農口尚彦研究所 × パリ「A.T」田中淳シェフのコラボ!キッチンのピカソと農口杜氏の酒、全ペアリングフルコース!「小松Saketromomy」

農口尚彦研究所 × パリ「A.T」田中淳シェフのコラボ!キッチンのピカソと農口杜氏の酒、全ペアリングフルコース!「小松Saketromomy」

公開日:2020年01月25日
スポンサーリンク

農口尚彦氏が杜氏を務める「農口尚彦研究所」内にあるスティングルーム「杜庵」で開催された、第3回「小松 Saketronomy」に参加致しました。今回のゲストシェフはパリにある「A.T」オーナーシェフ田中淳さん。お料理は12種類で、全料理に日本酒をペアリングするというすごい会でした。開催は2020年1月24日・25日(両日の昼夜)。
私は1月24日(金)昼の部で参加しました。
(左から、「A.T」田中淳シェフ、農口尚彦杜氏、雅珠香)

金沢人気モダンスパニッシュ「レスピラシオン」さんがシェフ含め4名お手伝いされていたのも、会のレベルを高めていた要因だと思われます。

「杜庵」のご紹介はこちら↓日本酒ファン、農口尚彦杜氏のお酒ファンの方はぜひ訪れてほしい場所です。

「杜庵(とうあん)」農口尚彦研究所のテイスティングルームがとにかくすごい!スーパー解説と飲み比べで知る農口杜氏の酒

農口尚彦研究所 (のぐちなおひこけんきゅうじょ)
価格帯: 5000円(税別)※農口尚彦研究所公式HPより会員になってから予約可
定休日:
営業時間: 14:15〜15:45のみ(約90分のプログラム)
住所: 石川県小松市観音下町ワ1番地1
電話:
カテゴリ: BAR
ポイント: 料理 8.0 + その他の要素 8.0
合計ポイント 16.0/20.0※ポイントについて

「小松 Saketronomy(サケトロノミー)」とは

(農口尚彦研究所より)
「農口尚彦研究所」は、地元農産物や食に関わるクリエイターの発信拠点を創造し、小松市を「美食のまち」として世界中の美食家達の「旅の目的地」とすることを目標とし、国内外の著名シェフによる「Sake」と「Gastronomy」の融合をコンセプトとしたペアリングイベント「小松Saketronomy(サケトロノミー)」を定期的に開催しております。 
これまで「メゾン・ド・タカ芦屋」高山英紀シェフ、「台湾 祥雲龍吟」、稗田 良平シェフに続き、第3回目となる今回は、「美食のまち」フランスのパリで活躍する日本人シェフ、「レストランA.T」田中淳シェフが来日し、地元農産品を使用したお料理と、日本酒のペアリングコースを提供いたします。

パリ 「A.T」オーナーシェフ田中淳(たなかあつし)氏

1980年兵庫県出身。15歳の頃に伝説の料理人ピエール・ガニェール氏の本に出会い、料理人を志す。複数のレストランで修行し、2006年「ピエール・ガニェール・ア・東京」に就職。2009年に渡仏し「ピエール・ガニェール・パリ」でピエール・ガニェール氏の元で部門シェフを任される。その後は、スペインの「キケ・ダコスタ」、ベルギーの「デ・パストラル」「イン・ドゥ・ウルフ」、デンマークの「ゲラニウム」などヨーロッパ各地の著名レストランで経験を積み、分子料理、北欧料理などの料理技術を吸収。2014年4月にパリで独立し、現在に至る。田中淳シェフによって創り出される料理は、鮮やかな色合いが特徴で、しばしばモダンアートに例えられ、師であるピエール・ガニェール氏からは「キッチンのピカソ」と評される。

第3回「小松Saketronomy」の料理とお酒

この日のお料理は12品でお酒は12種類(1つは同じ日本酒を温度帯違いで提供)。
※料理名と日本酒名はメニューまま。品数がとても多いので解説簡単ですみません!!

