091 営業時間: 18:00~23:00(L.O) 定休日: 日曜、第3月曜 補足: 不定休あり
富山 日本料理
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「日本料理 山崎」北陸で唯一の3ツ星獲得店。意表を突くおいしさの置き方が光る。富山の食材と地酒も豊富。
日本料理 山崎
住所: 富山県富山市布瀬町南1-18-9 TEL: 076-423-2320 営業時間: 11:30~14:30、17:00~22:00(夜は税+サ15%) 定休日: 火曜 補足: 不定休あり
「来人喜人 はぎ原」スペシャリテの究極ます寿司は味わうべき!2019年7月に移転し店内に“離れ”のお茶室が。富山の人気日本料理店のすごさ。この価格で満足度高い
来人喜人 はぎ原
住所: 富山県富山市堀端町1-11 TEL: 076-482-3739 営業時間: 12:00〜14:00、18:00〜22:30(昼夜共に要予約) 定休日: 日曜(翌日が祝日の場合は営業)
「リバーリトリート雅樂倶(がらく)」富山の人気ラグジュアリーホテル。山に囲まれた水辺の非日常感と美術館で暮らすようなアートな館内。日本料理「和彩膳所 樂味」地酒中心に50種以上!朝食がすごい!
リバーリトリート雅樂倶
住所: 富山県富山市春日56-2 TEL: 076-467-5550 営業時間: チェックイン14:00〜、チェックアウト11:00
「こんふぉるたぁぶる」これが本当の隠れ家レストラン。富山の都市伝説みたいすし店。次の予約は1年以上先
こんふぉるたぁぶる
住所: 富山県富山市白銀町7−7 TEL: 076-461-3755 営業時間: 定休日: 月火水木日 補足: 金土のみ営業。5席のみ。料理撮影不可