田中淳シェフのお料理は、まず見た目が美しくて食べる前に魅きつけられるものが多いですね。また、“シェフならでは”を織り込み、味わうべきポイントを作ってあるお皿は楽しくてしょうがありません。個人的に特に感動があったのは、松を使ったデセール↓(12)Pine

農口尚彦研究所の日本酒は、「杜庵」齋藤憲さんのペアリングとスーパー解説で。

酒器もすごいのばかり。こちらは一例ですが、
(左上)切子グラス、(右上)人間国宝吉田美統(みのり)さん作品、(左下)能登島ガラス、(右下)錫のぐい呑

その他、九谷毛筆細字 田村星都さんの作品(後記)、珠洲焼きなど。

(1)Tartelette,Shiitake / DAIGINJO 無濾過生原酒2018
ブランド原木椎茸「能登115」を使ったそばクラッカーのタルトレット。別名“アワビ椎茸”と言われるだけある「能登115」のアワビらしさと、とくとくと口の中に広がる椎茸のジュ、その旨味、この小さい一口に「能登115」のおいしさが詰まっている。
お酒は兵庫県山田錦100%使用の純米大吟醸。フルーティーな吟醸香が立つ美酒。越前塗りの盃で。

(2)Oyster,Sorrel,Kinome / YAMAHAI MIYAMANISHIKI 無濾過生原酒2018
牡蠣にセロリと木の芽。美山錦を酒米として用いた山廃は、透明感とハーバルなニュアンスを持ち、セロリと木の芽の青い風味にピッタリくる。

盃は、九谷毛筆細字 田村星都さんの作品で松尾芭蕉の歌が書かれています。実はこの作品は、杜庵のために製作されたものだそうです。この小さな文字は、裸眼で手書きする一子相伝の技。見れば見るほど、どうやって書いたのか不思議になる。

(3)Clams,Yuzu / 冬の熱燗 無濾過2018
蛤の温冷を楽しむ料理。まずはひんやりとした蛤を口に入れて、そのあと温かい蛤のスープを飲む。ペアリングは五百万石で仕込んだ酒で、クリーミーなニュアンスが出てくる33〜35度の温度帯を蛤に合わせるという「齋藤さんさすが!」なペアリング。

(4)Uni,Carotte,Tonka / LIMITED EDITION NOGUCHI NAOHIKO 01 2017
黒い器の中にパッと花が咲いているような演出。人参のオレンジが鮮やかに目に飛び込んでくる。生雲丹とトンカ豆を合わせるという攻めた味の組み合わせ。雲丹の殻から取ったビスクを注ぐ。味に大きなグラデーションあり、味も風味もとにかく攻めてる。
日本酒は「出ました!」のリミテッドエディション。価格的にも一番高いだろうお酒。農口杜氏が復活した「農口尚彦研究所」始動初年度2017年に醸したヴィンテージ。果実を絞ったようなジューシーなフルーツ感。

(5)Camouflage(Shimaaji) / JUNMAI 無濾過原酒2018
田中淳シェフのシグネチャーディッシュ。パリではトラウトを使ったりするそうですが、ここではシマアジで。マリネしたシマアジは、パセリを原料とする緑のチップスに隠れています。チップスは微妙な色の違いがありますが、これはパセリの温度を変えて色の違いを出してるそうです。美しい。芸術的。パセリはチップスとピュレで。仕上げにヨーグルトのパウダーをかけて。
お酒は小松市の五百万石で仕込んだ純米酒。

(6)Shirako,Kikuimo,Kuwai / HONJOZO 無濾過生原酒2018
白子のムニエルに菊芋のピュレとネギの半ピュレ、クワイのムニエル。白子のクリーミーさに、香ばしさと滋味を添える。お酒は本醸造酒、人肌燗で。

(7)Abalone,Ginnan,Kuri / YAMAHAI GOHYAKUMANGOKU 無濾過原酒2018
4時間ゆっくり煮込んだアワビにその煮汁をかけて土瓶蒸しのイメージで。銀杏とクリを添えてあるのも秋な感じ。山廃五百万石は40度ぬる燗で。

(8)Botanebi,Yurine / PREMIUM NOUVEAU2019
ふっくら絶妙な火入れのボタンエビ。頭の部分をバターと詰めてソースにして、ユリ根はピュレも添えて。
お酒は新酒。嬉しい。キリッとしていてグラニテのような感覚で。

(9)Amadai,Pil Pil,Nanohana / HONJOZO 無濾過生原酒2018
通常の甘鯛の鱗焼きや鱗揚げとは違う手法で、鱗だけ外してカリカリにして添えてあります。さらに甘鯛の頭をオイル煮にして乳化させピルピルソースに。予想以上にもこもことクリーミー。シンプルな見た目とは裏腹に“新しい”が詰まっていた。
お酒は再び登場の本醸造。こちらは30度ほどの日向燗にして合わせます。

(10)Wagyu(Notoushi),Gobo,Hay / 山廃純米酒無濾過原酒2017
能登牛ランプを炭火焼で、干し草の風味をオイルに移して。ゴボウのピュレで滋味を添える。

(11)Beetroot,Rose / YAMAHAI AIYAMA 無濾過生原酒2018
鮮やかな濃紅紫が印象的なビーツのソルベは、見た目の印象そのまま濃厚でとてもジューシー。そこに牛乳とローズのグラニテの可愛らしい風味が一呼吸置いて現れる。そして、光沢あるスティックはビーツのジュースとビネガーをカード状にして折ったもので、食感はガムのようにソフト。中にはクリームが。面白い。

(12)Pine / MIYAMA
なんと、松の木を使ったデセール。思ったよりも妖艶な香り。黒文字のような、アロマティックでセクシーな風味に驚きがありました。

「respiracion (レスピラシオン)」町家モダンスパニッシュ。3人のシェフのロマンが詰まったレストラン。地物食材が変身!(新たに展開するスペインバル「コメール」追記)

respiracion (れすぴらしおん)
価格帯: 6,000円~
定休日: 不定休
営業時間: 17:00~24:00(L.O 23:00)、土日祝14:00~24:00(L.O 23:00) / (アラカルトオーダーが可能な時間 平日20:30~、土日祝14:00~16:00(L.O), 20:30~)
住所: 石川県金沢市博労町67
電話: 076-225-8681
カテゴリ: イノベーティブ ヨーロピアン
ポイント: 料理 8.0 + その他の要素 7.5
合計ポイント 15.5/20.0※ポイントについて

スポンサーリンク
すし
「すし処めくみ」猛々しく端正なすし!店主山口尚享氏の探求はどこまで続くのだろうか。毎日能登まで出向き自ら調達する珠玉のネタ。冬の蟹三昧、夏の鮑と赤ウニ
すし処 めくみ
住所: 石川県野々市市下林4-48 TEL: 076-246-7781 営業時間: 夜は2回転 ①18:00~、②20:30〜(日曜は昼営業あり) 定休日: 月曜 補足: 不定休あり
「鮨志の助」予約困難な郊外名店!天を仰ぐおいしさ。金沢最高峰のすし店のひとつ。店主はあの伝説の店出身ッ!
鮨 志の助
住所: 石川県金沢市入江3-73 TEL: 076-216-5280 営業時間: 12:00~14:30、18:00~21:30 定休日: 日曜、祝日、水曜休
「鮨八や」美味しさ昇華させるひと手間にドキッ!独自に探求したおいしさへの工夫あり
鮨 八や
住所: 石川県金沢市示野中町1-71-7 TEL: 076-233-3288 営業時間: 17:00~22:00 定休日: 月曜 補足: 第1、3日曜
「鮨人」破竹の勢い富山異色のすし店!店主の哲学はハマったら抜け出せない!珠玉ネタと赤酢シャリ。のど黒オス・メス食べ比べも
鮨人
住所: 富山県富山市新根塚町3-5-7 TEL: 076-422-0918 営業時間: 12:00~14:00、18:00~21:30 定休日: 日曜 補足: 日曜が祝日の場合は営業、但し月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休業
「河原町 一(はじめ)」太平寿し出身の濱本慎二さんが片町にすし店を!太平スタイルとオリジナリティの見事な調和。女将さんの明るい接客にも心ほぐされる
河原町 一
住所: 石川県金沢市片町1-6-15 TEL: 076-223-7355 営業時間: 完全予約制
日本料理
「片折(かたおり)」究極の地産地消。シンプルで研ぎ澄まされた玄人向け。その先に見える宇宙。秋の松茸、冬のカニ、春夏も美味(※紹介制)
片折
住所: 石川県金沢市並木町3-36 TEL: 076-255-1446(予約受付時間 10:00~16:30) 営業時間: 【昼】12:00~14:30 ※昼は水曜、日曜のみ営業【夜】17:00~19:30、20:00~22:30 ※夜は二部制 定休日: 不定休
「懐石つる幸」最高峰を味わいたいならここ!本領発揮のディナーを食べてほしい。 【2018年11月末に閉店】
懐石 つる幸
住所: 石川県金沢市高岡町6-5 TEL: 076-264-2375 営業時間: 12:00~15:00(最終入店13:15)、18:00~22:00(同19:30) 定休日: 不定休
「浅田屋」ワンランク上の金沢旅を満喫したいならここ!料理、おもてなし、空間、全てが一流
浅田屋
住所: 石川県金沢市十間町23 TEL: 076-231-2228 営業時間: 11:30~15:00、18:00~20:00(宿泊の場合チェックインは14:00) 定休日: 不定休
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「料理小松」ミシュラン2ツ星に深く頷ける!金沢が誇る日本料理店。大将のこだわりが詰まった器の数々も味わいどころ
料理小松
住所: 石川県金沢市幸町11-29 TEL: 076-224-0118 営業時間: 18:00〜
金沢おでん
「おでん高砂」生姜味噌で食べるおでんがうまい!ほどける柔らかさのスジも必食。名物のカレーおでん、黒胡椒のどて焼きもびっくりのうまさ。冬のカニ面も
おでん高砂
住所: 石川県金沢市片町1-3-29 TEL: 076-231-1018 営業時間: 16:00~22:30 定休日: 日・祝
「赤玉 金劇パシオン店」通はパシオンに行く!の法則。おでんのれんこん団子うまい!名物の湯豆腐。茶めしはおでん出汁をかけてお茶漬けにしてくれる!
赤玉 金劇パシオン店
住所: 石川県金沢市片町1丁目7-23 TEL: 076-221-6655 営業時間: 17:00~1:00 (L.O.0:30) 定休日: 水曜
「ちくわ」自家製の練り物がすごい!バル感覚で楽しめるおでん屋だがこだわり注ぎ込んである。変わりダネも満載ッ!地物食材豊富
ちくわ
住所: 石川県金沢市片町2-10-42 RENNビル 1F TEL: 076-255-0303 営業時間: 17:30~0:00(L.O 23:00) 定休日: 日曜
「おでん若葉」甘味噌にネギたっぷりのどて焼きがうまーい!絶品いわしのつみれは必食だ!木札計算も風情あり。
おでん若葉
住所: 石川県金沢市石引2-7-11 TEL: 076-231-1876 営業時間: 17:00~23:00 定休日: 月曜
「勝一」あの勝一がおでん屋になって駅前で営業中。さすがベテランの腕。いいお店〜。おでんの手作りこんにゃくが大好きです。
勝一
住所: 石川県金沢市広岡1-4-11 TEL: 076-223-1566 営業時間: 17:00~22:30(L.O) 定休日: 日曜・祝日
居酒屋
「いたる本店」金沢最強居酒屋といえばここ!ドーンと木桶盛りお造りはマストオーダー 蔵出しミニタンクと共に。とにかく全部おすすめッ!
いたる 本店
住所: 石川県金沢市柿木畠3-8 TEL: 076-221-4194 営業時間: 17:30~23:30(L.O.23:00) 定休日: 日曜 補足: 祝日連休の場合は月曜定休
「くろ屋」駅前エリアの間違いない居酒屋!地物鮮魚に伝統野菜、地酒を堪能したいなら!ここに来れば間違いなし
くろ屋
住所: 石川県金沢市本町2-6-24 TEL: 076-262-0940 営業時間: 17:00~24:00 (L.O.23:00) 定休日: 日曜 補足: 翌日が祝日の場合は営業
「酒酔 醍醐」な、な!日本酒取り揃え400種!酒に合う料理 ベストオブベストのペアリング!クゥ~ッ泣けるぜ
酒酔 醍醐
住所: 石川県金沢市安江町19-4 TEL: 076-256-0028 営業時間: 11:30~14:00(ランチはラーメンのみ)、17:30~24:00(L.O.23:30) 定休日: 日曜
「帆夏」ハマる一店。繊細でツボを突く料理がアラカルトで。木倉町奥の弁柄色のコンパクトなお店。シメの鯛ワタおにぎりうまいのなんのって
帆夏
住所: 石川県金沢市木倉町6-8 ケンコービル 1F TEL: 080-3744-7234 営業時間: 18:00〜0:00 定休日: 日曜
「のど黒めし本舗 いたる」やっぱりいたるは最高だ。のど黒めしへのこだわりもすごい!誠実においしいものを提供してくれる信頼の置ける一店。連日行列店
のど黒めし本舗 いたる
住所: 石川県金沢市柿木畠2-8 TEL: 076-233-1147 営業時間: 12:00~14:00、17:30~21:00(L.O.20:30) 定休日: 日曜
ソウルフード
「さぶろうべい 藤江店」鉄鍋で炒め焼くとり白菜!卵を落とした秘伝タレを絡めて~とり野菜じゃなくてとりハクサイ
さぶろうべい 藤江店
住所: 石川県金沢市藤江北4-472 TEL: 076-266-1555 営業時間: 11:00~14:30(L.O 14:00) 、17:00〜22:00(L.O) 定休日: なし
「第7ギョーザの店」~基本編~ 7つのポイントでまとめました!金沢市民のソウルフード?ホワイトギョーザって何?何で第7なの?
第7ギョーザの店
住所: 石川県金沢市もりの里1丁目259 TEL: 076-261-0825 営業時間: 11:00~翌2:00 定休日: 水曜
「グリルオーツカ」ハントンライスが一番有名なお店!創業昭和32年。男性的なボリュームに驚くはず!現在の価格は?実はお店のイチオシは・・・
グリルオーツカ
住所: 石川県金沢市片町2-9-15 TEL: 076-221-2646 営業時間: 11:00〜19:50 定休日: 水曜 補足: 水曜が祝日の場合は営業、振替休日あり
「ホーム・くっく わかばやし」お肉屋さんのおいしくて手頃な陶板焼き定食!ずっと通いたいお店。可愛いらしいハントンも名物
ホーム・くっく わかばやし
住所: 石川県金沢市新竪町3-4-2 TEL: 076-264-2522 営業時間: 11:30~14:00、17:00~21:00(L.O.20:45) 定休日: 日曜
「まつや 桂店」石川県民食!金沢でまつやのとり野菜みそ鍋が(お店で)食べられるのはここだけ
まつや 桂店
住所: 石川県金沢市桂町イ32-4 TEL: 076-268-8174 営業時間: 11:00~14:00、17:00~22:00 定休日: 無休
和カフェ
「つぼみ」21美近隣の甘味処。夏のかき氷は大行列。白桃コンフィチュール、挽きたて抹茶のかき氷美味!名物は本蕨のわらび餅、本葛くずきり、梅そうめん
つぼみ
住所: 石川県金沢市柿木畠 3-1 TEL: 076-232-3388 営業時間: 11:00~18:00 定休日: 水曜
「甘納豆かわむら」この甘納豆を求めてにし茶屋街へ〜金沢土産に最適。2階にできた「サロン・ド・テ・カワムラ」が大人にオススメすぎる件!期間限定したたり餅とは
甘納豆 かわむら
住所: 石川県金沢市野町2-24-7 TEL: 076-282-7000 営業時間: 平日 9:30~18:00 、日祝 9:30~17:00 定休日: 毎月第1火曜 補足: 繁忙期 ( GW、お盆、年末年始等)は定休日が変更となる場合あり。
「ゴーシュ」ひがし茶屋街の茶房&Barでしっぽりサイフォン珈琲、ウイスキーは300種。町家でエディットピアフを聴きながら。大人の時間
ゴーシュ
住所: 石川県金沢市東山1-16-5 TEL: 076-251-7566 営業時間: 【茶房タイム】11:00〜19:00、【Barタイム】19:00〜翌3:00(日曜は0:00まで) 定休日: 火曜
「漆の実」コレ私のNo.1ぜんざい!自家製で炊き上げた能登大納言に濃厚抹茶アイス!金沢市役所のお隣にこんないいお店があるのだ
漆の実
住所: 石川県金沢市広坂1-1-60 能作ビル4F TEL: 076-263-8121 営業時間: 11:00~18:30(土日は10:00~) 定休日: 水曜 補足: 水曜日(8月は無休)
「fluffy(フラッフィー)」金沢イチオシパンケーキはここ!加賀棒茶味がオススメ!ふわふわしっとりの秘密は銅板とたまご。ひがし茶屋街に溶け込む町家で~
fluffy
住所: 石川県金沢市東山1-23-10 TEL: 076-225-8312 営業時間: 9:00~17:00 定休日: 月曜
スイーツ
「remref(レムレフ)」金沢最高峰パティスリーオフクの2号店がすごい!珠玉の食材をスイーツとして昇華させる西川シェフから目が離せない
remref
住所: 石川県金沢市常磐町21-2 TEL: 076-256-0080 営業時間: 10:00〜17:00 定休日: 月曜 補足: その他不定休あり、Facebook公式ページをご確認のこと
「パティスリーオノ」ピエール・エルメ・パリ本店出身の実力店!オノレット、スプーンで食べるショートケーキ、ドームショコラピスターシュは必ず食べたい!夏の桃グラニテ、クロワッサンも美味
PATISSERIE ONO
住所: 石川県金沢市田上本町4-31-1 TEL: 076-207-3599 営業時間: 10:00〜18:00 定休日: 月曜、火曜 補足: 月曜が祝日の場合は営業で翌日火曜と水曜が休み。※お店のFaceBook情報などでご確認ください。
「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」世界のパティシエ辻口博啓氏のお店。予約制お茶室「コンセプトG」でお茶とデセールコース。金沢店限定の季節パフェもいいね!
ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA(LE MUSEE DE H KANAZAWA)
住所: 石川県金沢市出羽町2-1県立美術館内 TEL: 076-204-6100 営業時間: 10:00~19:00(18:30 L.O.) 定休日: 年中無休 補足: 石川県立美術館の休館日も営業
「PATISSERIE OFUKU」金沢トップクラスのパティスリーといえばここ。老舗の和菓子店「お婦久軒」が4代目でパティスリーに!21世紀美術館の裏手
PATISSERIE OFUKU
住所: 石川県金沢市広坂1-2-13 TEL: 076-231-6748 営業時間: 10:00〜19:00 定休日: 月曜 補足: 祝日の際は翌火曜日
「ドルミール (DORUMIRU)」“映え”だけじゃない!大人のためのおいしいパフェ。2、3種類だけというがまた良いですねぇ
ドルミール (DORUMIRU)
住所: 石川県金沢市竪町1-1 TEL: 076-260-0300 営業時間: 12:00〜19:00(パフェがなくなり次第終了) 定休日: 水曜 補足: 臨時休業あり
和菓子
「吉はし」知る人ぞ知る菓子の超名店。一線を画す繊細な上生菓子。金沢お茶会の定番。予約販売のみ。
吉はし
住所: 石川県金沢市東山2-2-2 TEL: 076-252-2634 営業時間: 9:00~18:00 定休日: 日曜祝日の午後
「PATISSERIE OFUKU」金沢トップクラスのパティスリーといえばここ。老舗の和菓子店「お婦久軒」が4代目でパティスリーに!21世紀美術館の裏手
PATISSERIE OFUKU
住所: 石川県金沢市広坂1-2-13 TEL: 076-231-6748 営業時間: 10:00〜19:00 定休日: 月曜 補足: 祝日の際は翌火曜日
「圓八のあんころ餅」石川県代表の銘菓と言えばこれ!おいしさの秘密はこの手間にあり!本店限定まんまるも美味
圓八
住所: 石川県白山市成町107 TEL: 076-275-0018 営業時間: 8:00~18:00 定休日: 年中無休
「落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以」秋冬は卓上七輪で自ら焼くお餅の能登大納言ぜんざい、夏はオトナのかき氷をどうぞ
落雁諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以
住所: 石川県金沢市野町2-26-1 TEL: 076ー244-2424 営業時間: 3月~10月 10:00~18:00、11月~2月の平日 10:00~17:30 定休日: 火曜 補足: 火曜が祝日の場合は翌日
「つぼみ」21美近隣の甘味処。夏のかき氷は大行列。白桃コンフィチュール、挽きたて抹茶のかき氷美味!名物は本蕨のわらび餅、本葛くずきり、梅そうめん
つぼみ
住所: 石川県金沢市柿木畠 3-1 TEL: 076-232-3388 営業時間: 11:00~18:00 定休日: 水曜
富山
「L'évo(レヴォ)」【※移転のため閉店】最高の富山食材に魔法をかけた前衛的地方料理!谷口英司シェフの快進撃が止まらない!グルヌイユ素晴らしく度肝抜かれる
L'évo
住所: 富山県富山市春日56-2 リバーリトリート雅樂倶内 TEL: 076-467-5550 営業時間: 11:30〜13:00 (L.O.)、18:00〜21:00 (L.O.) 定休日: 水曜
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「鮨人」破竹の勢い富山異色のすし店!店主の哲学はハマったら抜け出せない!珠玉ネタと赤酢シャリ。のど黒オス・メス食べ比べも
鮨人
住所: 富山県富山市新根塚町3-5-7 TEL: 076-422-0918 営業時間: 12:00~14:00、18:00~21:30 定休日: 日曜 補足: 日曜が祝日の場合は営業、但し月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休業
「日本料理 山崎」北陸で唯一の3ツ星獲得店。意表を突くおいしさの置き方が光る。富山の食材と地酒も豊富。
日本料理 山崎
住所: 富山県富山市布瀬町南1-18-9 TEL: 076-423-2320 営業時間: 11:30~14:30、17:00~22:00(夜は税+サ15%) 定休日: 火曜 補足: 不定休あり
「ひまわり食堂」富山ナンバーワンイタリアン!炭火焼に定評ありだがパスタや料理もレベル高い。目が離せない一店!
ひまわり食堂
住所: 富山県富山市石倉町1-30 1F TEL: 076-482-6091 営業時間: 18:00~23:00(L.O) 定休日: 日曜、第3月曜 補足: 不定休あり
富山 日本料理
「御料理ふじ居」岩瀬に移転し最強パワーアップ!店主藤井寛徳さんの良さが活きている!絶対訪れるべき富山の日本料理店だ
御料理 ふじ居
住所: 富山県富山市東岩瀬町93 TEL: 076-471-5555 営業時間: 12:00~15:00、18:00~22:00 定休日: 月曜 補足: ※Google Mapで住所検索する場合は 【富山市岩瀬大町93】と入力。
「日本料理 山崎」北陸で唯一の3ツ星獲得店。意表を突くおいしさの置き方が光る。富山の食材と地酒も豊富。
日本料理 山崎
住所: 富山県富山市布瀬町南1-18-9 TEL: 076-423-2320 営業時間: 11:30~14:30、17:00~22:00(夜は税+サ15%) 定休日: 火曜 補足: 不定休あり
「来人喜人 はぎ原」スペシャリテの究極ます寿司は味わうべき!2019年7月に移転し店内に“離れ”のお茶室が。富山の人気日本料理店のすごさ。この価格で満足度高い
来人喜人 はぎ原
住所: 富山県富山市堀端町1-11 TEL: 076-482-3739 営業時間: 12:00〜14:00、18:00〜22:30(昼夜共に要予約) 定休日: 日曜(翌日が祝日の場合は営業)
「リバーリトリート雅樂倶(がらく)」富山の人気ラグジュアリーホテル。山に囲まれた水辺の非日常感と美術館で暮らすようなアートな館内。日本料理「和彩膳所 樂味」地酒中心に50種以上!朝食がすごい!
リバーリトリート雅樂倶
住所: 富山県富山市春日56-2 TEL: 076-467-5550 営業時間: チェックイン14:00〜、チェックアウト11:00
「こんふぉるたぁぶる」これが本当の隠れ家レストラン。富山の都市伝説みたいすし店。次の予約は1年以上先
こんふぉるたぁぶる
住所: 富山県富山市白銀町7−7 TEL: 076-461-3755 営業時間: 定休日: 月火水木日 補足: 金土のみ営業。5席のみ。料理撮影不可